40件中 11 - 20件表示
  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    は6月にメジャー昇格。ダグ・ミントケイビッチらと一塁のポジションを争い、打率3割前後をキープしていたが、9月2日の対タンパベイ・デビルレイズ戦でジェイソン・ハメルから死球を受け右手首を負傷。全治4?6週間と診断されそのままシーズンを終えた。シーズン後の12月3日に戦力外となり、FAとなった。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    1月13日、東北楽天ゴールデンイーグルスが1年契約、総額5000万円で契約したと発表した。交流戦での古巣・広島戦において、5月14日の試合では2本の2点適時打で4打点、翌15日には先制ソロに加え延長戦で決勝適時打を放ち、この2試合で9打数5安打の打率.556、1本塁打6打点と大活躍し、古巣を見返す働きを示した。しかし、開幕から打撃不振に陥ったため、5月25日に1軍登録抹消された。10月27日に藪恵壹、トッド・リンデン、宮出隆自らと共に来季の契約を結ばないことが発表された。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツ傘下の3Aインディアナポリス、シカゴ・ホワイトソックス傘下の3Aシャーロットでプレーしたが、6月15日にFAとなった。6月26日、広島東洋カープが獲得を発表。6月30日、対巨人戦にて3番・左翼手で来日初出場、同日に来日初本塁打を記録した。15本塁打を放ったものの、オフに自由契約となる。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たニューヨーク・メッツ

    1月4日にシンシナティ・レッズとマイナー契約。5月28日にメジャー昇格を果たし主に代打で出場していたが、故障者リスト入りしていたジェフ・ケッピンジャーが復帰したため6月22日に戦力外となり、3日後にニューヨーク・メッツと契約。メッツで4試合に出場後、再び戦力外となり、7月3日にレッズと再契約した。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たシンシナティ・レッズ

    1月4日にシンシナティ・レッズとマイナー契約。5月28日にメジャー昇格を果たし主に代打で出場していたが、故障者リスト入りしていたジェフ・ケッピンジャーが復帰したため6月22日に戦力外となり、3日後にニューヨーク・メッツと契約。メッツで4試合に出場後、再び戦力外となり、7月3日にレッズと再契約した。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たシカゴ・ホワイトソックス

    はピッツバーグ・パイレーツ傘下の3Aインディアナポリス、シカゴ・ホワイトソックス傘下の3Aシャーロットでプレーしたが、6月15日にFAとなった。6月26日、広島東洋カープが獲得を発表。6月30日、対巨人戦にて3番・左翼手で来日初出場、同日に来日初本塁打を記録した。15本塁打を放ったものの、オフに自由契約となる。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    9月14日、対カンザスシティ・ロイヤルズ戦の9回表に代走でメジャーデビュー。9月26日、フェンウェイ・パークで行われた対ボストン・レッドソックス戦の8回表に代打で出場し、メジャー初打席でグリーンモンスターを越える2ラン本塁打を打った。メジャー史上21人目の初打席初球本塁打だった。はジェイソン・ジアンビら主力選手の故障で出場機会が大幅に増え、主に一塁手で110試合に出場。6月にはチーム最高の月間打率.333を記録。二塁や三塁も守り、ユーティリティープレイヤーとして活躍した。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見た広島東洋カープ

    はピッツバーグ・パイレーツ傘下の3Aインディアナポリス、シカゴ・ホワイトソックス傘下の3Aシャーロットでプレーしたが、6月15日にFAとなった。6月26日、広島東洋カープが獲得を発表。6月30日、対巨人戦にて3番・左翼手で来日初出場、同日に来日初本塁打を記録した。15本塁打を放ったものの、オフに自由契約となる。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見たボストン・レッドソックス

    9月14日、対カンザスシティ・ロイヤルズ戦の9回表に代走でメジャーデビュー。9月26日、フェンウェイ・パークで行われた対ボストン・レッドソックス戦の8回表に代打で出場し、メジャー初打席でグリーンモンスターを越える2ラン本塁打を打った。メジャー史上21人目の初打席初球本塁打だった。はジェイソン・ジアンビら主力選手の故障で出場機会が大幅に増え、主に一塁手で110試合に出場。6月にはチーム最高の月間打率.333を記録。二塁や三塁も守り、ユーティリティープレイヤーとして活躍した。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・フィリップス

    アンディ・フィリップスから見た故障者リスト

    1月4日にシンシナティ・レッズとマイナー契約。5月28日にメジャー昇格を果たし主に代打で出場していたが、故障者リスト入りしていたジェフ・ケッピンジャーが復帰したため6月22日に戦力外となり、3日後にニューヨーク・メッツと契約。メッツで4試合に出場後、再び戦力外となり、7月3日にレッズと再契約した。アンディ・フィリップス フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示