100件中 61 - 70件表示
  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たニース

    慈善活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、ジョリーの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たトゥームレイダー (映画)

    実父のジョン・ヴォイトとは長年に亘り不仲が続いた。これは度重なる不倫により敬愛する母を苦辛させたことからによる。その後、『トゥームレイダー』で父娘共演を果たすなど復縁も噂されたが2002年7月には本名のアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイト(Angelina Jolie Voight)から「ヴォイト」を除外する改名を裁判所に申請。ロサンゼルス上級裁判所の判決により承認され同年9月12日付で同一の本名となった。もっとも、脚本家の三宅隆太は第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査委員長として来日滞在したヴォイトが当時高校生であった娘を連れて来たのと交流を持った体験を著書(『スクリプトドクターの脚本教室・中級編』)に著しており、ある程度の雪解け時期もあったことも伺わせる。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たナミビア

    慈善活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、ジョリーの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た狂っちゃいないぜ

    その後『狂っちゃいないぜ』で共演したビリー・ボブ・ソーントンと2000年5月5日に結婚。しかし2002年にジョリーがカンボジアから男児マドックスを養子に迎えてまもなく破局し、2003年5月27日に離婚した。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たジーア/悲劇のスーパーモデル

    その後も多数の作品でキャリアを重ね、次第に賞レースにもその名が挙げられるようになった。そしてジョリーの評価を決定付けたのは1998年放映のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』での演技である。エイズとドラッグにより短い生涯を終えた実在のモデル、ジア・キャランジを演じたジョリーはこの作品で数多くの賞とノミネートを受けた。さらに翌1999年の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞。実力派女優としての地位を確立したものの、時を同じくしてジョニー・リー・ミラーとの離婚を中心とした親族との不和が先行したきらいがあった。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た全米映画俳優組合賞助演女優賞

    1999年度賞 助演女優賞『17歳のカルテ』アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見た第57回ベルリン国際映画祭

    2006年度第57回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (芸術貢献賞)『グッド・シェパード』(出演者たちの演技に対して)アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たスー族

    イロコイ族の母の影響でインディアンの文化を守る活動にも非常に熱心に参加している。自らも映画『ロード・トゥ・ヘブン(True Women)』でインディアン女性役を演じたほか、同じくインディアン・アーティストの活動を支援している。サンテ・スー族インディアンの活動家で詩人でもあるジョン・トルーデル(彼はミシェリーヌ・ベルトランの晩年のパートナーであった)のアルバム『Bone Days』のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめた。その後、母親の提案により2005年にはインディアンゆえの差別に苦しみ、その後活動家となりミュージシャンや詩人としても成功した彼の人生を描いたドキュメンタリー映画『Trudell』を製作した。この映画はサンダンス映画祭などにも出品され、高い評価を得た。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たカンボジア

    2000年の映画『トゥームレイダー』の撮影で、ロケ地のカンボジアを訪れたことをきっかけに、人道問題に興味を持つ。撮影が終わってから、UNHCRの職員とともに人道支援の現場に赴き、国際的支援を精力的に訴え、本格的に慈善活動を始めた。2001年UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に任命される。その後、40ヶ所以上の人道支援の現場に足を運び、避難民の現状を訴えてきた。2012年4月には、この熱心な活動が評価され、第10代国連難民高等弁務官であるアントニオ・グテーレスにUNHCRの特使に任命されている。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリーから見たフランス

    慈善活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、ジョリーの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。アンジェリーナ・ジョリー フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「アンジェリーナ・ジョリー」のニューストピックワード