アンディ・ロディック ニュース&Wiki etc.

アンディ・ロディック(Andy Roddick, 1982年8月30日 - )は、アメリカ・ネブラスカ州オマハ出身の男子プロテニス選手。2003年の全米オープン男子シングルス優勝者である。ATPツアーでシングルス32勝、ダブルス4勝を挙げた。身長188cm、体重88kg。フルネームは Andrew Stephen Rod… (出典:Wikipedia)

「アンディ・ロディック」Q&A

  • Q&A

    近年、男子プロテニスでアメリカとドイツの選手が上位にランクインしている選手がいないの…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月1日 09:12

  • Q&A

    アンディ・ロディックは実際何と言った? 錦織圭選手にアンディロディックが 人種差別発…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月14日 11:12

  • Q&A

    サーブが一番すごいのは? イスナ― サンプラス ゴラン イバニソビッチ アンディロ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年3月1日 21:34

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アンディ・ロディック」のつながり調べ

  • 2000年全豪オープン

    2000年全豪オープンから見たアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック def. マリオ・アンチッチ, 7?6(2), 6?3(2000年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • ピート・サンプラス

    ピート・サンプラスから見たアンディ・ロディック

    彼には貧血症の持病があり、それに伴って30歳頃からは体力が急激に低下していった。2000年全米オープン決勝戦でマラト・サフィンに 4-6, 3-6, 3-6 で完敗して“サンプラスの決勝不敗神話”が崩れた試合や、2001年ウィンブルドン4回戦でロジャー・フェデラーに 6-7, 7-5, 4-6, 7-6, 5-7 (試合時間:3時間41分)で敗れた試合が、サンプラス時代の終焉を印象づけることになる(1993年から2000年までの8年間で、サンプラスがウィンブルドン優勝を逃したのは、リカルド・クライチェクに準々決勝で敗退した1996年だけであった)。さらに2001年全米オープン決勝戦でもレイトン・ヒューイットに 6?7, 1?6, 1?6で完敗し、この年は1992年以来の4大大会無冠に終わる。アメリカの後輩としてアンディ・ロディックも台頭していたが、対するサンプラスは2年以上にわたり男子ツアーのタイトルから遠ざかっていた。しかし2002年全米オープンで、長年のライバルであり続けたアンドレ・アガシを決勝で破り、31歳にして6年ぶり5度目の全米優勝を果たす。こうしてサンプラスは2000年ウィンブルドン以来の優勝を飾り、彼の4大大会優勝回数は「14勝」となった。4大大会決勝戦進出はキャリア通算で男子歴代3位の「18度」となり、「14勝4敗」で終わった。その後は試合に全く出場せず、2003年全米オープン開催中に正式に引退を表明した。大会開幕日の8月25日、コート上でサンプラスの引退式典が行われた。(ピート・サンプラス フレッシュアイペディアより)

「アンディ・ロディック」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード