222件中 61 - 70件表示
  • レーネ

    レーネから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    レーネ西本課程学校は、ヘルティー財団とローベルト=ボッシュ財団によって設立された学校で、2005年に本課程学校コンテスト「ドイツのベスト本課程学校」で3位を獲得した。この学校は、生徒の個別育成教育の試みによって、2008年にノルトライン=ヴェストファーレン州教育省から表彰された。これを讃えて、連邦首相アンゲラ・メルケルは、本課程学校の教育視察の際、2008年8月22日にこの学校を訪れた。レーネ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーヨー・マ

    ヨーヨー・マから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2010年、バラク・オバマより大統領自由勲章を授与された。「世界的チェロ奏者」としての扱いで、同時に受賞した人の中には、ドイツ連邦首相のアンゲラ・メルケルや投資家のウォーレン・バフェット、米第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュがいる。ヨーヨー・マ フレッシュアイペディアより)

  • 副首相

    副首相から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    内閣の首長である首相の代理であり、首相が一時的に職務を遂行できない場合はその職務を代行する。しかし首相が辞職または死亡した場合は副首相が首相代理として内閣を総辞職するため、副首相が首相に昇格することは無い。連立政権の場合、連立与党第一党の党首が首相、第二党の党首が副首相となっていることもある(例:イギリス・キャメロン内閣のニック・クレッグ副首相、ドイツ・第3次メルケル内閣のジグマール・ガブリエル副首相など)。副首相 フレッシュアイペディアより)

  • 秘話

    秘話から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    NSAはアメリカ国内だけではなく友好国であるドイツのメルケル首相の携帯電話の盗聴を行っていたと言われ、シュピーゲルによると2002年からモニターしていたとされる。さらに、アメリカの政府関係者が得た連絡先の電話番号を利用し世界中の35名のリーダーの携帯電話も盗聴していたことが明らかになっている。秘話 フレッシュアイペディアより)

  • 聖母教会 (ドレスデン)

    聖母教会 (ドレスデン)から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    再建後の公開以降、聖母教会は大変人気のある観光地となった。公開後の最初の3年で700万人の人々が教会を訪れた。 再建はヨーロッパ中の他の再建計画に刺激を与え活性化させた。 教会ではキリスト教の礼拝も再び行えるようになった。2009年にはアメリカのオバマ大統領とドイツのメルケル首相がグリューネス・ゲヴェルベ(de)での会見の後、この教会を訪れた。聖母教会 (ドレスデン) フレッシュアイペディアより)

  • リスボン条約

    リスボン条約から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2007年6月21日、欧州理事会の会合がブリュッセルで行われ、拒絶された欧州憲法条約に代わって新条約を作成することで合意された。会合はドイツが議長国を務めるもとで行われ、ドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルが議長として協議を牽引した。会合ではキプロスやマルタのユーロ導入決定など、ほかの分野に関する議論が手早く行われ、その後新条約の協議が6月23日の午前5時まで続けられた。リスボン条約 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州憲法

    欧州憲法から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    再検討の結果、4つの考え方が提示された。ひとつめとして、事態の収拾のために当面は何もしないというもので、これにはイギリスとドイツが賛成した。次に、反対勢力に欧州憲法条約をそのまま、あるいはほぼ変わらない形で受け入れるよう説得を試みるというもので、当時議長国だったオーストリアがこの案に意欲を示していたがこの案は非現実的であるとされた。3つめとして欧州憲法条約を受け入れやすいように全面的に書き直す案が挙げられたが、1からやり直そうと考える国はなかった。最後に、フランス大統領ジャック・シラクはドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルに「ばらばらにする」、つまり欧州憲法条約を消化しやすいものにし手続きで賛否が分かれにくくなるような形にすることを提案したが、メルケルはドイツが議長国となる2007年まで待ったほうが良いと判断した。2006年6月にイタリア首相に戻っていたロマーノ・プローディは欧州憲法条約が大幅に改訂されるだろうが、一方で翌年のフランス大統領選挙が終わるまでは保留するべきだと述べた。欧州憲法 フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ヴェスターヴェレ

    ギド・ヴェスターヴェレから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年の連邦議会選挙では「ギドモービル」は封印して選挙運動を展開。この選挙ではCDU・SPD双方の票を吸収する形で得票率が10%に迫る好成績を収め、14議席増の61議席で連立与党だった同盟90/緑の党を抜いて第3党に躍り出た。しかし二大政党が共に議席を減らしたためアンゲラ・メルケル(CDU)を首班とするCDU・SPDの大連立政権が成立。ヴェスターヴェレは最大野党の党首として全議席の3分の1を占める野党(FDP, 同盟90/緑の党、左翼党)の代表になっている。2006年、党院内総務を兼任。2007年、イスタンブールで開催されたビルダーバーグ会議に参加した。ギド・ヴェスターヴェレ フレッシュアイペディアより)

  • カトリン・ゲーリング=エッカルト

    カトリン・ゲーリング=エッカルトから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    東独における体制転換期が始まるまで、カトリン・ゲーリング=エッカルトは党籍を持たずに「連帯する教会サークル」(AKSK)で働いていた。1989年、彼女は東独DDRで設立された政治的市民団体だった民主主義の出発の創立時に党員になったが、1990年に別な政治団体民主主義を今に加入した 。民主主義の出発は東独出身のアンゲラ・メルケルドイツ連邦共和国首相も属していたように保守的傾向があり、この政治団体はその後キリスト教民主同盟 に合流している。カトリン・ゲーリング=エッカルトが1990年に加入した民主主義を今は左派的スタンスを持っており、多くのメンバーが同盟90/緑の党に合流した。1990年から1993年まで彼女は旧東独地域を活動基盤とする同盟90のテューリンゲン州指導部メンバーになった。カトリン・ゲーリング=エッカルト フレッシュアイペディアより)

  • 2007年-2008年の世界食料価格危機

    2007年-2008年の世界食料価格危機から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    ドイツのアンゲラ・メルケル首相は食料価格の高騰は農業政策の拙さと開発途上国における食生活の変化が原因であり、一部の評論家が唱えているようなバイオ燃料によるものではないと述べた。2008年4月29日、米国のジョージ・W・ブッシュ大統領は記者会見で「世界の食料危機の85%は気候変動と、需要増加、エネルギー価格のせいだ」と述べ、「残りの15%はエタノールのせいだ」と認めた。2008年7月4日、ガーディアン紙はバイオ燃料によって食料価格が75%上昇しているという世界銀行の推測を報じた。2007年-2008年の世界食料価格危機 フレッシュアイペディアより)

222件中 61 - 70件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード