118件中 31 - 40件表示
  • ティモシー・ハットン

    ティモシー・ハットンから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    1986年に女優のデブラ・ウィンガーと結婚し、翌年息子が生まれている。1990年に離婚。2000年にイラストレーターのオロール・ジスカール・デスタン(ヴァレリー・ジスカール・デスタンの姪)と再婚し、翌年息子が生まれている。2009年のインタビューでは、すでに2人は別居していることを明かしている。アンジェリーナ・ジョリーと交際していたこともある。ティモシー・ハットン フレッシュアイペディアより)

  • 第15回全米映画俳優組合賞

    第15回全米映画俳優組合賞から見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー ? 『チェンジリング』 - クリスティン・コリンズ役第15回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回全米映画俳優組合賞

    第14回全米映画俳優組合賞から見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー - 『マイティ・ハート/愛と絆』 - マリアンヌ・パール役第14回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ヘンドリックス

    バーバラ・ヘンドリックスから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    バーバラ・ヘンドリックスは、日常生活の多くの時間を難民支援活動に割いており、長期間にわたって国連高等難民弁務官事務所の支持者である。アンジェリーナ・ジョリーに同じく、UNHCR親善大使の一員として、特殊な任務を務めている。2000年からは、難民教育基金(RET)の評議員に名を連ねている(RETとは、世界各地の難民の子女のための、義務教育後の教育機会を目指して献身している団体である)。バーバラ・ヘンドリックス フレッシュアイペディアより)

  • サンガブリエル・バレー

    サンガブリエル・バレーから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    主人公の住居として使われた実際の家屋もパサデナの南端にある。ウィッティア・アップタウンは1987年の映画『Masters of the Universe』の主要な場所であり、多くのシーンでその地区の建物が写され、しかもその大半はその年のウィッティア・ナローズ地震で損傷を受けるか破壊される前のものである。トム・ハンクスを起用した1994年の映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』はモントレーパークのイーストロサンゼルス・カレッジで一部が撮影された。モンロビア中心街のマートル・アベニュー部は多くの映画やテレビ・コマーシャルに使われた。モンロビアの多くの場所が、テレビ番組『ピケット・フェンス』で想像上のウィスコンシン州ロームの外観に使われた。1990年代のテレビ番組『ロズウェル - 星の恋人たち』はコビーナで撮影され、特に中心街が使われた。最近の例では、シティ・オブ・インダストリーの閉鎖されたイケアがあった場所が、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの主演した2005年の映画『Mr.&Mrs. スミス』で使われた。そのイケアの通り向かいには4本のレーストラックがある娯楽センターのスピードゾーンがあり、映画『Guess Who』と『クラークス2/バーガーショップ戦記』およびテレビの『Melrose Place』、『CSI:マイアミ』、『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房』、『Attack of the Show!』等に使われた。サンガブリエル・バレー フレッシュアイペディアより)

  • INTEGRATE

    INTEGRATEから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    イメージモデルにハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーを起用。これは開発時に想定した6つのパーツ毎の理想形を統合した顔が、結果としてアンジェリーナ・ジョリーに似ていたからである。なお、2008年秋から女優の真木よう子、2010年春からはモデルの岸本セシルを起用している(INTEGRATEのみ)。INTEGRATE フレッシュアイペディアより)

  • マイ・ハート、マイ・ラブ

    マイ・ハート、マイ・ラブから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    結婚40周年を機会に今までの人生を見つめなおす老夫婦(ショーン・コネリー&ジーナ・ローランズ)。ある秘密を抱えた男性とその恋人(ライアン・フィリップ&アンジェリーナ・ジョリー)。不倫を続ける女性と、彼女を本気で愛してしまった男性(マデリーン・ストウ&アンソニー・エドワーズ)。嘘の身の上話を語り続ける男性(デニス・クエイド)。離婚が原因で恋に臆病になってしまった女性と、そんな彼女を支えようとする男性(ジリアン・アンダーソン&ジョン・スチュワート)。エイズの末期患者で死が目前に迫った青年とその母親(ジェイ・モーア&エレン・バースティン)。マイ・ハート、マイ・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • ブロンド・ライフ

    ブロンド・ライフから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    『ブロンド・ライフ』(原題:Life or Something Like It)は、2002年制作のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。アンジェリーナ・ジョリー主演。彼女は第23回ゴールデンラズベリー賞 最低主演女優賞にノミネートされた。ブロンド・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • Mr.&Mrs. スミス

    Mr.&Mrs. スミスから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    ジェーン・スミス:アンジェリーナ・ジョリーMr.&Mrs. スミス フレッシュアイペディアより)

  • 狂っちゃいないぜ

    狂っちゃいないぜから見たアンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー

    当時、まだ、それほど注目されていなかった、アンジェリーナ・ジョリー、ビリー・ボブ・ソーントン、ケイト・ブランシェットらが出演している。ジョリーとソーントンは本作がきっかけで結婚。ソーントンとブランシェットの交友(その後、『バンディッツ』『ギフト』で協働する)はここに始まる。狂っちゃいないぜ フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示