前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たブラッド・ピット

    慈善活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、ジョリーの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たジョン・ヴォイト

    アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族(ワイアンドット族)の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン。生後間も無い1976年に両親が別居するとジョリーは兄弟と共にニューヨークへ移住。幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。1982年には父が主演する映画『大狂乱』で親子共演を果たした。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たマララ・ユサフザイ

    2012年10月9日、パキスタンでターリバーンを批判し、女性の権利向上のために活動していた少女マララ・ユサフザイがターリバーンとみられる男たちによる銃撃(後にターリバーンが犯行声明を出した)で重傷を負うという事件をが起きると、10月18日、パキスタン、アフガニスタンの少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たジェニファー・アニストン

    2004年5月撮影の『Mr.&Mrs.スミス』でブラッド・ピットと共演。ピットが多忙であった当時の妻ジェニファー・アニストンと家族計画をめぐり不仲になりつつあると噂される一方、ジョリーやジョリーの息子マドックスと撮影現場で親密になっているという見方が浮上する。ジョリーとピットのロマンスのゴシップが消えない中、12月にはピットがテレビインタビューで自らの子供を切望して涙ぐむ場面が放映された。2005年1月7日にピットとアニストンが正式に別離を発表し、3月にアニストンが離婚手続きを申請。このおよそ一ヶ月後から、ジョリーやジョリーの子供と行動を共にするピットの姿がたびたび報じられるようになった。同年8月に離婚手続きが完了して10月2日ピットとアニストンの離婚が正式に成立。11月に初めてジョリーとピットは二人でイベントの席に姿を現し、12月にはピットがジョリーの子供2人の養父となる手続きを申請した。そして2006年1月にジョリーはピットが父親である子供の妊娠を発表。ピットとのパートナー関係を公に認めることとなった。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たエリザベス2世

    2014年、英国政府が「名誉デイム(Honorary Dame Grand Cross of the Most Distinguished Order of St. Michael and St. George)」の授与を決定。10月10日、エリザベス女王に夫ピットや子供たちとともに謁見し、称号を授与された。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た2009年

    2009年6月、『ピープル』誌によると、ジョリーとピットのチャリティ組織“ジョリー・ピット基金”がパキスタンの難民救済のため100万ドル(日本円で約9,800万円)を国連難民機関に寄付した。ジョリーは過去に3回パキスタンを訪れており、住むところがなくなった人々を救うために使ってほしいと今回の寄付をした。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た資生堂

    INTEGRATE (資生堂、2007年9月 - )アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たジョニー・リー・ミラー

    その後も多数の作品でキャリアを重ね、次第に賞レースにもその名が挙げられるようになった。そしてジョリーの評価を決定付けたのは1998年放映のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』での演技である。エイズとドラッグにより短い生涯を終えた実在のモデル、ジア・キャランジを演じたジョリーはこの作品で数多くの賞とノミネートを受けた。さらに翌1999年の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞。実力派女優としての地位を確立したものの、時を同じくしてジョニー・リー・ミラーとの離婚を中心とした親族との不和が先行したきらいがあった。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たミシェリーヌ・ベルトラン

    アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族(ワイアンドット族)の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン。生後間も無い1976年に両親が別居するとジョリーは兄弟と共にニューヨークへ移住。幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。1982年には父が主演する映画『大狂乱』で親子共演を果たした。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た三宅隆太

    実父のジョン・ヴォイトとは長年に亘り不仲が続いた。これは度重なる不倫により敬愛する母を苦辛させたことからによる。その後、『トゥームレイダー』で父娘共演を果たすなど復縁も噂されたが2002年7月には本名のアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイト(Angelina Jolie Voight)から「ヴォイト」を除外する改名を裁判所に申請。ロサンゼルス上級裁判所の判決により承認され同年9月12日付で同一の本名となった。もっとも、脚本家の三宅隆太は第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査委員長として来日滞在したヴォイトが当時高校生であった娘を連れて来たのと交流を持った体験を著書(『スクリプトドクターの脚本教室・中級編』)に著しており、ある程度の雪解け時期もあったことも伺わせる。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「アンジェリーナ・ジョリー」のニューストピックワード