92件中 51 - 60件表示
  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た血液

    ナイフの収集を趣味としており、10代の頃、交際していた男性とナイフで傷付け合い快感を得ていた。その動機も、通常の性行為で飽き足らなかったために使用したナイフで偶然怪我をした瞬間に快感を覚えたとのことである。また、ソーントンとは互いに血液の入ったカプセルを持ち歩き、さらに女優・モデルのジェニー・シミズが1990年代初頭にジョリーと同性愛の関係にあったとインタビューで回答し世間を賑わせたが、度重なる不倫と浮気で父に苦心させられた経験から、最低限のルールとして自らは不倫も浮気も一切していないと公言していた(ブラッド・ピットとの不倫関係についても当時は否定していたが、現在はブラッドとの間が不倫関係から始まったことを認めており、「作品を通じて両親が出会うというのは子供たちにとってもとても感動的なこと」と述べている)。また、ブラッド・ピットが恋人になってからSMやレズビアンに走ることはなくなったと語る。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たカルト映画

    ジョリーは14歳で米国とヨーロッパを基点にファッションモデルを始めた。その一方で幾つかのミュージック・ビデオに出演。先述の通り16歳で演劇を再度学び始め、ドイツ人のミストレス役で舞台デビューを飾った。兄が製作した学生映画への出演を経て1993年、低予算ながら映画初出演を果たす。1995年、『サイバーネット』で映画初主演。興業収入こそ精彩を欠いたものの、ジョリーの存在感と演技は『ニューヨーク・タイムズ』において絶賛を博し、同作品はソフト化されてからカルト映画として再評価された。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た入れ墨

    幼少時からタトゥーに親しんでおり背中、腹、腕など、あらゆる箇所に彫り込んでいる。かつては左腕に元夫の名前を彫り込んでいたが離婚と同時にレーザーで消し、現在は子供達全員の出生地とその経度を彫り込んでいる。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たニューヨーク・タイムズ

    ジョリーは14歳で米国とヨーロッパを基点にファッションモデルを始めた。その一方で幾つかのミュージック・ビデオに出演。先述の通り16歳で演劇を再度学び始め、ドイツ人のミストレス役で舞台デビューを飾った。兄が製作した学生映画への出演を経て1993年、低予算ながら映画初出演を果たす。1995年、『サイバーネット』で映画初主演。興業収入こそ精彩を欠いたものの、ジョリーの存在感と演技は『ニューヨーク・タイムズ』において絶賛を博し、同作品はソフト化されてからカルト映画として再評価された。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たシリコン

    ジョリーの外見的特徴の一つであり、彼女をセックス・シンボルたらしめている豊かな唇は、シリコンなどで人工的に作られたという疑惑が度々浮上しているが、少女時代のスナップ写真が整形ではない証拠となっている。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たトゥームレイダー

    しかし2000年、ヒロイン役として出演した『60セカンズ』が興行的に大成功を収めると、翌2001年に出演した人気テレビゲーム『トゥームレイダー』の実写化作品で、過酷なトレーニングで武道を習得した末に主人公のララ・クロフトを演じ、映画評論家から「ジョリーはクロフトを演じるために生まれてきた」と評されるなど絶賛を博し一躍世界的な人気を獲得した。その後、『Mr.&Mrs.スミス』で記録的な興行収入をあげるなど、30代前半にしてアメリカでもトップクラスのマネーメイキングスターとして活躍を続けている。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たアフガニスタン

    2012年10月9日、パキスタンでターリバーンを批判し、女性の権利向上のために活動していた少女マララ・ユサフザイがターリバーンとみられる男たちによる銃撃(後にターリバーンが犯行声明を出した)で重傷を負うという事件をが起きると、10月18日、パキスタン、アフガニスタンの少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た17歳のカルテ

    その後も多数の作品でキャリアを重ね、次第に賞レースにもその名が挙げられるようになった。そしてジョリーの評価を決定付けたのは1998年放映のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』での演技である。エイズとドラッグにより短い生涯を終えた実在のモデル、ジア・キャランジを演じたジョリーはこの作品で数多くの賞とノミネートを受けた。さらに翌1999年の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞。実力派女優としての地位を確立したものの、時を同じくしてジョニー・リー・ミラーとの離婚を中心とした親族との不和が先行したきらいがあった。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たイロコイ連邦

    カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族()の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン。生後間も無い1976年に両親が別居するとジョリーは兄弟と共にニューヨークへ移住。幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。1982年には父が主演した映画に出演し親子共演を果たした。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たINTEGRATE

    INTEGRATE (資生堂、2007年9月 - )アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示