222件中 51 - 60件表示
  • ウルリッヒ・デメジエール

    ウルリッヒ・デメジエールから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    デメジエールには1944年に結婚した妻との間に二男二女があった。次男トーマス・デメジエールは2005年よりアンゲラ・メルケル内閣で連邦首相府長官、2009年より内相を経て、2011年より国防相を務めている。長男は長年コメルツ銀行経営陣に参画していた。ウルリッヒ・デメジエール フレッシュアイペディアより)

  • ローマン・ヘルツォーク

    ローマン・ヘルツォークから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1998年の連邦議会選挙でCDUが野党に転落し、再選の見込みが立たなかったためか二期目に挑戦せず、1999年6月30日に退任した。退任直後から翌年までヨーロッパ会議の座長を務め、欧州連合基本権憲章作成に携わった。1999年秋から半年間、カールスルーエ大学客員教授。大統領退任後は党活動に復帰し、2003年に社会保険制度改革に関する党の政策諮問機関「ヘルツォーク委員会」の委員長。その答申を基に、アンゲラ・メルケル党首は2005年の連邦議会選挙を戦い、辛うじて政権を奪取した。ローマン・ヘルツォーク フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の政治

    2005年の政治から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    10月10日 - ドイツ、アンゲラ・メルケル内閣成立。戦後2度目となるCDU/CSUとSPDによる大連立。2005年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • メルケル

    メルケルから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケル - ドイツの政治家。第8代連邦首相。メルケル フレッシュアイペディアより)

  • ローラント・コッホ

    ローラント・コッホから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    州首相就任早々、連邦 CDU のみならずヘッセン州の CDU にも不正献金疑惑が持ち上がる。コッホは関与を否定しつつも解明を約束したが、疑惑は消えなかった。野党に辞任を要求されたが、盟友のフランツ・ヨーゼフ・ユングが身代りに州大臣を辞任する格好で切り抜けた。野党はまた1999年の州議会選挙でのコッホの資金に不明朗を指摘して選挙の無効を訴えたが、選挙管理委員会に却下された。コッホは CDU の嫡流として連邦首相の座も狙える位置にいたが、これらの疑惑によってその威信は後退した。2002年の連邦議会選挙では、CDU 党首アンゲラ・メルケルの実力がなおも疑問視されていたため、連邦首相候補選出が難航してコッホの名が取りざたされることもあったが、結局経験豊富なバイエルン州首相のエドムント・シュトイバーが連邦首相候補に立てられた(この選挙で CDU は惜敗)。ローラント・コッホ フレッシュアイペディアより)

  • 民主主義の出発

    民主主義の出発から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    東ドイツ最初で最後の自由選挙となった1990年3月18日の人民議会選挙では、CDU、ドイツ社会同盟(DSU)と政党連合「ドイツ連合」(Allianz für Deutschland)を結成した。ドイツ連合は約48%の得票で400議席中、過半数に迫る192議席を獲得する圧勝を遂げたが、そのなかで「民主主義の出発」は投票日の数日前に党首のシュヌルが国家保安省(シュタージ)の協力者であったことが判明して辞任するなど混乱し、4議席の獲得にとどまった。選挙後、当選したエッペルマンが党首となり、東ドイツ最後の国防相を務めた。なお、この年の2月から、後にドイツの首相となるアンゲラ・メルケルが党のスポークスウーマンとなっている。民主主義の出発 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1973

    国際連合安全保障理事会決議1973から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    翌日、棄権票を投じたドイツのアンゲラ・メルケル首相は、同国は軍事作戦には加わらないとしながらも「我々はこの決議の目的を深く共有している。我々が投じた棄権票が中立を意味すると誤解されてはならない」と述べた。国際連合安全保障理事会決議1973 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド系ドイツ人

    ポーランド系ドイツ人から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケル(政治家、ドイツ首相):祖父がポーランド人、祖母がカシューブ人。ポーランド系ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・グロース

    ミヒャエル・グロースから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年より2009年まで、第1次アンゲラ・メルケル政権で経済・技術相を務めた。ミヒャエル・グロース フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・エッティンガー

    ギュンター・エッティンガーから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1991年以来バーデン=ヴュルテンベルク州首相はエルヴィン・トイフェルだったが、2004年3月になって彼が近々退任を表明するつもりであることが判明すると、エッティンガーは早速その後継に名乗りを上げた。トイフェルが退任を正式表明したのは半年後の10月で、もう一人、州文化教育相のアンネッテ・シャーヴァンも名乗りを上げた。トイフェル自身は彼女の後継を希望したが、12月に行われた州の党員投票では若さで勝るエッティンガーが勝ち、シャーヴァンは後継への名乗りを取り下げた(彼女はのちアンゲラ・メルケル内閣の文化教育相に抜擢される)。エッティンガーは2005年4月21日、正式に州首相に就任した。間もなく4月29日にはCDUの州議長に選出された。ギュンター・エッティンガー フレッシュアイペディアより)

222件中 51 - 60件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード