前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    男子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第2シードラファエル・ナダルが前年度ジュニアシングルス部門準優勝者のジャンニ・ミナをストレートで順当に下した他、フェルナンド・ベルダスコ、フアン・カルロス・フェレーロ、ダビド・フェレール、フィリップ・コールシュライバー、ユルゲン・メルツァー、レイトン・ヒューイット、アンディ・ロディックらが順当に勝ち上がったが、第18シードのサム・クエリーがロビー・ジネプリに、第26シードのフアン・モナコが予選から勝ち上がってきたグレガ・ゼミヤに敗れる波乱がった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • マーディ・フィッシュ

    マーディ・フィッシュから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    フィッシュの父親はテニスのティーチング・プロ(プロ選手の資格があるコーチ)で、彼の家族はマーディが4歳の時にミネソタ州からフロリダ州ベロビーチに引っ越した。フィッシュは1999年、1年間アンディ・ロディックの家に同居したことがあり、2人は同じ高校のクラブで一緒に練習した間柄になる。2000年にプロ入り。2002年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表選手になる。2003年度の男子ツアーで3大会に準優勝した後、同年10月中旬のスウェーデン・ストックホルム大会でツアー初優勝を果たす。2004年のアテネ五輪で、マーディ・フィッシュは男子シングルスの銀メダルを獲得した。準決勝でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスを 3-6, 6-3, 6-4 の逆転で破ったフィッシュは、金メダルをかけた決勝戦でゴンサレスと同じチリ代表のニコラス・マスーに 3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 4-6 で敗れた。マーディ・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2004年、昨年4回戦で終わっていた全豪オープンに初めて決勝まで勝ち上がり、マラト・サフィンを破って初優勝を果たす。その後、2月2日から世界ランキング1位の座に就くと、全仏オープンは3回戦敗退に終わるも、ウィンブルドン決勝でアンディ・ロディックを破って選手権2連覇を、全米オープン決勝でレイトン・ヒューイットを破って大会初優勝を果たし、1988年のマッツ・ビランデル以来16年ぶりの4大大会年間3冠という偉業を達成する。この年のフェデラーは非常に好調で、四大大会に次ぐトーナメント群であるマスターズ・シリーズで3大会、更にマスターズ・カップでも昨年に続く優勝を飾り、ランキング・トップ10同士の対戦で無敗を誇った。成績は 11大会優勝、74勝6敗(勝率92.5%)を記録。年間勝率の9割達成は1989年のイワン・レンドル以来15年ぶりの快挙であった。2004年のアテネ五輪開会式でスイス選手団の旗手を務めたが、テニス競技ではシングルス2回戦でチェコ代表のトマーシュ・ベルディハに 6-4, 5-7, 5-7 で敗れている。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ウィンブルドン以後、彼の名前はスウェーデン語読みにより近い「ロビン・セーデリング」と表記されるようになる。ここでは4回戦でフェデラーと顔を合わせ、4-6, 6-7(5), 6-7(5) のストレートで敗れた。この後、彼は7月にスウェーデン・バスタッド大会の決勝でフアン・モナコ(アルゼンチン)を 6-3, 7-6(4) で破り、ツアー4勝目を獲得した。2009年は前半の10大会でわずか9勝しかあげられなかったが、全仏オープン以降は地元スウェーデンの大会で優勝するなど40勝10敗と驚異的なペースで勝ち星を重ね、ランキングを9位まで上げる。アンディ・ロディックが負傷により辞退したために、その年のランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルにも繰り上がりで出場する。大会では最下位シードながらもナダル、ジョコビッチをストレートで破り、グループBを1位で通過する。準決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロに逆転で敗れた。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • ジレ・ミュラー

    ジレ・ミュラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2005年度の4大大会で、ジレ・ミュラーは立て続けに番狂わせを起こす。ウィンブルドンの2回戦では、先の全仏オープンで優勝したばかりのラファエル・ナダルを 6-4, 4-6, 6-3, 6-4 で破り、全米オープンでは1回戦で地元アメリカのエース、アンディ・ロディックに 7-6, 7-6, 7-6(3セット連続でミュラーがタイブレークを取った)で勝った。ウィンブルドンの終了後、7月下旬にアメリカ・ロサンゼルス大会で2度目のツアー決勝進出を果たしたが、アンドレ・アガシに敗れている。ジレ・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・イスナー

    ジョン・イスナーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    イスナーは父親が建築家、母親は不動産業者という家庭に生まれ、9歳からテニスを始めた。少年時代はその長身を生かしてバスケットボールもプレーしたが、16歳でテニスに専念する。彼は2004年から2007年までジョージア大学の学生テニス選手として活動し、2007年のNCAAテニス選手権でシングルス準優勝・ダブルス優勝を成し遂げた後にプロ選手となった。同年7月の「レッグ・メイソン・テニス・クラシック」(アメリカ・ワシントンD.C.開催)で決勝に進み、同じアメリカのアンディ・ロディックに 4-6, 6-7(4-7) で敗れて準優勝になる。8月末の全米オープンで、イスナーは主催者推薦(ワイルドカード)から3回戦に進出し、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)から第1セットのタイブレークを奪取した。この試合には 7-6(7-4), 2-6, 4-6, 2-6 で敗れたものの、イスナーはアメリカ期待の新星として一躍有名になった。彼の身長(206cm)は、現在のATPツアーではイボ・カロビッチ(クロアチア)の208cmに次ぐ2番目の長身である。ジョン・イスナー フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2005年にニコライ・ダビデンコは世界のトップ選手へと躍進し、全豪オープンで初めて準々決勝に進出した(アンディ・ロディックに敗退)。そして全仏オープンで、ダビデンコは準決勝に駒を進めたが、アルゼンチンのマリアノ・プエルタに 3-6, 7-5, 6-2, 4-6, 4-6 のフルセットで敗れ、決勝進出を逃した。同年末に、世界ランキング8位以内の選手しか出場できない男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初めて出場資格を獲得し、アルゼンチンのダビド・ナルバンディアンとの準決勝まで勝ち進んだ。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マレー

    アンディ・マレーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年2月13日、アンディ・マレーはアメリカ・カリフォルニア州サンホセ大会の決勝でレイトン・ヒューイットを 2-6, 6-1, 7-6 で破り、18歳9ヶ月でツアー初優勝を果たす。4大大会でも、2度目のウィンブルドンでは3回戦でアンディ・ロディックとの“アンディ対決”を 7-6, 6-4, 6-4 で制してさらに評価を高めたが、4回戦でキプロスのマルコス・バグダティスに 3-6, 4-6, 6-7 のストレートで敗れた。全米オープンで第17シードを得たマレーは、ニコライ・ダビデンコ(ロシア)との4回戦まで勝ち進み、一気に世界ランキング16位まで上昇した。アンディ・マレー フレッシュアイペディアより)

  • バボラ

    バボラから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ラケットについてはアンディ・ロディック選手が使用しているピュアドライブや、ラファエル・ナダル選手が使用しているアエロプロドライブなどが有名。バボラ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2007年に入り、ノバクは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったラファエル・ナダルに 5-7, 4-6, 2-6 で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。8月第3週のカナダ・マスターズの準々決勝で当時世界ランキング3位のアンディ・ロディック、準決勝で同2位のラファエル・ナダル、決勝で同1位のロジャー・フェデラーを倒し、ATPマスターズシリーズ2勝目を挙げ、シングルス・ランキングで3位に上昇した。全米オープンで初めて4大大会決勝に進出したが、フェデラーに 6-7(4-7), 6-7(2-7), 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わった。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード