222件中 41 - 50件表示
  • 第40回先進国首脳会議

    第40回先進国首脳会議から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    File:AM Juli 2010 - 3zu4.jpg| ドイツアンゲラ・メルケル首相第40回先進国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • オカブ作戦

    オカブ作戦から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ドイツではアフガニスタン紛争に巻き込まれる事に対して、議論が続いていた。2009年4月7日のアンゲラ・メルケル首相の訪問の後、ターリバーンやイスラム聖戦連合(IJU)はアフガニスタン北部のドイツ軍に対する攻撃を数ヶ月間続けて、ドイツ軍を撤退させようとした。オカブ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ・フランス合同旅団

    ドイツ・フランス合同旅団から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    従来、フランスの部隊がドイツに駐留する一方、ドイツの部隊がフランスに駐留していなかったが、2009年2月にフランス大統領ニコラ・サルコジとドイツ首相アンゲラ・メルケルとが合意した内容に基づき、2010年12月10日、ドイツの歩兵大隊335人がフランスのストラスブール郊外の駐屯地で駐留を開始した。すでに一部は4月から現地に入っていたが、2012年に全体が揃うと、ドイツ提供分は完全編成の大隊サイズである600人規模になっている。ドイツの戦闘部隊がフランスに駐留するのは、第二次世界大戦におけるナチス・ドイツによるフランス占領の後、初めてであり、両国の歴史的な和解・友好・協力を象徴する。ドイツ・フランス合同旅団 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイマール三角連合

    ヴァイマール三角連合から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    近年はその役割が再度重要視されつつあり、特にドイツとポーランドの総合的な政治的協力関係が深化している。ヴァイマール三国は欧州連合の集団安全保障に関する問題にも共同で取り組んでおり、2010年12月には欧州委員会あてに共同書簡を提出、欧州連合の加盟国の軍事的統合を強く訴えている。2011年2月のヴァイマール三国首脳(ニコラ・サルコジ、アンゲラ・メルケル、ブロニスワフ・コモロフスキ)会談ではこの方針が首脳同士で確認された。ヴァイマール三角連合 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ドイツ連邦議会選挙

    2005年ドイツ連邦議会選挙から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    この結果、CDU/CSU・FDP(中道保守連合)、SPD・B90/G(赤緑連合)は共に過半数に届かず、CDU/CSU・FDP・B90/G(ジャマイカ連合)、SPD・FDP・B90/G(信号連立)などの連立が協議されたがいずれも政策の違いから交渉は失敗した。このため、CDU/CSU が SPD と大連立を組むことで合意し、CDU のアンゲラ・メルケル党首を首相とする大連立政権が11月22日に発足した。CDU/CSU と赤緑連合が共に議席減らしたのに対し、中道自由主義政党の FDP と、左派政党の左翼党が、2大政治勢力に飽き足りない人達の支持を集め、得票・議席を大きく伸ばした。2005年ドイツ連邦議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ドイツ連邦議会選挙

    2009年ドイツ連邦議会選挙から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    前回2005年の連邦議会選挙の結果、ドイツキリスト教民主同盟・キリスト教社会同盟 (CDU/CSU) とドイツ社会民主党 (SPD) の大連立で発足したアンゲラ・メルケル政権の4年間に対する評価が問われる選挙戦となったが、SPD が議席を大幅に減らし、自由民主党や左翼党、同盟90/緑の党などの連立に参加していない政党が大幅に議席を増やす結果となった。2009年ドイツ連邦議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • オットー・シリー

    オットー・シリーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年9月の連邦議会でシュレーダー政権の退陣が決まると、10月18日に内相を辞任、アンゲラ・メルケル政権が正式発足した11月22日に離職した。「対テロ戦争、移民流入の制限、個人情報保護などを隠れ蓑に、市民の権利を制限して監視社会を作ろうとしている」と揶揄されるなど、立場上仕方ないとはいえ総じて国民受けが良いほうではなかった。退任後は生体認証の技術を開発する複数の企業の監査役に就任し、癒着ではないかと批判されている。2009年の連邦議会選挙に出馬せず、政界を引退した。オットー・シリー フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・アイヒェル

    ハンス・アイヒェルから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    一向に減らない連邦政府の財政赤字はマスコミに叩かれ、アイヒェルを無能扱いする論調さえあったが、これは財務相個人の職責で変えられるものではないので気の毒な面もあった。さらに不評だったのは2004年11月にアイヒェルが発表した案で、祝日である10月3日のドイツ統一の日を土曜か日曜の移動祝日に変更し、それによって多すぎる休みが減り、逆に勤務日が増えて商店も開き、経済効率が一日分上がり税収増にもなる、というアイデアだった。なりふり構わぬ政府のアイデアはホルスト・ケーラー大統領はじめあらゆる方面の非難を浴び、アイヒェルはこの案をすぐに引っ込めざるを得なくなった。シュレーダー政権は大規模な社会保障・保険改革に乗り出したが国民には不評で、2005年の連邦議会選挙に僅差ながら敗れ、ついに退陣に追い込まれた。アンゲラ・メルケル内閣が正式発足した11月22日にアイヒェルは財務相から離職した。同時に党の連邦代表委員を辞した。皮肉なことに、アイヒェルの退任後にドイツ経済は上向きに転じ始めている。ハンス・アイヒェル フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・シュトルック

    ペーター・シュトルックから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年の連邦議会選挙でシュレーダー首相が退任し、アンゲラ・メルケル内閣が成立すると、シュトルックも11月22日に離職した。退任直後からSPDの連邦議会院内総務に復帰。選挙の結果SPDはアンゲラ・メルケル政権でドイツキリスト教民主同盟(CDU)と大連立を組んだが、シュトルック院内総務はCDU及びメルケルに対する最強硬派であり、連立パートナーを批判する発言が度々メディアに取り上げられていた。2008年4月、翌2009年に行われる予定の総選挙に出馬せず、政界を引退することを表明した。ペーター・シュトルック フレッシュアイペディアより)

  • エドムント・シュトイバー

    エドムント・シュトイバーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    そのチャンスである2002年の連邦議会選挙が近づくと、CDU党首に就任していたアンゲラ・メルケルとの調整が必要になった。メルケルは最大野党CDUの党首ではあるが実績の少なさが不安視されており、地方政治家ながら経験十分なシュトイバーを推す声が強かったためである。2002年1月11日、両者がバイエルンにあるシュトイバーの自宅で朝食を共にして協議した結果、CDU/CSU共同の連邦首相候補としてシュトイバーが立つことになった。シュトイバーは大衆紙「Bild am Sonntag」の元編集長を選挙参謀に迎え、失業率の改善、旧東ドイツの開発推進、国内の安全保障などを争点に現職のゲアハルト・シュレーダーに挑んだ。シュレーダーは迫りつつあったイラク戦争を争点に持ち出し明確な反対意志を示して巻き返しを図り、9月22日に行われた選挙はSPD・緑の党連立政権の辛勝という結果に終わった。バイエルンによる中央政界制覇というシュトラウス、そしてシュトイバーの念願は果たせなかった。エドムント・シュトイバー フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード