222件中 91 - 100件表示
  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    バローゾ委員会の任期中に、一部の委員の政治問題が浮上してきた。委員は国内の政治にかかわらないとされているにもかかわらず、実際には国内の選挙にかかわったり、特定の候補を応援したりしてきた。たとえばルイ・ミシェルは2007年のベルギー総選挙で応援として参加し、またネリー・クルースは2005年のドイツ連邦議会選挙でアンゲラ・メルケルを、マルゴット・ヴァルストレムは2007年のフランス大統領選挙でセゴレーヌ・ロワイヤルをそれぞれ支持していた。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    これまでの参加者には、アンゲラ・メルケル 独首相、ドミトリー・メドベージェフ ロシア大統領、ヘンリー・キッシンジャー 米元国務長官、ネルソン・マンデラ 南アフリカ共和国元大統領、レイモン・バール 仏元首相、ウラジーミル・プーチンロシア大統領、ドリュー・ギルピン・ファウストハーバード大学学長、ラファエル・ライフ マサチューセッツ工科大学学長、クリストファー・L・アイスグルーバー プリンストン大学学長、ジョン・ヘネシースタンフォード大学学長、ピーター・サロベイイェール大学学長、スブラ・スレシュ カーネギーメロン大学学長、五神真 東京大学学長、ムハマド・ユヌス、チェロ奏者のジュリアン・ロイド・ウェバー、ヤセル・アラファト パレスチナ解放機構(PLO)議長、ジム・ヨン・キム世界銀行総裁、ジェームズ・ダイモン、カルロス・ゴーン、安倍晋三首相、黒田東彦日銀総裁、黒川清、山中伸弥、ジョセフ・スティグリッツ、ロバート・シラー、マット・デイモン、エマ・ワトソン、アンジェリーナ・ジョリー、渡辺謙、ジェフ・ベゾス、ジョン・オキーフ、デイヴィッド・ロックフェラー、フランシスコ・ローマ法王らが名を連ねる。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・ショイブレ

    ヴォルフガング・ショイブレから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    コールの辞任直後にショイブレがCDU党首に就任するが、翌年になって、コール党首時代の1994年にショイブレが武器商人からCDU宛に10万ドイツマルクの不正献金を受けていた疑惑が発覚する。最初は沈黙していたが、2000年1月になってこれを認めて謝罪し、2月に党首を辞任した。後任党首には幹事長アンゲラ・メルケルが選出された。なお、汚職罪の追及は証拠不十分で捜査が停止された。ヴォルフガング・ショイブレ フレッシュアイペディアより)

  • 同盟90/緑の党

    同盟90/緑の党から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    福島第一原子力発電所事故の影響で高まった反原発への世論の高まりもあり原発政策が争点となった2011年のバーデン・ヴュルテンベルク州(ドイツの原子力発電所17基中4基がある)の州議会議員選挙で24.2%の得票を獲得し、CDU政権が58年間続いた同州の首相にヴィンフリート・クレッチュマンが就任した。CDUが敗北した選挙の結果について、CDU党首のアンゲラ・メルケル首相は「福島原発の大事故を巡る議論が敗因となったのは明らかだ」と述べた。緑の党が州首相の地位を得るのは、これが初めてとなる。同盟90/緑の党 フレッシュアイペディアより)

  • ブーヘンヴァルト強制収容所

    ブーヘンヴァルト強制収容所から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2009年6月5日、バラク・オバマ米国大統領がブーヘンヴァルト強制収容所跡地を訪問した。訪問にはアンゲラ・メルケルドイツ首相と、元収容者でノーベル賞受賞者のエリ・ヴィーゼルが同行した。ブーヘンヴァルト強制収容所 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩観光ホテル

    志摩観光ホテルから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケル(ザ ベイスイート)志摩観光ホテル フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ケーラー

    ホルスト・ケーラーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年7月、連邦議会選挙を1年前倒し実施したいというシュレーダー首相の意向で内閣信任案がわざと否決されたため、ドイツ連邦共和国基本法第68条により連邦議会を解散した。連邦議会の解散は33年ぶりのことであった。この選挙の結果シュレーダー政権は退陣し、アンゲラ・メルケル政権が誕生した。ホルスト・ケーラー フレッシュアイペディアより)

  • クルト・ベック

    クルト・ベックから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年の連邦議会選挙でSPDは第一党から転落、ゲアハルト・シュレーダー政権は退陣し、フランツ・ミュンテフェーリング党首も責任をとって辞任した。後任には唯一立候補したブランデンブルク州首相のマティアス・プラツェックが選出されたが、健康不安を理由に翌年4月に辞任。後任として副党首のベックが推され、2006年5月14日に95%の得票で正式にSPD党首に選ばれた。SPDは連邦議会第一党のキリスト教民主同盟CDUとアンゲラ・メルケル内閣で大連立を組んでいるが、政策面で食い違いが多く、党首としてベックが連立パートナーに苦言を呈する場面が多い。一方でSPD党内でもメルケル内閣の副首相を務める調整役のミュンテフェーリングとのさや当てが囁かれた。2007年11月、ミュンテフェーリングが副首相辞任を表明した際も、連立与党党首として当然求められた入閣を即日拒否して「私は閣外で批判的立場にいるほうが良い」と述べたことにもその姿勢が窺える。クルト・ベック フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ヴルフ

    クリスティアン・ヴルフから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2010年5月、ホルスト・ケーラー大統領がアフガニスタン訪問時の失言の責任を取って辞任した際、CDU・FDP連立であるアンゲラ・メルケル政権より後任の連邦大統領候補に選ばれ、2010年6月30日に行われた連邦会議で、SPDや緑の党が推す対立候補ヨアヒム・ガウクらに対し、第3回投票にもつれこむ苦戦の末に選任された。連邦大統領の就任にあたっては、ドイツ連邦共和国基本法55条により連邦大統領以外連邦政府及び州政府の公職に就くことが許されていないため、ヴルフはニーダーザクセン州首相を辞任した。クリスティアン・ヴルフ フレッシュアイペディアより)

  • 第2次メルケル内閣

    第2次メルケル内閣から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    第2次メルケル内閣(だい2じメルケルないかく、)は、第17代ドイツ連邦議会で、2009年10月28日から2013年12月17日までの間のドイツ政府である。キリスト教民主主義者であるアンゲラ・メルケル (ドイツ史上初の女性首相)が率いる。ドイツキリスト教民主同盟 (CDU)とキリスト教社会同盟 (CSU) と自由民主党 (FDP)の連立によりサポートされており、第1次メルケル内閣を継いだ。2013年12月17日から、第3次メルケル内閣が発足し、現在は第18代ドイツ連邦議会になっている。第2次メルケル内閣 フレッシュアイペディアより)

222件中 91 - 100件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード