143件中 61 - 70件表示
  • ネオナチ

    ネオナチから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2011年11月にはドイツで「国家社会主義地下組織」を名乗るネオナチの男女3人により、2000年から2007年までにトルコ系男性8人、ギリシャ系男性1人、ドイツ人女性警察官1人の計10人を連続殺人した容疑が発覚した。銀行強盗の容疑で追われていた男2人が自殺し同居女性が出頭し家宅捜索したことで発覚したもので、ネオナチを名乗るグループの大規模連続殺人が明るみに出たのは初であり、メルケルドイツ首相は「ドイツの恥だ」と非難している。ネオナチ フレッシュアイペディアより)

  • 大連立

    大連立から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年 - 2009年: キリスト教民主同盟・キリスト教社会同盟(CDU/CSU)とドイツ社会民主党(SPD)の間の大連立、メルケル政権大連立 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ミュンテフェーリング

    フランツ・ミュンテフェーリングから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    しかし、翌年9月の総選挙でSPDは連邦議会第1党の座を失い、シュレーダーは首相を退任。党立て直しのためにミュンテフェーリングが幹事長に推薦したカヨ・ヴァッサーヘーフェルが党幹事会の決選投票で落選し、左派のアンドレア・ナーレスが当選すると、ミュンテフェーリングも11月に党首を辞任した。しかしCDU・SPDの大連立によるアンゲラ・メルケル内閣には連立協定に従って入閣、副首相と労働大臣を務めた。しかし2007年11月13日、家庭の問題(夫人のガン闘病)を理由に副首相と労働相を辞任した。フランツ・ミュンテフェーリング フレッシュアイペディアより)

  • タイム100

    タイム100から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    File:Angela Merkel (2008).jpg|アンゲラ・メルケル2012, 2011, 2009, 2007 & 2006(2010, 2008は最終選考)タイム100 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    3月30日 - フィナンシャル・タイムズからのインタビューの席上、麻生首相が、景気対策の重要性について「理解している国とそうでない国がある。ドイツがそれに当たる」と発言した。この発言が同紙により報じられたため、名指しで批判されたドイツ側は反発を強め、連邦首相アンゲラ・メルケルが「我々の見解ではドイツは多大な貢献をしている。(現在進めていることがらを)性急に進めようとするのは、本当に無意味なことだ」と批判した。政府報道官トーマス・ステッグも、ドイツの包括的な景気対策が迅速に実行された点を指摘したうえで、「われわれは列の最後にいるのではない。むしろ一番先頭で先導役を務めている」と反論した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州憲法

    欧州憲法から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    再検討の結果、4つの考え方が提示された。ひとつめとして、事態の収拾のために当面は何もしないというもので、これにはイギリスとドイツが賛成した。次に、反対勢力に欧州憲法条約をそのまま、あるいはほぼ変わらない形で受け入れるよう説得を試みるというもので、当時議長国だったオーストリアがこの案に意欲を示していたがこの案は非現実的であるとされた。3つめとして欧州憲法条約を受け入れやすいように全面的に書き直す案が挙げられたが、1からやり直そうと考える国はなかった。最後に、フランス大統領ジャック・シラクはドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルに「ばらばらにする」、つまり欧州憲法条約を消化しやすいものにし手続きで賛否が分かれにくくなるような形にすることを提案したが、メルケルはドイツが議長国となる2007年まで待ったほうが良いと判断した。2006年6月にイタリア首相に戻っていたロマーノ・プローディは欧州憲法条約が大幅に改訂されるだろうが、一方で翌年のフランス大統領選挙が終わるまでは保留するべきだと述べた。欧州憲法 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・シュトルック

    ペーター・シュトルックから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2005年の連邦議会選挙でシュレーダー首相が退任し、アンゲラ・メルケル内閣が成立すると、シュトルックも11月22日に離職した。退任直後からSPDの連邦議会院内総務に復帰。選挙の結果SPDはアンゲラ・メルケル政権でドイツキリスト教民主同盟(CDU)と大連立を組んだが、シュトルック院内総務はCDU及びメルケルに対する最強硬派であり、連立パートナーを批判する発言が度々メディアに取り上げられていた。2008年4月、翌2009年に行われる予定の総選挙に出馬せず、政界を引退することを表明した。ペーター・シュトルック フレッシュアイペディアより)

  • 同盟90/緑の党

    同盟90/緑の党から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    福島第一原子力発電所事故の影響で高まった反原発への世論の高まりもあり原発政策が争点となった2011年のバーデン・ヴュルテンベルク州(ドイツの原子力発電所17基中4基がある)の州議会議員選挙で24.2%の得票を獲得し、CDU政権が58年間続いた同州の首相にヴィンフリート・クレッチュマンが就任した。CDUが敗北した選挙の結果について、CDU党首のアンゲラ・メルケル首相は「福島原発の大事故を巡る議論が敗因となったのは明らかだ」と述べた。緑の党が州首相の地位を得るのは、これが初めてとなる。同盟90/緑の党 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの歴史認識

    ドイツの歴史認識から見たメルケルアンゲラ・メルケル

    2005年のゲアハルト・シュレーダー首相まで歴代の首相や大統領が、毎年のようにポーランドやイスラエル、バルト三国などを訪問し、犠牲者の碑の前でナチス犯罪を謝罪する姿勢を示し続けているが、同時に東・中欧からのドイツ人追放の被害についても追及している。このように現在のドイツではナチス犯罪に対する反省を示しつつも、同時にドイツ人を「他国同様、ナチスに抑圧された被害者」の立場に置き、犯罪の主体はあくまでも「ナチス」として、ドイツ国家・国民とは別であるとし、並行して周辺国によるドイツ人迫害の過去も取り上げるのが基本的な立場である。2009年9月1日に行われた第二次大戦開戦70周年記念式典においてもメルケル首相はドイツの行為による開戦が「終わり無き苦しみを招いた」事を認めつつも、終戦後に旧ドイツ領からドイツ人が追放された事は不当と断じ「こうした事実は認識されるべきだ」と述べてドイツ側の立場に変わりがない事を示している。ドイツの歴史認識 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド空軍Tu-154墜落事故

    ポーランド空軍Tu-154墜落事故から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケル首相は、ドナルド・トゥスク首相に宛てた弔意の書状で、遺憾の意を表明した。ギド・ヴェスターヴェレ副首相兼外相は、カチンスキ大統領は、「聡明でエネルギッシュな対話の相手だった。われわれはポーランド国民と同じ嘆きを感じている。ヨーロッパが築くことのできたひとつのキャラクターをわれわれは失ってしまったのだ」と発言した。ジャーナリストによれば、ヴェスターヴェレ副首相兼外相は、この惨事にひどく心を動かされたあまり、自らのスピーチをしばし中断し、記者団に対してその死について語ったという。ポーランド空軍Tu-154墜落事故 フレッシュアイペディアより)

143件中 61 - 70件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード