143件中 41 - 50件表示
  • ドイツ・フランス合同旅団

    ドイツ・フランス合同旅団から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    従来、フランスの部隊がドイツに駐留する一方、ドイツの部隊がフランスに駐留していなかったが、2009年2月にニコラ・サルコジフランス大統領とアンゲラ・メルケルドイツ首相とが合意した内容に基づき、2010年12月10日、ドイツの歩兵大隊335人がフランスのストラスブール郊外の駐屯地で駐留を開始した。既に一部は、4月から現地に入っていた。2012年に全体が揃うと600人規模になる予定。ドイツの戦闘部隊がフランスに駐留するのは、第二次世界大戦におけるナチス・ドイツによるフランス占領の後、初めてであり、両国の歴史的な和解・友好・協力を象徴する。ドイツ・フランス合同旅団 フレッシュアイペディアより)

  • 新博物館 (ベルリン)

    新博物館 (ベルリン)から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    博物館の建物は、第二次世界大戦で深刻な被害を受け、外壁しか残されていない部分があるなど酷い状態だった。その後、長きにわたり閉鎖状態となったが、1990年の東西ドイツの統一後に修復計画が本格化し、2003年に工事が開始された。イギリスの建築家デイヴィッド・チッパーフィールドが修復を手掛け、総工費は2億1,200万ユーロ(約290億円)に達した。修復が成った博物館は、2009年10月16日、70年ぶりに再オープンした。開館式には、メルケル独首相が出席し、開館を宣言した 。新博物館 (ベルリン) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のロシア

    2009年のロシアから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1月16日 - プーチン首相、メルケル独首相とベルリンで会談。ウクライナとのガス紛争をめぐり、メルケル首相は、早期の解決を要請した 。2009年のロシア フレッシュアイペディアより)

  • オットー・シリー

    オットー・シリーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年9月の連邦議会でシュレーダー政権の退陣が決まると、10月18日に内相を辞任、アンゲラ・メルケル政権が正式発足した11月22日に離職した。「対テロ戦争、移民流入の制限、個人情報保護などを隠れ蓑に、市民の権利を制限して監視社会を作ろうとしている」と揶揄されるなど、立場上仕方ないとはいえ総じて国民受けが良いほうではなかった。退任後は生体認証の技術を開発する複数の企業の監査役に就任し、癒着ではないかと批判されている。2009年の連邦議会選挙に出馬せず、政界を引退した。オットー・シリー フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・アイヒェル

    ハンス・アイヒェルから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    一向に減らない連邦政府の財政赤字はマスコミに叩かれ、アイヒェルを無能扱いする論調さえあったが、これは財務相個人の職責で変えられるものではないので気の毒な面もあった。さらに不評だったのは2004年11月にアイヒェルが発表した案で、祝日である10月3日のドイツ統一の日を土曜か日曜の移動祝日に変更し、それによって多すぎる休みが減り、逆に勤務日が増えて商店も開き、経済効率が一日分上がり税収増にもなる、というアイデアだった。なりふり構わぬ政府のアイデアはホルスト・ケーラー大統領はじめあらゆる方面の非難を浴び、アイヒェルはこの案をすぐに引っ込めざるを得なくなった。シュレーダー政権は大規模な社会保障・保険改革に乗り出したが国民には不評で、2005年の連邦議会選挙に僅差ながら敗れ、ついに退陣に追い込まれた。アンゲラ・メルケル内閣が正式発足した11月22日にアイヒェルは財務相から離職した。同時に党の連邦代表委員を辞した。皮肉なことに、アイヒェルの退任後にドイツ経済は上向きに転じ始めている。ハンス・アイヒェル フレッシュアイペディアより)

  • エドムント・シュトイバー

    エドムント・シュトイバーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    そのチャンスである2002年の連邦議会選挙が近づくと、CDU党首に就任していたアンゲラ・メルケルとの調整が必要になった。メルケルは最大野党CDUの党首ではあるが実績の少なさが不安視されており、地方政治家ながら経験十分なシュトイバーを推す声が強かったためである。2002年1月11日、両者がバイエルンにあるシュトイバーの自宅で朝食を共にして協議した結果、CDU/CSU共同の連邦首相候補としてシュトイバーが立つことになった。シュトイバーは大衆紙「Bild am Sonntag」の元編集長を選挙参謀に迎え、失業率の改善、旧東ドイツの開発推進、国内の安全保障などを争点に現職のゲアハルト・シュレーダーに挑んだ。シュレーダーは迫りつつあったイラク戦争を争点に持ち出し明確な反対意志を示して巻き返しを図り、9月22日に行われた選挙はSPD・緑の党連立政権の辛勝という結果に終わった。バイエルンによる中央政界制覇というシュトラウス、そしてシュトイバーの念願は果たせなかった。エドムント・シュトイバー フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・ベックシュタイン

    ギュンター・ベックシュタインから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1988年、CSU 州議会議員団副団長、同年バイエルン州内務省政務次官に就任。1993年6月17日、バイエルン州首相に就任したエドムント・シュトイバーによりバイエルン州内務大臣に任命される。こののち14年にわたるシュトイバー内閣で一貫して内相を務める。2001年からバイエルン州副首相を兼任。2005年9月のドイツ連邦議会選挙の結果発足するアンゲラ・メルケル内閣にシュトイバーが入閣する予定だったため、その後継の州首相としてベックシュタインと州首相府長官のエルヴィン・フーバーが浮上し、両者の間でCSU幹事会による決選投票が行われるはずだったが、シュトイバーがメルケル内閣への入閣を急に辞退したため、この話は立ち消えになった。ギュンター・ベックシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • ハイデマリー・ヴィーチョレック=ツォイル

    ハイデマリー・ヴィーチョレック=ツォイルから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1998年の総選挙でシュレーダー政権が成立すると、経済協力・開発相として入閣した。同年から2005年まで、SPD副党首。2005年の総選挙でシュレーダーが退陣してアンゲラ・メルケル首相の大連立政権が成立したのちも、同職に留任した。第一次メルケル内閣の閣僚中では在任期間が最長であるため、規定により連邦副首相代理(閣内序列3位)となった。2009年の総選挙で連立組み替えが行われたため、10月に大臣職を離職した。ハイデマリー・ヴィーチョレック=ツォイル フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・グロース

    ミヒャエル・グロースから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ミヒャエル・グロース(Michael Glos, 1944年12月14日 - )は、ドイツの政治家。所属政党はキリスト教社会同盟 (CSU)。2005年より2009年まで、第1次アンゲラ・メルケル政権で経済・技術相を務めた。ミヒャエル・グロース フレッシュアイペディアより)

  • 多文化主義

    多文化主義から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ドイツでは、トルコ人を始めとする約5%のイスラム教徒が居住しているが、近年、ドイツ人との摩擦が注目されるようになってきている。ドイツの首相アンゲラ・メルケルは、自党の会議において「多文化主義は完全に失敗」と指摘している。多文化主義 フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード