85件中 11 - 20件表示
  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たカニエ・ウエスト

    影響を受けたミュージシャンとして、フィオナ・アップル、ベン・フォールズ、メイシー・グレイ、サラ・マクラクラン、椎名林檎、ジョニ・ミッチェル、スマッシング・パンプキンズ、アラニス・モリセット、コールドプレイ、TLC、カニエ・ウエストなどの名前を挙げている。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見た亀田誠治

    亀田誠治 - ベース、プロデューサーアンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見た鬼束ちひろ

    アメリカ在住当時は英語で作詞していたが、鬼束ちひろの『月光』を聴いて「日本でもアラニス・モリセットやサラ・マクラクランのように自分の身を削って痛々しい部分をさらけ出すような曲を作っても良いんだ」と悟り、日本に帰国後は日本語で歌詞を書くことにこだわり続けている。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見た小西康陽

    M-3「おしながき ?コニシのおそばやさん?」(小西康陽 featuring アンジェラ・アキ)参加アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たグリーン・デイ

    1992年の後半、15歳で家族とともにハワイに渡り、4年制の高校に通う。この頃、ニルヴァーナやグリーン・デイの音楽に衝撃を受ける。また、音楽以外にサーフィンにも打ち込んでいた。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たヤクルト本社

    2003年2月、自作の曲がヤクルトのCMソングに採用される。この楽曲提供がきっかけとなり、歌手デビューを志して26歳で日本に帰国。あちこち売り込みに回ったが、年齢が足かせとなり、とりあってくれるところは無かった。しかしこの年の9月27日、椎名林檎の日本武道館でのライブを見てサラ・マクラクランのライブを見た時の確信を思い出し、『自分も3年後の2006年までにこの舞台に立つ』という目標を立てることで自分を奮い立たせた。その後もライブハウスを巡ったりデモ曲を500曲くらい作ったりと、精力的に音楽活動を続けた。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たサラ・マクラクラン

    。大学1年生の時にサラ・マクラクランの学園祭ライブを見に行った際、スタジアム内の1万人の聴衆がサラと1対1で向かい合っているのを感じ、自らも音楽を通じて人とつながるために生まれてきた事を確信したという。その経験がきっかけとなり、本格的に音楽活動を開始。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たベン・フォールズ

    2月25日、ベン・フォールズの活動15周年を記念した初ベスト・アルバム『BEN FOLDS FILE ?コンプリート・ベスト・オブ BEN FOLDS FIVE & BEN FOLDS-』に、ベンと共作・共演した『BLACK GLASSES』が収録された(アンジェラが、シングル『手紙 ?拝啓 十五の君へ?』のカップリングでベン・フォールズの『スティル・ファイティング・イット』を日本語でカバーしたことがきっかけ)。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見た松岡モトキ

    松岡モトキ - ギター、プロデューサーアンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ・アキ

    アンジェラ・アキから見たジャニス・イアン

    2010年9月21日放送の『NEWS ZERO』内の「@CULTURE」で取り上げられた際、将来グラミー賞を獲る事を念頭に置いて活動する事を明言、その為に英語の曲を増やしたりグラミー受賞者のジャニス・イアンのスタジオを訪れるなど、すでに地盤固めに入っている。目標達成に対する期間設定と行動が明確で、日本武道館の単独コンサートも目標設定の3ヵ月後だったという。アンジェラ・アキ フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「アンジェラ・アキ」のニューストピックワード