143件中 21 - 30件表示
  • ギュンター・エッティンガー

    ギュンター・エッティンガーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1991年以来バーデン=ヴュルテンベルク州首相はエルヴィン・トイフェルだったが、2004年3月になって彼が近々退任を表明するつもりであることが判明すると、エッティンガーは早速その後継に名乗りを上げた。トイフェルが退任を正式表明したのは半年後の10月で、もう一人、州文化教育相のアンネッテ・シャーヴァンも名乗りを上げた。トイフェル自身は彼女の後継を希望したが、12月に行われた州の党員投票では若さで勝るエッティンガーが勝ち、シャーヴァンは後継への名乗りを取り下げた(彼女はのちアンゲラ・メルケル内閣の文化教育相に抜擢される)。エッティンガーは2005年4月21日、正式に州首相に就任した。間もなく4月29日にはCDUの州議長に選出された。ギュンター・エッティンガー フレッシュアイペディアより)

  • ウラ・シュミット

    ウラ・シュミットから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2001年、狂牛病問題でアンドレア・フィッシャー保健相が辞任に追い込まれると、後任の連邦保健大臣(厚生大臣に相当)としてゲアハルト・シュレーダー内閣に入閣する。一年後、社会保障政策に関してシュミットの権限は強化され、職名も連邦保健・社会保障相となった。一連の保健制度改革により2004年に診察料の自己負担率が引き上げられたが、シュミット保健相の事前の説明と異なり、保険料がむしろ上がったため批判を受けた。2005年11月にアンゲラ・メルケルを首班とするキリスト教民主社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党の大連立内閣が発足すると、引き続き連邦保健相のポストで入閣した。ウラ・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • 2007年-2008年の世界食料価格危機

    2007年-2008年の世界食料価格危機から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ドイツのアンゲラ・メルケル首相は食料価格の高騰は農業政策の拙さと開発途上国における食生活の変化が原因であり、一部の評論家が唱えているようなバイオ燃料によるものではないと述べた。2008年4月29日、米国のジョージ・W・ブッシュ大統領は記者会見で「世界の食料危機の85%は気候変動と、需要増加、エネルギー価格のせいだ」と述べ、「残りの15%はエタノールのせいだ」と認めた。2008年7月4日、ガーディアン紙はバイオ燃料によって食料価格が75%上昇しているという世界銀行の推測を報じた。2007年-2008年の世界食料価格危機 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイマール三角連合

    ヴァイマール三角連合から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    近年はその役割が再度重要視されつつあり、特にドイツとポーランドの総合的な政治的協力関係が深化している。ヴァイマール三国は欧州連合の集団安全保障に関する問題にも共同で取り組んでおり、2010年12月には欧州委員会あてに共同書簡を提出、欧州連合の加盟国の軍事的統合を強く訴えている。2011年2月のヴァイマール三国首脳(ニコラ・サルコジ、アンゲラ・メルケル、ブロニスワフ・コモロフスキ)会談ではこの方針が首脳同士で確認された。ヴァイマール三角連合 フレッシュアイペディアより)

  • ローラント・コッホ

    ローラント・コッホから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    州首相就任早々、連邦 CDU のみならずヘッセン州の CDU にも不正献金疑惑が持ち上がる。コッホは関与を否定しつつも解明を約束したが、疑惑は消えなかった。野党に辞任を要求されたが、盟友のフランツ・ヨーゼフ・ユングが身代りに州大臣を辞任する格好で切り抜けた。野党はまた1999年の州議会選挙でのコッホの資金に不明朗を指摘して選挙の無効を訴えたが、選挙管理委員会に却下された。コッホは CDU の嫡流として連邦首相の座も狙える位置にいたが、これらの疑惑によってその威信は後退した。2002年の連邦議会選挙では、CDU 党首アンゲラ・メルケルの実力がなおも疑問視されていたため、連邦首相候補選出が難航してコッホの名が取りざたされることもあったが、結局経験豊富なバイエルン州首相のエドムント・シュトイバーが連邦首相候補に立てられた(この選挙で CDU は惜敗)。ローラント・コッホ フレッシュアイペディアより)

  • G14 (サミット)

    G14 (サミット)から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ドイツの首相アンゲラ・メルケルはG8国と5つの新興国との永久的な対話の完全な制度化が実行される「ハイリゲンダムの過程」の設立を発表した。2007年にニコラ・サルコジは、「ブラジル、中国、インド、メキシコ、および南アフリカがG8のメンバーになるべきである」と提案した。2008年10月に、フランスは、G8の拡張提案にエジプトを加えることを提案し、G14と命名された。しかし中華人民共和国のような一党独裁国や、エジプトのような終身元首制度を持つ国の加盟に対する拒否的意見もある。G14 (サミット) フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ミュラー (政治家)

    ペーター・ミュラー (政治家)から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    州首相として産業振興に努めて評価され、2004年の州議会選挙では SPD を引き離した。翌2005年のドイツ連邦議会選挙では、連邦首相候補となったアンゲラ・メルケル党首のブレーンとなり、勝利の暁には連邦経済相への就任が予定されていた。しかし選挙は SPD との大連立という結果に終わり、大臣ポスト配分上の理由から経済相を姉妹政党キリスト教社会同盟のミヒャエル・グロースに譲ってザールラント州首相に留任し、当選したドイツ連邦議会の議席(比例代表)も他に譲った。ペーター・ミュラー (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 第1次メルケル内閣

    第1次メルケル内閣から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    第1次メルケル内閣( だい1じメルケルないかく )は、第16代ドイツ連邦議会の2005年11月22日から2009年10月27日までの間のドイツ政府である。キリスト教民主主義者であるアンゲラ・メルケル (ドイツ史上初の女性首相)が率いる。ドイツキリスト教民主同盟 (CDU)とキリスト教社会同盟 (CSU) とドイツ社会民主党 (SPD)の連立によりサポートされていた。第1次メルケル内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ラブパレード

    ラブパレードから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    7月31日、デュイスブルク市で、犠牲になった21人の追悼式典が開かれた。アンゲラ・メルケル首相らが出席したが、この惨事の責任を問われているアドルフ・ザウアーラント市長や、今回の主催者であり、今後のイベント中止を発表しているライナー・シャラーは欠席している。事件から約2ヶ月が経過した9月30日に、この事件に関する損害賠償を求める初の訴訟が提起されているが、その被告は主催者のLopavent社と代表のシャラーである。ラブパレード フレッシュアイペディアより)

  • 鉄の女

    鉄の女から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケル - ドイツの第8代首相(2005年 - )鉄の女 フレッシュアイペディアより)

143件中 21 - 30件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード