89件中 31 - 40件表示
  • 2000年全仏オープン

    2000年全仏オープンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    マルク・ロペス / トミー・ロブレド def. ヨアキム・ヨハンソン / アンディ・ロディック, 7?6(2), 6?02000年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ギルバート

    ブラッド・ギルバートから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ブラッド・ギルバートは自らがまだ現役選手だった1994年から、アンドレ・アガシのコーチに就任した。ギルバートに師事し始めた年、アガシは全米オープンで初優勝を飾り、1995年に初めて世界ランキング1位になる。ギルバートはアガシのコーチに専念するため、1995年3月の「リプトン国際選手権」1回戦敗退を最後に、自らのシングルス経歴に終止符を打った。その後、アガシのテニス経歴には大きな起伏があったが、その間ずっと彼を支え続けたのがギルバートだった。2002年初頭にアガシとのコーチ契約を解消した後は、アンディ・ロディックやアンディ・マレーを教えたこともある。2011年から、錦織圭のトラベリング・コーチに就任し、15トーナメントに同行する。ブラッド・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2016年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ラオニッチはカナダ人初となる男子シングルスグランドスラム決勝進出となった。また2009年アンディ・ロディック以来の非ヨーロッパ人によるウィンブルドン決勝進出・北アメリカ人男子4大大会決勝進出ともなった。2016年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・アンドレエフ

    イーゴリ・アンドレエフから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    イーゴリ・アンドレエフは2005年4月、バレンシア・オープン決勝でダビド・フェレールを破り、男子ツアーのシングルスで初優勝を飾った。この年は男子ツアーでシングルス年間3勝を挙げ、2006年4月3日付で世界ランキングの自己最高位24位をマークした。しかし、2006年4月28日にアンドレエフは左膝軟骨損傷修復のための手術を受け、半年間の戦線離脱を余儀なくされた。その間に世界ランキングも降下し、2007年全仏オープンを迎えた時は125位まで落ちていた。この大会で、アンドレエフは4大大会男子シングルスで初めての好成績を出した。1回戦で第3シードのアンディ・ロディックを3-6, 6-4, 6-3, 6-4で破って波に乗り、4回戦でマルコス・バグダティスを破った。初めての準々決勝では、第6シードのノバク・ジョコビッチに3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れた。(この大会では、アメリカの男子選手9名がすべて1回戦敗退に終わったが、これはテニス4大大会史上40年ぶりの珍事と言われた。)イーゴリ・アンドレエフ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後もナルバンディアンは順調に成績を伸ばした。2003年全米オープンでベスト4に入り、準決勝で地元アメリカのアンディ・ロディックに7-6, 6-3, 6-7, 1-6, 3-6で逆転負けした。2004年全仏オープンでも準決勝進出を果たすが、同じアルゼンチンのガストン・ガウディオに3-6, 6-7, 0-6のストレートで完敗した。2006年全豪オープンでベスト4に進出し、ナルバンディアンはすべての4大大会でベスト4進出果たしたが、準決勝でマルコス・バグダティスに6-3, 7-5, 3-6, 4-6, 4-6の逆転で敗れてしまう。同年に全仏オープンでも2年ぶり2度目のベスト4に進出したが、フェデラーとの対戦中に6-3, 4-6, 2-5で棄権した。2003年全米オープンと2006年全豪オープンでは、2セット・アップ(先に自分が2セットを取った状態)から相手に3セットを奪い返されての逆転負けになっている。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アカスソ

    ホセ・アカスソから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アカスソは祖父が経営するテニスクラブで、2歳の時からテニスを始めた。少年時代はテニスとバスケットボールをプレーしていたが、12歳の時にテニスへの専念を決意する。1999年に17歳でプロ入り。2002年7月、オレンジ・ワルシャワ・オープン決勝で同じアルゼンチンのフランコ・スキラーリを2-6, 6-1, 6-3で破り、ツアー初優勝を果たす。2004年にシングルス・ダブルスで1勝ずつを獲得。2005年全仏オープン男子シングルスでアカスソは4回戦に進出し、ここで4大大会の自己最高成績を出した。2回戦で第3シードのアンディ・ロディックを3-6, 4-6, 6-4, 6-3, 8-6の大逆転で破った。4回戦では同じアルゼンチンのマリアノ・プエルタに4-6, 1-6, 1-6のストレートで完敗した。この年はダブルスで同じアルゼンチンのセバスティアン・プリエトと組んだ優勝が2つある。ホセ・アカスソ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアキム・ヨハンソン

    ヨアキム・ヨハンソンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2004年、ヨアキムは男子ツアーで目覚ましい躍進を見せ、2月中旬の全米国際インドアテニス選手権決勝でニコラス・キーファーを破り、ツアー初優勝を果たした。その後2004年ウィンブルドン選手権男子シングルスで初の4回戦に勝ち進み、アテネ五輪にもスウェーデン代表として出場する。オリンピックでは、シングルス2回戦でイワン・リュビチッチに敗れた。2004年全米オープンでは第28シードとして出場・躍進し、準々決勝で前年度優勝者のアンディ・ロディックを6-4, 6-4, 3-6, 2-6, 6-4で破り、ロディックの全米連覇を阻止する勝利を挙げた。続く準決勝ではレイトン・ヒューイットに4-6, 5-7, 3-6で敗れた。こうして、ヨアキムは1年間で世界ランキングを95位から11位に上げ、ATP最も上達した選手賞を受賞した。ヨアキム・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • マラト・サフィン

    マラト・サフィンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2004年全豪オープンではノーシードからトッド・マーティン、ジェームズ・ブレークといった実力者を下し、準々決勝では当時世界ランク1位のアンディ・ロディックを2-6, 6-3, 7-5, 6-7, 6-4で、準決勝ではアンドレ・アガシを7-6, 7-6, 5-7, 1-6, 6-3で破り、2年ぶり2度目の全豪決勝に勝ち進んだ。決勝ではフェデラーの前に敗れるが、前年のブランクからの完全復活を強く印象づけた。またATPマスターズシリーズの1つであるパリ・マスターズでラデク・ステパネクを破り、大会最多タイとなる3度目の優勝を飾っている。マラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ヨハンソン

    トーマス・ヨハンソンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後、ヨハンソンは膝の手術で2003年のシーズンを棒に振ってしまう。2005年ウィンブルドン選手権において、ヨハンソンはダビド・ナルバンディアンを準々決勝で破り、30歳にして初めてベスト4進出を果たす。その準決勝では、第2シードのアンディ・ロディックに7-6, 2-6, 6-7, 6-7で敗れた。スウェーデン人選手のウィンブルドン男子シングルスベスト4入りも、1993年のステファン・エドベリ以来12年ぶりの快挙であった。トーマス・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • ブルックリン・デッカー

    ブルックリン・デッカーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2009年4月17日に、2007年秋以降交際を続けていたプロテニスプレーヤーのアンディ・ロディックと結婚した。ブルックリン・デッカー フレッシュアイペディアより)

89件中 31 - 40件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード