171件中 111 - 120件表示
  • ティル・シュヴァイガー

    ティル・シュヴァイガーから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    舞台以外での活動は、テレビでの吹き替えから始まった。1991年には『Manta, Manta』で映画初主演。翌年の『Ebbie’s Bluff』の演技で注目される。1996年の『Männerpension』でコミカルで男らしい人気俳優としての地位を固めた。1998年には『リプレイスメント・キラー』でハリウッドデビュー。以後はアンジェリーナ・ジョリーと共演した『トゥームレイダー2』など、話題作への出演が続いている。ティル・シュヴァイガー フレッシュアイペディアより)

  • デュアー・ファレス

    デュアー・ファレスから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    デュアー・ファレス(Du'ah Fares 1989年3月24日 - )は、イスラエル出身のモデル。アンジェリーナ・ジョリーにあやかってアンジェリーナの名前で活動している。デュアー・ファレス フレッシュアイペディアより)

  • バッキンガムシャー

    バッキンガムシャーから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー(俳優) - フルマー在住バッキンガムシャー フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・クニス

    ミラ・クニスから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    9歳の時、ビバリーヒルズのスタジオで演技のレッスンをしているところをマネージャーに見出される。いくつかのCMやカタログ撮影を経て、1995年からテレビに出演する。1998年から『ザット'70sショー』に出演してブレイクする。同年放送のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』では、アンジェリーナ・ジョリーが扮するジア・キャランジの少女時代を演じた。昨今は顔の造作がアンジェリーナ・ジョリーに似つつあり、"第2のアンジー"との呼び声も高い。ミラ・クニス フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ

    アンジェリーナから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー - アメリカの女優。アンジェリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 全米映画俳優組合賞主演女優賞

    全米映画俳優組合賞主演女優賞から見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー(『マイティ・ハート/愛と絆』、『チェンジリング』)全米映画俳優組合賞主演女優賞 フレッシュアイペディアより)

  • ゼロ・グラビティ (映画)

    ゼロ・グラビティ (映画)から見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    本作は、アルフォンソ・キュアロンが監督し、彼の息子ホナス・キュアロンと共同で脚本を執筆した。当初は、ユニバーサル・ピクチャーズで数年に渡って企画が進められていたが、やがてスタジオは(他のスタジオへの売り出し)状態に置いた。そしてワーナー・ブラザースがプロジェクトを購入し、2010年2月に『ウォンテッド』の続編への出演を拒否したアンジェリーナ・ジョリーに接近した。同月後半、ジョリーは出演料の問題とボスニア戦争を描いた映画『最愛の大地』を監督する予定があったためにプロジェクトを降板した。3月、ロバート・ダウニー・Jrを男主役とするために交渉に入った。ゼロ・グラビティ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • トゥームレイダー

    トゥームレイダーから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    欧米、西欧では非常に人気が高く、アンジェリーナ・ジョリー主演で映画化され、彼女自身の出世作にもなった。ゲームの人気もあるが、特にヒロインのララ・クロフトがゲームの主人公の域を超えた人気キャラクターとなっており、テレビ出演、雑誌のグラビア、フランスでは切手、新種のチューリップの名前、ロックバンド「U2」のツアー内登場など、多方面にわたる影響を与えており、「ゲームヒロインとして最も成功した人間の女性」としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。トゥームレイダー フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行殺人事件 (2017年の映画)

    オリエント急行殺人事件 (2017年の映画)から見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    2013年12月、20世紀フォックスが『オリエント急行の殺人』を映画化すると発表した。2015年6月16日、20世紀フォックスは監督にケネス・ブラナーを起用すると発表した。11月20日には、監督のブラナーが自らエルキュール・ポワロを演じると報じられた。2016年6月10日、アンジェリーナ・ジョリーが本作の出演交渉に入ったと報じられたが、8月4日には交渉が不首尾に終わっていたことが判明した。17日、レスリー・オドム・Jrが本作の出演交渉に入っているとの報道があった。9月6日、トム・ベイトマンがムッシュ・ブック役に起用されたと報じられた。29日、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、マイケル・ペーニャ、デレク・ジャコビ、ルーシー・ボイントンが本作に出演すると発表された。オリエント急行殺人事件 (2017年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ポール・サイモン

    ポール・サイモンから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    映画とポール・サイモンとの関係も様々だ。ダスティン・ホフマンの出世作となったマイク・ニコルズ監督の『卒業』ではサウンドトラックを担当。「ミセス・ロビンソン」はこの時代を象徴する大ヒットとなり、トム・ハンクス主演の『フォレスト・ガンプ/一期一会』にも使用された。また、思春期の少女を描きアンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した『17歳のカルテ』では「ブックエンド」が、1960年代後半のロックシーンを背景にした『あの頃ペニー・レインと』では「アメリカ」がサウンドトラックとして使われている。(『あの頃ペニー・レインと』では、アルバム『ブックエンド』のカヴァー写真を見た主人公の母親〜フランシス・マクドーマンドが演じる〜に“このトロ〜ンとした目は絶対麻薬をやっている目よ”と言われており、当時の保守層には必ずしも受け入れていなかったことがわかり興味深い)。最近では、ジェニファー・ロペスの『メイド・イン・マンハッタン』で「僕とフリオと校庭で」がオープニングに流れ、小学生が“どうしてサイモンとガーファンクルは解散(ブレーク・アップ)しちゃったの?”と母親役のジェニファー・ロペスに聞いている。ポール・サイモン フレッシュアイペディアより)

171件中 111 - 120件表示

「アンジェリーナ・ジョリー」のニューストピックワード