143件中 31 - 40件表示
  • リスボン条約

    リスボン条約から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2007年6月21日、欧州理事会の会合がブリュッセルで行われ、拒絶された欧州憲法条約に代わって新条約を作成することで合意された。会合はドイツが議長国を務めるもとで行われ、ドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルが議長として協議を牽引した。会合ではキプロスやマルタのユーロ導入決定など、ほかの分野に関する議論が手早く行われ、その後新条約の協議が6月23日の午前5時まで続けられた。リスボン条約 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (ドイツ)

    自由民主党 (ドイツ)から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2009年の連邦議会選挙では得票を大きく伸ばして躍進し、結党以来最大の議席数である93議席を獲得。選挙翌月の10月26日に CDU/CSU と政策合意に達し、28日に連邦議会でCDUのメルケルが首相に再任され、コール政権以来11年ぶりに連立与党の座に復帰した。自由民主党 (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ連邦議会2005年選挙

    ドイツ連邦議会2005年選挙から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    この結果、CDU/CSU・FDP、赤緑連合は共に過半数に届かず、CDU/CSU・FDP・B90/G(ジャマイカ連合)、SPD・FDP・B90/G(信号連立)などの連立が協議されたがいずれも政策の違いから交渉は失敗した。このため、CDU/CSU が SPD と大連立を組むことで合意し、CDU のアンゲラ・メルケル党首を首相とする大連立政権が11月22日に発足した。CDU/CSU と赤緑連合が共に議席減らしたのに対し、中道自由主義政党の FDP と、PDS に SPD 最左派が合流して結成された左翼党が、2大政治勢力に飽き足りない人達の支持を集め、得票・議席を大きく伸ばした。ドイツ連邦議会2005年選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ連邦議会2009年選挙

    ドイツ連邦議会2009年選挙から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    前回、2005年の連邦議会選挙の結果、ドイツキリスト教民主同盟・キリスト教社会同盟 (CDU/CSU) とドイツ社会民主党 (SPD) の大連立で発足したアンゲラ・メルケル政権の4年間に対する評価が問われる選挙戦となったが、SPD が議席を大幅に減らし、自由民主党や左翼党、同盟90/緑の党などの中間政党が大幅に議席を増やす結果となった。ドイツ連邦議会2009年選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・ティーフェンゼー

    ヴォルフガング・ティーフェンゼーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ヴォルフガング・ティーフェンゼー(Wolfgang Tiefensee、1955年1月4日 ? )は、ドイツの政治家。ドイツ社会民主党(SPD)所属。ライプツィヒ市長、第一次アンゲラ・メルケル内閣の連邦運輸・建設・住宅大臣を歴任。ヴォルフガング・ティーフェンゼー フレッシュアイペディアより)

  • クルト・ベック

    クルト・ベックから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年の連邦議会選挙でSPDは第一党から転落、ゲアハルト・シュレーダー政権は退陣し、フランツ・ミュンテフェーリング党首も責任をとって辞任した。後任には唯一立候補したブランデンブルク州首相のマティアス・プラツェックが選出されたが、健康不安を理由に翌年4月に辞任。後任として副党首のベックが推され、2006年5月14日に95%の得票で正式にSPD党首に選ばれた。SPDは連邦議会第一党のキリスト教民主同盟CDUとアンゲラ・メルケル内閣で大連立を組んでいるが、政策面で食い違いが多く、党首としてベックが連立パートナーに苦言を呈する場面が多い。一方でSPD党内でもメルケル内閣の副首相を務める調整役のミュンテフェーリングとのさや当てが囁かれた。2007年11月、ミュンテフェーリングが副首相辞任を表明した際も、連立与党党首として当然求められた入閣を即日拒否して「私は閣外で批判的立場にいるほうが良い」と述べたことにもその姿勢が窺える。クルト・ベック フレッシュアイペディアより)

  • エルヴィン・フーバー

    エルヴィン・フーバーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1994年10月、バイエルン州首相府長官としてエドムント・シュトイバー内閣に入閣。1995年から1998年までバイエルン州財務相。1998年から2003年まで首相府長官に復帰し、2003年10月以後連邦担当相・行政改革担当相を兼任。2005年のドイツ連邦議会選挙の際、シュトイバー州首相がアンゲラ・メルケル新内閣に入ることが確実視されたため、ギュンター・ベックシュタイン州内相とともにシュトイバーの最有力後継候補と見られていた。しかしシュトイバーは一転中央政府入りを拒否しバイエルンに留まった。2005年11月からバイエルン州経済・交通相に転じる。エルヴィン・フーバー フレッシュアイペディアより)

  • フリードリッヒ・メルツ

    フリードリッヒ・メルツから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    しかし2002年の連邦議会選挙後にアンゲラ・メルケル党首が自らの連邦議会議員団長職就任を要求したため、議員団長職を譲って副団長に退いた。2004年12月には副団長職も辞任した。2006年には連邦議会議員の副業とその収入を公開すべきという連邦議会の決定に反対して、8人の同僚議員と共に連邦憲法裁判所に提訴したが、2007年2月に棄却されている。さらに2007年には党執行部との政策方針の違いを理由にドイツ連邦議会2009年選挙に立候補しないことを表明し、政治活動を休止すると発表した。フリードリッヒ・メルツ フレッシュアイペディアより)

  • ウルズラ・フォン・デア・ライエン

    ウルズラ・フォン・デア・ライエンから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ウルズラ・ゲルトルート・フォン・デア・ライエン(Ursula Gertrud von der Leyen、旧姓Albrecht、1958年10月8日?)は、ドイツの政治家。所属政党はドイツキリスト教民主同盟 (CDU)。2005年より第1次アンゲラ・メルケル政権で家族・高齢者・婦人・青少年相を、2009年からの第2次メルケル政権で労働・社会相を務める。また2003年から2005年までニーダーザクセン州社会・婦人・家族・保健相を務めた。ウルズラ・フォン・デア・ライエン フレッシュアイペディアより)

  • ティロ・ザラツィン

    ティロ・ザラツィンから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ザラツィンは自著『Deutschland schafft sich ab』(ドイツが消える、といった意)の中で、イスラム教徒の移民によりドイツが貧困化すると主張した。また、すべてのユダヤ人はある特定の遺伝子を持っており、その特性はスペイン北部のバスク人と共通するとの自説を展開するなどしたため国内の反発を呼び、アンゲラ・メルケル独首相や欧州中央銀行のジャン=クロード・トリシェなどもザラツィンの一連の発言を批判した。ティロ・ザラツィン フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード