92件中 41 - 50件表示
  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た

    幼少時からタトゥーに親しんでおり背中、、腕など、あらゆる箇所に彫り込んでいる。かつては左腕に元夫の名前を彫り込んでいたが離婚と同時にレーザーで消し、現在は子供達全員の出生地とその経度を彫り込んでいる。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た映画評論家

    しかし2000年、ヒロイン役として出演した『60セカンズ』が興行的に大成功を収めると、翌2001年に出演した人気テレビゲーム『トゥームレイダー』の実写化作品で、過酷なトレーニングで武道を習得した末に主人公のララ・クロフトを演じ、映画評論家から「ジョリーはクロフトを演じるために生まれてきた」と評されるなど絶賛を博し一躍世界的な人気を獲得した。その後、『Mr.&Mrs.スミス』で記録的な興行収入をあげるなど、30代前半にしてアメリカでもトップクラスのマネーメイキングスターとして活躍を続けている。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たスー族

    イロコイ族の母の影響でインディアンの文化を守る活動にも非常に熱心に参加している。自らも映画『ロード・トゥ・ヘブン(True Women)』でインディアン女性役を演じたほか、同じくインディアン・アーティストの活動を支援している。サンテ・スー族インディアンの活動家で詩人でもあるジョン・トラデル(John Trudell)のアルバム『Bone Days』のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめた。その後、母親の提案により2005年にはインディアンゆえの差別に苦しみ、その後活動家となりミュージシャンや詩人としても成功した彼の人生を描いたドキュメンタリー映画『Trudell』を製作した。この映画はサンダンス映画祭などにも出品され、高い評価を得た。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たカンボジア

    その活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した(入籍はしていない)。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、アンジェリーナの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たフランス

    その活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した(入籍はしていない)。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、アンジェリーナの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た

    幼少時からタトゥーに親しんでおり背中、腹、など、あらゆる箇所に彫り込んでいる。かつては左腕に元夫の名前を彫り込んでいたが離婚と同時にレーザーで消し、現在は子供達全員の出生地とその経度を彫り込んでいる。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たパキスタン

    2012年10月9日、パキスタンでターリバーンを批判し、女性の権利向上のために活動していた少女マララ・ユサフザイがターリバーンとみられる男たちによる銃撃(後にターリバーンが犯行声明を出した)で重傷を負うという事件をが起きると、10月18日、パキスタン、アフガニスタンの少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たドキュメンタリー映画

    イロコイ族の母の影響でインディアンの文化を守る活動にも非常に熱心に参加している。自らも映画『ロード・トゥ・ヘブン(True Women)』でインディアン女性役を演じたほか、同じくインディアン・アーティストの活動を支援している。サンテ・スー族インディアンの活動家で詩人でもあるジョン・トラデル(John Trudell)のアルバム『Bone Days』のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめた。その後、母親の提案により2005年にはインディアンゆえの差別に苦しみ、その後活動家となりミュージシャンや詩人としても成功した彼の人生を描いたドキュメンタリー映画『Trudell』を製作した。この映画はサンダンス映画祭などにも出品され、高い評価を得た。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たドイツ系アメリカ人

    カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族()の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン。生後間も無い1976年に両親が別居するとジョリーは兄弟と共にニューヨークへ移住。幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。1982年には父が主演した映画に出演し親子共演を果たした。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た歯列矯正

    ジョリーは10歳代から20歳代の初期にかけて自殺傾向のある鬱状態に悩まされた。彼女の母親の収入はつつましいものであったので、彼女は裕福な家庭からの学生の多いべバリーヒルズ高等学校の中で孤立したように感じ、さらに、ジョリーが極端に痩せていたことや、眼鏡、歯列矯正の器具などを着用していたことで他の生徒からからかわれるということもあった。彼女は他の人達と心を開いて付き合うことに困難を感じ、その結果、自傷行為を始めた。当時のことをジョリーは「ナイフで自分を傷付けると生きているという実感が沸き、開放感に満たされ、なぜか癒しのようにを感じるのです」と振り返っている。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「アンジェリーナ・ジョリー」のニューストピックワード