143件中 71 - 80件表示
  • 穏健な多党制

    穏健な多党制から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    場合によってはドイツのキージンガー・メルケル両政権のように保守主義と社会民主主義の大政党が連立(大連立)を組むこともある。穏健な多党制 フレッシュアイペディアより)

  • 穏健党

    穏健党から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    なお、公的年金について穏健党が主導するスウェーデンは一部を政府の帳簿外の私的運用とし、その原資を株式等の世界中のリスク資産で運用する抜本的な年金改革を積極的に行っている。ここで改革の移行期間に伴うここへの将来の政府助成分を政府債務の勘定から外すよう、同様の年金改革政策を採っているポーランドとともに欧州連合(EU)に提案しているが、EUの担当官であるフィンランドのオッリ・イルマリ・レーン経済・金融担当委員と、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がこれを強硬に拒否している。フィンランドやドイツのような社会民主主義のシステムに固執する国々はこのような公的年金の私的運用制度を持っておらず年金のすべてを公的部門で賄っており、それに対してこのような融通の利かない勘定制度では信用リスクが大きすぎて共通通貨ユーロへの移行が安全にできないと訴えるスウェーデンやポーランドを中心とした、社会民主主義から自由主義へ徐々に制度移行しようとしている国々との間で深刻な確執となっている。穏健党 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの政治

    ドイツの政治から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    1998年以来、連邦首相はドイツ社会民主党のゲアハルト・シュレーダーであったが、2005年9月の総選挙の結果、ドイツキリスト教民主同盟(CDU)およびキリスト教社会同盟(CSU)が第1会派となったため、CDU党首のアンゲラ・メルケルへと交代した。ドイツの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1973

    国際連合安全保障理事会決議1973から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    翌日、棄権票を投じたドイツのアンゲラ・メルケル首相は、同国は軍事作戦には加わらないとしながらも「我々はこの決議の目的を深く共有している。我々が投じた棄権票が中立を意味すると誤解されてはならない」と述べた。国際連合安全保障理事会決議1973 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領自由勲章

    大統領自由勲章から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    他の受章者としては、政治家関連ではアラン・グリーンスパン、アルバロ・ウリベ、マーガレット・サッチャー、トニー・ブレア、ウォーレン・バフェット、ジョージ・H・W・ブッシュ、アンゲラ・メルケル、ジョン・ハワード、ドナルド・ラムズフェルド、ヘンリー・キッシンジャー、ディック・チェイニー、ジョージ・シュルツが、文化・芸能・スポーツ関連ではドリス・デイ、チャールトン・ヘストン、ウォルト・ディズニー、ジョン・ハーシェル・グレン、ボブ・ディラン、ヨーヨー・マ、スタン・ミュージアルなどがいる。大統領自由勲章 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ヴルフ

    クリスティアン・ヴルフから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    2010年5月、ホルスト・ケーラー大統領がアフガニスタン訪問時の失言の責任を取って辞任した際、CDU・FDP連立であるアンゲラ・メルケル政権より後任の大統領候補に選ばれ、2010年6月30日に行われた連邦会議で、SPDや緑の党が推す対抗候補ヨアヒム・ガウクらに対し、三選に渡る苦戦の末に選任された。尚、大統領選への参加にあたっては、ドイツ連邦共和国基本法55条に基づき、その候補は大統領以外の政職に就くことが許されていないためにヴルフはニーダーザクセン州首相を辞任する旨を州議会に届け出て辞任した。クリスティアン・ヴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン中央駅

    ベルリン中央駅から見たメルケルアンゲラ・メルケル

    新中央駅の開業は、当初は2003年の開業予定であったが、付近を流れるシュプレー川の移設、駅舎の建設の技術的難易度の高さ、建設資金の大幅増加、などの理由で、工事が大幅に遅れた。一方で2006年に、ドイツでFIFAワールドカップが開催されることになり、開幕までに間に合わせるべく急ピッチで建設が進められ、2006年5月26日、2代目にあたる現在の「ベルリン中央駅(Berkin Hauptbahnhof)」が開業、同時に、南北地下長距離線も開業し、ベルリンの鉄道網や運転系統は大幅に変化した。当日はメルケル首相もライプツィヒからのICE特別列車で、南北地下長距離線経由で開業式典に参加した。この日と翌27日は開業記念イベントが数多く催され、5月28日のダイヤ改正を期して、正式な運用が始まった。ベルリン中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャの経済

    ギリシャの経済から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    10月27日、欧州諸国は債務危機に対応するために、「ギリシャ債務の民間投資家の損失負担を50%とし、欧州金融安定ファシリティの融資能力を拡充するほか、2012年6月30日まで銀行の資本増強を決めた」ものの、パパンドレウ首相が11月1日に第2次支援策の受け入れについて国民投票を実施すると発言したために、金融市場は再び不安定化、内外での反発が強まった。11月2日にはアンゲラ・メルケル、ニコラ・サルコジの独仏首脳がパパンドレウ首相に対し、支援凍結とユーロ離脱をちらつかせながら圧力をかけ事態収拾に動いた。11月4日に国民投票を撤回、翌11月5日にはパパンドレウ内閣の信任投票で僅差ながらも信任されたものの、大連立交渉に失敗しパパンドレウは首相を辞任。11月11日、前欧州中央銀行副総裁のルーカス・パパデモスを首班とする大連立政権が発足した。このとき総選挙を2012年に繰り上げ実施することで連立政権内の合意ができており、2012年5月ギリシャ議会総選挙では財政緊縮反対を掲げる左翼政党が大幅に躍進。連立交渉がまとまらず、再選挙が行われることとなった。ギリシャの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 日本化

    日本化から見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    政治が指導力を発揮せず、物事を先送りすることを「日本化する」と表現し、2011年7月末にイギリス紙「エコノミスト」、アメリカ紙「フォーブス」などは、表紙に和服姿のバラク・オバマ米大統領とアンゲラ・メルケル独首相の絵を載せ、リーダーシップの欠如という「日本化」を批判する記事を掲載した。日本化 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トゥスク

    ドナルド・トゥスクから見たアンゲラ・メルケルアンゲラ・メルケル

    トゥスクは非常に機動的な政治家である。2010年12月5日はワルシャワでバルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)の首脳とサミットを行い、ポーランドを含めた4国の民間経済、エネルギー政策、安全保障などについてかなり具体的な意見交換を行った後すぐにベルリンに赴き、翌6日にはドイツのアンゲラ・メルケル首相と会談し、ポーランド政府とドイツ政府によるヨーロッパの現状認識や両国の財政改革についての再確認と公的財政の会計についてなどの具体的な意見交換を行ったが、同日の現地での共同記者会見のあとすぐにワルシャワへ戻り、ポーランドを公式訪問しているロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領と同日のうちに会談してポーランドとロシアとの歴史的和解と今後の両国関係の展望について話し合った。その前の週の12月1日にはワルシャワでハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相と会談している。その後トルコの首都アンカラへ飛び、8日にトルコ首相レジェップ・タイイップ・エルドアンと首脳会談を行った。ドナルド・トゥスク フレッシュアイペディアより)

143件中 71 - 80件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード