134件中 61 - 70件表示
  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た2010 FIFAワールドカップ

    かなりのサッカー好きであり、自国開催となった2006 FIFAワールドカップでは全試合をスタジアムで観戦している。2008年のUEFA欧州選手権でもオーストリアまで駆けつけて観戦したことから、「本職を疎かにしている」と野党から批判されたこともある。また、クロアチア戦でファウルで退場処分となったバスティアン・シュヴァインシュタイガーを次の試合の観戦に同席させ、説教をしたこともある。2010 FIFAワールドカップではG20会場でデビッド・キャメロン英首相とドイツ対イングランド戦をテレビ観戦。その際、イングランド側のゴールがノーゴールと見なされた、いわゆる「世紀の誤審」と呼ばれるゴールに際しては、「明らかにゴール。ごめんなさい」とキャメロン首相に言葉をかけた。準々決勝のドイツ対アルゼンチン戦では急遽ケープタウンに駆けつけてジェイコブ・ズマ南アフリカ大統領とともに観戦した。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た政党連合

    1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになる。同党では報道官を務めた。1990年に東ドイツで行われた最初にして最後の自由選挙でこの党はCDU(西ドイツのCDUとは別組織)と政党連合を組んでいたため、東ドイツ最後のロタール・デメジエール政権で副報道官に就任した。ドイツ再統一直前に西ドイツCDU党大会に出席し、党首で西ドイツ首相のヘルムート・コールに初めて出会う。10月3日の統一後CDUに入党し、1990年12月2日の連邦議会選挙で故郷メクレンブルク=フォアポンメルン州から出馬して初当選。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たトルコ

    メルケル政権は発足当初から積極的な対露・対米外交を展開して高支持率を出し、2006年3月の3州議会選挙でも勝利して、連立政権はひとまず順調にスタートを切った。ドイツは引き続きフランスと東ヨーロッパ諸国、特にロシアとの友好関係を継続、将来的にはトルコの欧州連合 (EU) 加盟を支援するが、前政権ほど積極的ではなかった。さらには中道左派の社民主義政党であるSPDと中道右派の保守政党であるCDU/CSUでは政策綱領が大きく異なっていることは否めず、また財務大臣などの重要閣僚ポストをSPDへ譲ったこともあって、先送りされているメルケル政権の看板政策の中心で政治公約である雇用促進によるドイツ国内の雇用、年金制度の大幅な改革によるメルケル改革の実現、健康保険制度改革や法人税率改革などの内政面の課題の帰趨は不透明な状態で、今後どこまで両党が政策合意を重ねてゆけるかが注目された。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た理論物理学

    在学中の1977年に同じ学部の学生だったウルリッヒ・メルケルと結婚。現在の姓は彼に由来するものである。しかしこの結婚生活は4年で終わった。1978年、優良の成績で学士号を取得、東ベルリンにある科学アカデミーに就職し、理論物理学を研究する。ここで現在の夫ヨアヒム・ザウアーと出会うが、2人が結婚するのはずっと後の1998年である。1986年、博士論文を提出して博士号 (Dr. rer. nat.) を取得。分析化学に配置転換となる。同年初めて西ドイツを旅行。これは審査で国家に忠実とみなされた者にのみ許される権利だった。この頃の彼女に政治活動は見られず、SED党員でもなく反政府活動もしていなかった。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た汎ヨーロッパ・ピクニック

    「あなた方ハンガリー人は、ドイツ人の自由への意志に翼を与えました。あなた方の勇気が、ベルリンの壁を崩壊させる決定的な一撃となったのです」(2009年8月19日、汎ヨーロッパ・ピクニック20周年記念演説の一節)アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たヘッセン州

    しかし、メルケルはその後着々と権力基盤を確実にしていく。2000年の時点で保守本流を代表し将来の首相候補と嘱望されていたのは、1999年にSPDの強かった「赤いヘッセン州」でハンス・アイヒェル州首相を破ったローラント・コッホであったが、コッホが率いるヘッセン州CDU支部自体が2000年にヤミ献金問題の直撃を受け、全国レベルで保守陣営を代表できなくなった。2002年の総選挙では、姉妹政党であるキリスト教社会同盟 (CSU) のエドムント・シュトイバー党首兼バイエルン州首相が保守陣営の首相候補となる。1月11日に行われたその協議の際、メルケルは首相候補を諦める代わりに、総選挙後に連邦議会議員団長のポストを得るという密約があったといわれている。この総選挙は野党連合の惜敗に終わり、シュトイバーの初のバイエルン出身首相という野望は潰えたが、メルケルは選挙後にメルツCDU/CSU連邦議会議員団長からその地位を奪い取る。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た日本

    学校時代は付き合いは良いが、目立たない生徒であったという。成績は優秀で、中学校時代の全科目の平均評価は1.0(日本でいえば「オール5」)であり、特にロシア語と数学に優れていた。家が宗教家のため加入義務はなかったが、ドイツ社会主義統一党 (SED) の下部組織である自由ドイツ青年団 (FDJ) に属していた。1973年にカールマルクス・ライプツィヒ大学(現ライプツィヒ大学)に入学、物理学を専攻する。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たイタリア共和国功労勲章

    2008年1月、ドイツ連邦共和国功労勲章大十字章受章。その他イタリア共和国功労勲章大十字章など、国外からの叙勲多数。2008年にはアーヘン市よりカール賞を贈られた。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見たドイツ連邦議会

    1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになる。同党では報道官を務めた。1990年に東ドイツで行われた最初にして最後の自由選挙でこの党はCDU(西ドイツのCDUとは別組織)と政党連合を組んでいたため、東ドイツ最後のロタール・デメジエール政権で副報道官に就任した。ドイツ再統一直前に西ドイツCDU党大会に出席し、党首で西ドイツ首相のヘルムート・コールに初めて出会う。10月3日の統一後CDUに入党し、1990年12月2日の連邦議会選挙で故郷メクレンブルク=フォアポンメルン州から出馬して初当選。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

  • アンゲラ・メルケル

    アンゲラ・メルケルから見た脱原発

    2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、ドイツ国内でも脱原発の機運が上昇。原発推進派として稼働年数を延長する政策を採ってきた首相も、この動きを見て3月14日に計画の凍結を表明した。しかし、国内の原発不信は拡大していき、地方議会選挙で緑の党が躍進するなど与党が相次いで敗北。5月30日には「2022年までに国内17基すべての原発を閉鎖する」という方針を示し、新たなエネルギー政策へと舵を切った。アンゲラ・メルケル フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「アンゲラ・メルケル」のニューストピックワード