70件中 31 - 40件表示
  • ベンヤミン・ベッカー

    ベンヤミン・ベッカーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年のウィンブルドンで、ベッカーは初めて4大大会の予選会を通過した。初めての本戦では1回戦でフアン・イグナシオ・チェラ(アルゼンチン)を破った後、2回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に破れた。同年の全米オープンでは、1回戦でフィリッポ・ボランドリ(イタリア)、2回戦でセバスチャン・グロジャン(フランス)を破って勝ち進む。3回戦の対戦相手は、この大会が現役最後であると表明していたアンドレ・アガシに決まった。アガシは1986年から「21年連続」で全米オープンに連続出場を続け、1999年に男子テニス史上5人目の「キャリア・グランドスラム」を達成した名選手である。当時まだ無名選手だったベッカーは、36歳のベテラン選手に 7-5, 6-7, 6-4, 7-5 で勝利を収めた。その後4回戦でアンディ・ロディックに敗退する。全米オープンの1ヶ月後、彼はジャパン・オープンで初来日し、ロジャー・フェデラーとの準決勝まで勝ち進んだ。これらの活躍により、ベッカーのランキングは2006年初頭の421位から、11月には62位まで上昇した。彼はこの年に男子プロテニス協会の「最優秀新人賞」(Newcomer of the Year)を受賞した。ベンヤミン・ベッカー フレッシュアイペディアより)

  • ドゥディ・セラ

    ドゥディ・セラから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2008年9月第3週のチャイナ・オープンで、セラは初めての男子ツアー大会決勝進出を果たす。この決勝戦ではアンディ・ロディックに 4-6, 7-6(6), 3-6 で敗れ、ツアー初優勝を逃した。2009年全豪オープンで初の3回戦進出を決め、前年度準優勝者のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に 4-6, 2-6, 6-1, 1-6 で敗れた。全仏オープン終了後に世界トップ50入り。ウィンブルドンにて、彼はイスラエルの男子選手として1989年のアモス・マンスドルフ以来20年ぶり、史上2人目となる4回戦進出を成し遂げたが、第4シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 2-6, 4-6, 1-6 のストレートで完敗した。ドゥディ・セラ フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ベルッチ

    トマス・ベルッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全豪オープンは2回戦アンディ・ロディックに敗れたが、2月のモビスター・オープンで決勝に進出しフアン・モナコを 6?2, 0?6, 6?4 で破りツアー2勝目を挙げる。第24シードに選ばれた全仏オープンでは3回戦で第14シードのイワン・リュビチッチに 7-6(4), 6-2, 6-4 で勝利し初めて4大大会の4回戦に進出した。4回戦では優勝したラファエル・ナダルに 2-6, 5-7, 4-6 で敗れた。2010年7月26日付けのランキングで自己最高の21位を記録した。トマス・ベルッチ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • ラデク・ステパネク

    ラデク・ステパネクから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2008年の主な成績は、全仏オープンで初めての4回戦進出があった。デビスカップでも、チェコ・チームはワールドグループ準々決勝まで勝ち進み、ステパネクもワールドグループ1回戦・準々決勝の両方に起用された。11月に上海で行われた男子ツアー年間最終戦・テニス・マスターズ・カップでは、故障で途中棄権をしたアンディ・ロディックの代役として急遽出場している。ラデク・ステパネク フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ベルダスコ

    フェルナンド・ベルダスコから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年も好調を維持し続け、SAPオープンでアンディ・ロディック(アメリカ)を3-6, 6-4, 6-4で勝利し、バルセロナ大会でも前年度全仏オープン準優勝者ロビン・セーデリング(スウェーデン)を6-3, 4-6, 6-3で破って、2勝を挙げている。フェルナンド・ベルダスコ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年全米オープン (テニス)

    2000年全米オープン (テニス)から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック def. ロビー・ジネプリ, 6?1, 6?32000年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・クリザン

    マルティン・クリザンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    クリザンは2012年に躍進した。チャレンジャー大会で4勝を挙げ、ロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは1回戦でアメリカのアンディ・ロディックにルカシュ・ラツコと組んだダブルスでも1回戦でセルビアのヤンコ・ティプサレビッチ&ネナド・ジモニッチ組に敗れた。マルティン・クリザン フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ロブレド

    トミー・ロブレドから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    5歳からテニスを始める。ジュニア時代には、1998年の「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の16歳以下の部門で優勝し、2000年には全仏オープンの男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年の全豪オープンで4大大会にデビューし、同年の全仏オープンでいきなりエフゲニー・カフェルニコフとの4回戦まで進出した。この年は全米オープンでもアンディ・ロディックとの4回戦に進出し、年間最終ランキングで30位以内に入った。トミー・ロブレド フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラス・ワウリンカ

    スタニスラス・ワウリンカから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2011年は開幕戦のチェンナイ・オープンでグザビエ・マリスを 7?5, 4?6, 6?1 で勝利してツアー3勝目を挙げた。全豪オープンでは、4回戦でアンディ・ロディックを 6-3, 6-4, 6-4 で破り全米に続きベスト8に進出。準々決勝では先輩のロジャー・フェデラーに 1-6, 3-6, 3-6 で敗れた。スタニスラス・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード