89件中 41 - 50件表示
  • フアン・カルロス・フェレーロ

    フアン・カルロス・フェレーロから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2003年全仏オープンで、フェレーロは2年連続2度目の決勝進出で悲願の初優勝を達成した。この時は準々決勝でジュニア時代からのライバルだったフェルナンド・ゴンサレスを6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4とフルセットの末に破り、その後準決勝でコスタを6-3, 全米オープンでもレイトン・ヒューイット、アガシら過去の全米優勝者を撃破して決勝に進出したが、地元アメリカの新星アンディ・ロディックに3-6, 6-7, 3-6で敗れて準優勝に終わった。全米オープン終了後、フェレーロは初めて世界ランキング1位になった。フアン・カルロス・フェレーロ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    男子シングルス1回戦では、第1シードのロジャー・フェデラーの他、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・ロディック、ニコライ・ダビデンコら上位シード勢は順当に勝ち上がったが、第11シードのマリン・チリッチがフロリアン・マイヤーに、第17シードイワン・リュビチッチがミハル・プルジシエツニに、第22シードのスタニスラス・ワウリンカがデニス・イストミンに、第30シードのトミー・ロブレドがピーター・ルクザックにそれぞれ敗れる波乱があった。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ロブレド

    トミー・ロブレドから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    5歳からテニスを始める。ジュニア時代には、1998年の「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の16歳以下の部門で優勝し、2000年全仏オープンの男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年全豪オープンで4大大会にデビューし、同年の全仏オープンでいきなりエフゲニー・カフェルニコフとの4回戦まで進出した。この年は全米オープンでもアンディ・ロディックとの4回戦に進出し、年間最終ランキングで30位以内に入った。トミー・ロブレド フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ハーセ

    ロビン・ハーセから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2011年全豪オープンでは2回戦でフアン・モナコを6-4, 6-4, 3-6, 6-2で破り初めて3回戦に進出した。3回戦ではアンディ・ロディックに6-2, 6-7(2), 2-6, 2-6で敗れた。ウィンブルドン選手権でも3回戦に進出した。8月のオーストリア・オープンでツアー初の決勝に進出しアルベルト・モンタニェスを6?4, 4?6, 6?1で破りツアー初優勝を果たした。翌年の同大会でも決勝でフィリップ・コールシュライバーを6?7(2), 6?3, 6?2で破り連覇を果たした。ロビン・ハーセ フレッシュアイペディアより)

  • 盧彦勳

    盧彦勳から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年ウィンブルドンでは4回戦でアンディ・ロディックを4-6, 7-6(3), 7-6(4), 6-7(5), 9-7で破り、台湾人初のベスト8進出を果たした。準々決勝ではノバク・ジョコビッチに3-6, 2-6, 2-6で敗れた。盧彦勳 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全豪オープンで4大大会初出場を果たし、2月には男子国別対抗戦デビスカップセルビア代表に初選出される。4月にはツアー下部大会のバミューダチャレンジャー決勝で錦織圭と対戦し、6-2, 5-7, 6-7のスコアで敗れた。全仏オープンではダブルスで好成績を収め、同じセルビアの先輩選手ヤンコ・ティプサレビッチとのペアでベスト8に進出している。8月にはシティ・オープンにおいて1回戦で世界9位のアンディ・ロディックを倒した上、自身初のツアーシングルス決勝に進出し、フアン・マルティン・デル・ポトロに3-6, 3-6のスコアで敗れた。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・アンチッチ

    マリオ・アンチッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    7歳からテニスを始め、10歳の時からゴラン・イワニセビッチと一緒に練習するようになった。ジュニア時代には、2000年ウィンブルドン選手権男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年に17歳でプロ入り。2002年ウィンブルドン選手権1回戦で、アンチッチは第7シードのロジャー・フェデラーを6-3, 7-6(2), 6-3のストレートで圧倒した。続く2回戦で敗れたが、この勝利で「イワニセビッチ2世」は一躍有名になり、現地イギリスの新聞から「スーパーマリオ」のニックネームもつけられた。2003年は全豪オープンでフアン・カルロス・フェレーロとの4回戦まで進み、全仏オープンの2回戦では第1シードのアンドレ・アガシに7-5, 6-1, 4-6, 2-6, 5-7のスコアで逆転負けを喫した。2004年ウィンブルドン選手権でさらなる成長ぶりを見せ、アンディ・ロディックとの準決勝まで進出したが、4-6, 6-4, 5-7, 5-7で敗れている。同年のアテネ五輪にもクロアチア代表として出場し、イワン・リュビチッチとペアを組んで男子ダブルスの銅メダルを獲得した。この年はATPツアーで4度の準優勝があり、あと1歩でツアー初優勝を逃していた。マリオ・アンチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・ヤング

    ドナルド・ヤングから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2003年、オレンジボウル16歳以下の部で1986年ジム・クーリエ以来となる優勝を果たす。2005年ジュニア世界ランキング1位。2005年ジュニア全豪を当時の大会最年少記録で優勝。2005年最終ランキングで最年少記録となる16歳5ヶ月での1位獲得。アフリカ系アメリカ人男子初の世界ランキング1位で、アメリカ人男子が全豪優勝・1位を獲得したのは2000年のアンディ・ロディック以来。ドナルド・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • イワン・リュビチッチ

    イワン・リュビチッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年3月のBNPパリバ・オープンでは、準決勝でラファエル・ナダルを3-6, 6-4, 7-6で、決勝でアンディ・ロディックを7?6(3), 7?6(5)で破り初のマスターズ1000のタイトルを獲得。通算シングルス10勝目となりこの優勝が最後の優勝となった。イワン・リュビチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ピート・サンプラス

    ピート・サンプラスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    彼には貧血の持病があり、それに伴って30歳頃からは体力が急激に低下していった。2000年全米オープン決勝戦でマラト・サフィンに4-6, 3-6, 3-6で完敗して"サンプラスの決勝不敗神話"が崩れた試合や、2001年ウィンブルドン選手権4回戦でロジャー・フェデラーに6-7, 7-5, 4-6, 7-6, 5-7で敗れた試合が、サンプラス時代の終焉を印象づけることになる (1993年から2000年までの8年間でサンプラスがウィンブルドン選手権優勝を逃したのは、リカルト・クライチェクに準々決勝で敗退した1996年だけであった)。さらに2001年全米オープン決勝戦でもレイトン・ヒューイットに6?7, 1?6, 1?6で完敗し、この年は1992年以来の4大大会無冠に終わる。アメリカの後輩としてアンディ・ロディックも台頭していたが、対するサンプラスは2年以上にわたりATPツアーのタイトルから遠ざかっていた。しかし2002年全米オープンで、長年のライバルであり続けたアガシを決勝で破り、31歳にして6年ぶり5度目の全米優勝を果たす。こうしてサンプラスは2000年ウィンブルドン選手権以来の優勝を飾り、彼の4大大会優勝回数は「14勝」となった。4大大会決勝戦進出はキャリア通算で男子歴代3位の「18度」となり、「14勝4敗」で終わった。その後は試合に全く出場せず、2003年全米オープン開催中に正式に引退を表明した。大会開幕日の8月25日、コート上でサンプラスの引退セレモニーが行われた。ピート・サンプラス フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード