98件中 51 - 60件表示
  • 蒼の時

    蒼の時から見たアンダーグラフアンダーグラフ

    「蒼の時」(あおのとき)は、アンダーグラフの2枚目となるミニアルバム。蒼の時 フレッシュアイペディアより)

  • 枚方市立第二中学校

    枚方市立第二中学校から見たアンダーグラフアンダーグラフ

    アンダーグラフの真戸原直人と阿佐亮介。枚方市立第二中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上原隆のオールナイトニッポン サポーターズ

    上原隆のオールナイトニッポン サポーターズから見たアンダーグラフアンダーグラフ

    真面目過ぎる君へ / アンダーグラフ (4:32)上原隆のオールナイトニッポン サポーターズ フレッシュアイペディアより)

  • NIGHT HEAD GENESIS

    NIGHT HEAD GENESISから見たアンダーグラフアンダーグラフ

    作詞・作曲 - 真戸原直人 / 編曲 - アンダーグラフ、島田昌典 / 歌 - アンダーグラフNIGHT HEAD GENESIS フレッシュアイペディアより)

  • 本谷有希子のオールナイトニッポン

    本谷有希子のオールナイトニッポンから見たアンダーグラフアンダーグラフ

    エンディング曲は、アンダーグラフの「君の声」。このため、アンダーグラフが新曲を出す前頃には必ずその新曲をかけていた。「パラダイム」「遠き日」「真面目過ぎる君へ」がそれである。本谷有希子のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 増田玄樹

    増田玄樹から見た真戸原直人アンダーグラフ

    同年、ミャンマーにてドキュメンタリー撮影。撮影隊として同行した真戸原直人の撮影他、現地の母親、子供の写真などを撮影する。増田玄樹 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城育郎

    葛城育郎から見たアンダーグラフアンダーグラフ

    アンダーグラフの真戸原直人が前年秋のツアーで「葛城の応援をしている」と語ったのをきっかけに、テーマソングをアンダーグラフの「9」にした。同じ左打ちの外野手である林が肩を手術した影響で開幕に間に合わなかったこともあり、前年に引き続き開幕一軍入り。シーズン当初はFAで加入した新井貴浩が一塁手、新外国人のルー・フォードが右翼手としてスタメン起用されて葛城はベンチスタートだったが、フォードの不振により5番右翼手として林が復帰するまで積極的にスタメン起用された。林の復帰以降は再び控えに戻ったが、夏場に新井が怪我や五輪で離脱した際には前年同様に高橋との併用で一塁を守った。代打での打率は.368を記録し、守備面でも準レギュラーとして外野手と一塁手を兼任して1失策と安定したプレーが見られた。葛城育郎 フレッシュアイペディアより)

  • 夕涼みコンサート

    夕涼みコンサートから見たアンダーグラフアンダーグラフ

    8月6日:アンダーグラフ、熊谷育美、近藤夏子、植村花菜、高橋優、Rake夕涼みコンサート フレッシュアイペディアより)

  • UNDER GRAPH (アルバム)

    UNDER GRAPH (アルバム)から見たアンダーグラフアンダーグラフ

    「UNDER GRAPH」(アンダーグラフ)は、アンダーグラフの自身初となるベストアルバム。UNDER GRAPH (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 呼吸する時間

    呼吸する時間から見たアンダーグラフアンダーグラフ

    『呼吸する時間』(こきゅうするじかん)は2008年1月9日にリリースされたアンダーグラフのサードアルバムである。呼吸する時間 フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示

「アンダーグラフ」のニューストピックワード