177件中 101 - 110件表示
  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たポズナン

    家系はポーランド系。帝政ドイツ時代の1896年にポズナン(ドイツ語ポーゼン)で生まれたポーランド人である祖父ルドヴィク・カズミェルチャクが第一次世界大戦でドイツ軍に徴兵され、戦後に除隊したのちベルリンに定住、グダンスク(ドイツ語の表記ではダンツィヒ)出身のカシューブ人ヘルリント・イェンツシュと結婚、長男のホルストが4歳のときの1930年に姓を「カズミェルチャク」(Kazmierczak)から「カスナー」(Kasner)に変更した。この祖父ルドヴィク(ドイツ語の発音ではルートヴィヒ)はルター派プロテスタントだった。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た2014 FIFAワールドカップ

    2014 FIFAワールドカップでは、ドイツ代表の初戦の対ポルトガル戦を観戦しに現地に赴いた。これには政府専用機を使用するなど、多額の費用が掛かったために野党から批判された。ドイツ代表が決勝に進むと、来賓としてガウク大統領と伴に再び観戦に赴き、優勝に立ち会った。このときには勝利に沸く選手らを労うために、ロッカールームを訪れ、選手らの自分撮りに応じている。なおメルケルがスタジアム観戦した12試合の成績は、11勝1敗であり「勝利の女神」とも。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たカシューブ人

    家系はポーランド系。帝政ドイツ時代の1896年にポズナン(ドイツ語ポーゼン)で生まれたポーランド人である祖父ルドヴィク・カズミェルチャクが第一次世界大戦でドイツ軍に徴兵され、戦後に除隊したのちベルリンに定住、グダンスク(ドイツ語の表記ではダンツィヒ)出身のカシューブ人ヘルリント・イェンツシュと結婚、長男のホルストが4歳のときの1930年に姓を「カズミェルチャク」(Kazmierczak)から「カスナー」(Kasner)に変更した。この祖父ルドヴィク(ドイツ語の発音ではルートヴィヒ)はルター派プロテスタントだった。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た原子力発電所

    2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、ドイツ国内でも脱原発の機運が上昇。原子力発電推進派として稼働年数を延長する政策を採ってきた首相も、この動きを見て3月14日に計画の凍結を表明した。しかし、ドイツ国内の原子力発電所不信は拡大していき、地方議会選挙で緑の党が躍進するなど与党が相次いで敗北。5月30日には「2022年までに国内17基すべての原発を閉鎖する」という方針を示し、新たなエネルギー政策へと舵を切った。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たオーストリア

    かなりのサッカー好きであり、「ドイツ代表12番目の選手」を自認している。自国開催となった2006 FIFAワールドカップでは全試合をスタジアムで観戦している。2008年のUEFA欧州選手権でもオーストリアまで駆けつけて観戦したことから、「本職を疎かにしている」と野党から批判されたこともある。また、クロアチア戦でファウルで退場処分となった、バスティアン・シュヴァインシュタイガーを次の試合の観戦に同席させ、説教をしたこともある。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た法人税

    メルケル政権は発足当初から積極的な対露・対米外交を展開して高支持率を出し、2006年3月の3州議会選挙でも勝利して、連立政権はひとまず順調にスタートを切った。ドイツは引き続きフランスと東ヨーロッパ諸国、特にロシアとの友好関係を継続、将来的にはトルコの欧州連合 (EU) 加盟を支援するが、前政権ほど積極的ではなかった。さらには中道左派の社民主義政党であるSPDと中道右派の保守政党であるCDU/CSUでは政策綱領が大きく異なっていることは否めず、また財務大臣などの重要閣僚ポストをSPDへ譲ったこともあって、先送りされているメルケル政権の看板政策の中心で政治公約である雇用促進によるドイツ国内の雇用、年金制度の大幅な改革によるメルケル改革の実現、健康保険制度改革や法人税率改革などの内政面の課題の帰趨は不透明な状態で、今後どこまで両党が政策合意を重ねてゆけるかが注目された。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た南アフリカ

    2010 FIFAワールドカップでは、G20会場でデビッド・キャメロン英首相とドイツ対イングランド戦をテレビ観戦。その際、イングランド代表のゴールがノーゴールと見なされた、いわゆる「世紀の誤審」と呼ばれるゴールに際しては、「明らかにゴール。ごめんなさい」とキャメロン首相に言葉をかけた。準々決勝のドイツ対アルゼンチン戦では、急遽ケープタウンに駆けつけてジェイコブ・ズマ南アフリカ大統領とともに観戦した。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たドイツ語

    家系はポーランド系。帝政ドイツ時代の1896年にポズナン(ドイツ語ポーゼン)で生まれたポーランド人である祖父ルドヴィク・カズミェルチャクが第一次世界大戦でドイツ軍に徴兵され、戦後に除隊したのちベルリンに定住、グダンスク(ドイツ語の表記ではダンツィヒ)出身のカシューブ人ヘルリント・イェンツシュと結婚、長男のホルストが4歳のときの1930年に姓を「カズミェルチャク」(Kazmierczak)から「カスナー」(Kasner)に変更した。この祖父ルドヴィク(ドイツ語の発音ではルートヴィヒ)はルター派プロテスタントだった。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た第2次メルケル内閣

    2009年9月27日の総選挙でCDU/CSUが勝利。SPDとの大連立を解消し、新たにFDPと連立政権を樹立することで合意。10月28日に第2期政権が発足した。メルケル政権は、支持率60%を長らく維持していた。しかし2010年3月、2年前に導入された通信法及び刑事訴訟法の関連規定が連邦憲法裁判所の違憲判決によって一部無効となった。さらに4月のギリシャ財政破綻問題ではドイツが多額の財政支援を行わなくてはならなくなった。そして内閣支持率が40%台程まで急落した。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たイスラエル

    また、この年メルケルはイスラエルを訪問し、イスラエル議会で演説をした。それまでイスラエル議会で演説した外国人は、大統領など国家で最高の地位にある人物のみであり、メルケルは首相という立場で演説をした初めてのケースとなった。演説は、メルケルの母語であるドイツ語で行われ、中にはドイツ語を聞くのは耐えられない、として議場を離れたユダヤ人議員もいたが、少数派だった。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

177件中 101 - 110件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード