70件中 21 - 30件表示
  • 2006年全米オープン (テニス)

    2006年全米オープン (テニス)から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ロジャー・フェデラー def. アンディ・ロディック, 6?2, 4?6, 7?5, 6?12006年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ウィンブルドン選手権

    2009年ウィンブルドン選手権から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ロジャー・フェデラー def. アンディ・ロディック, 5?7, 7?6(6), 7?6(5), 3?6, 16?142009年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アカスソ

    ホセ・アカスソから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アカスソは祖父が経営するテニスクラブで、2歳の時からテニスを始めた。少年時代はテニスとバスケットボールをプレーしていたが、12歳の時にテニスへの専念を決意する。1999年に17歳でプロ入り。2002年7月、ポーランド・ソポト大会の決勝でフランコ・スキラーリ(同じアルゼンチンの選手)を 2-6, 6-1, 6-3 で破り、ツアー初優勝を果たす。2004年にシングルス・ダブルスで1勝ずつを獲得。2005年の全仏オープンで、アカスソは男子シングルス4回戦に進出し、ここで4大大会の自己最高成績を出した。2回戦で第3シードのアンディ・ロディックを 3-6, 4-6, 6-4, 6-3, 8-6 の大逆転で破った。4回戦では同じアルゼンチンのマリアノ・プエルタに 4-6, 1-6, 1-6 のストレートで完敗した。この年はダブルスでセバスチャン・プリエト(彼もアルゼンチンの選手)と組んだ優勝が2つある。ホセ・アカスソ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年全仏オープン男子シングルス

    2006年全仏オープン男子シングルスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック (1回戦, 途中棄権)2006年全仏オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2012年全豪オープン男子シングルス

    2012年全豪オープン男子シングルスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック (2回戦, 途中棄権)2012年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    男子シングルス1回戦では、第1シードのロジャー・フェデラーの他、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・ロディック、ニコライ・ダビデンコら上位シード勢は順当に勝ち上がったが、第11シードのマリン・チリッチがフロリアン・マイヤーに、第17シードイワン・リュビチッチがミハル・プルジシエツニに、第22シードのスタニスラス・ワウリンカがデニス・イストミンに、第30シードのトミー・ロブレドがピーター・ルクザックにそれぞれ敗れる波乱があった。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ベライゾン・テニスチャレンジ

    2001年ベライゾン・テニスチャレンジから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック def. グザビエ・マリス 6-2, 6-42001年ベライゾン・テニスチャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ウィンブルドン選手権

    2004年ウィンブルドン選手権から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ロジャー・フェデラー def. アンディ・ロディック, 4?6, 7?5, 7?6(3), 6?42004年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • イワン・リュビチッチ

    イワン・リュビチッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年3月のBNPパリバ・オープンでは、準決勝でラファエル・ナダル(スペイン)を 3-6, 6-4, 7-6、決勝でアンディ・ロディック(アメリカ)を 7?6(3), 7?6(5) で破り初のマスターズ1000のタイトルを獲得。通算シングルス10勝目となりこの優勝が最後の優勝となった。イワン・リュビチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ティムラズ・ガバシュビリ

    ティムラズ・ガバシュビリから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年は予選を勝ち上がった全仏オープンで好成績を残し、3回戦で第6シード、当時世界ランク8位のアンディ・ロディックを6?4, 6?4, 6?2のストレートで下す番狂わせを起こし4回戦に進出。4回戦ではユルゲン・メルツァーに6?7(6), 6-4, 1-6, 4-6のスコアで敗れたものの、自身初のトップ10選手からの勝利とグランドスラム大会4回戦進出を果たした。8月にはパイロット・ペン・テニスで予選を勝ち上がり、2回戦で第11シードのグザビエ・マリスを第1セット4-2とした所でマリスの途中棄権で、3回戦で第5シードのアンドレイ・ゴルベフ(カザフスタン)を6-3, 3-6, 7-6(7)のフルセットでそれぞれ下し、第15シードのデニス・イストミンとの準々決勝まで進出。準々決勝では1-6, 6-3, 6-7(8)のフルセットで惜敗したが、シーズン初のツアーベスト8進出を果たした。ティムラズ・ガバシュビリ フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード