70件中 41 - 50件表示
  • フィリップ・コールシュライバー

    フィリップ・コールシュライバーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2008年もその好調は続き、年初のニュージーランド・オークランド大会でシングルス2勝目を挙げると、2008年全豪オープン3回戦で当時世界ランク6位、第6シードのアンディ・ロディック(アメリカ)を試合時間3時間50分、 6-4, 3-6, 7-6, 6-7, 8-6 の激戦の末下し、2005年以来2度目の4回戦進出を果たす。4回戦ではフィンランドのヤルコ・ニエミネンに敗れた。フィリップ・コールシュライバー フレッシュアイペディアより)

  • ヨアキム・ヨハンソン

    ヨアキム・ヨハンソンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2004年、ヨハンソンは男子ツアーで目覚ましい躍進を見せ、2月中旬のアメリカ・テネシー州メンフィス大会決勝戦でニコラス・キーファー(ドイツ)を破り、ツアー初優勝を果たした。その後ウィンブルドンで初の4回戦に勝ち進み、アテネ五輪にもスウェーデン代表選手として出場する。オリンピックでは、シングルス2回戦でイワン・リュビチッチ(クロアチア)に敗れた。そして、彼のハイライトとなった2004年全米オープンを迎える。ヨハンソンは第28シードとして勝ち進み、準々決勝で前年度優勝者のアンディ・ロディック(アメリカ)を6-4, 6-4, 3-6, 2-6, 6-4で破り、ロディックの全米連覇を阻止する勝利を挙げた。続く準決勝ではレイトン・ヒューイット(オーストラリア)に4-6, 5-7, 3-6 で敗れ、決勝進出を逃した。こうして、ヨアキム・ヨハンソンは1年間で世界ランキングを95位から11位に上げ、男子プロテニス協会の2004年度「最も進歩した選手賞」(Most Improved Player of the Year)を受賞した。ヨアキム・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • 盧彦勳

    盧彦勳から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年、ウィンブルドンでは4回戦でアンディ・ロディック(アメリカ)を 4-6, 7-6(3), 7-6(4), 6-7(5), 9-7 で破り、台湾人初のベスト8進出を果たした。準々決勝ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 2-6, 2-6 で敗れた。盧彦勳 フレッシュアイペディアより)

  • ブルックリン・デッカー

    ブルックリン・デッカーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2009年4月17日に、2007年秋以降交際を続けていたプロテニスプレーヤーのアンディ・ロディックと結婚した。ブルックリン・デッカー フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・ユージニー

    ミハイル・ユージニーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ユージニーは2001年の全豪オープンで4大大会にデビューし、2001年・2002年・2005年と3度ウィンブルドンの4回戦に進出した。2003年は全豪オープンで4回戦進出がある。2006年度の前半はツアーで早期敗退が多く、やや精彩を欠いていたが、全米オープンでノーシードから準決勝進出を果たした。4回戦で第6シードのトミー・ロブレド、準々決勝で第2シードのラファエル・ナダルを破ったユージニーは、2人続けてスペイン勢を連破して勝ち進んだ。とりわけ、ナダルを 6-3, 5-7, 7-6, 6-1 で破った勝利は大きなインパクトを与えたが、準決勝では地元アメリカのアンディ・ロディックに 7-6, 0-6, 6-7, 3-6 で敗れた。その3ヶ月後、2006年12月1日-3日にかけてデビスカップ決勝がモスクワの「オリンピック・スタジアム」で行われ、ロシアはアルゼンチンを「3勝2敗」で破って4年ぶり2度目のデ杯優勝を決めた。ユージニーも代表選手に選ばれたが、アルゼンチンとの決勝戦では彼の出番はなかった。ミハイル・ユージニー フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・アンドレエフ

    イーゴリ・アンドレエフから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    イーゴリ・アンドレエフは2005年4月、スペイン・バレンシア大会の決勝でダビド・フェレールを破り、男子ツアーのシングルスで初優勝を飾った。この年は男子ツアーでシングルス年間3勝を挙げ、2006年4月3日付で世界ランキングの自己最高位「24位」をマークした。しかし、2006年4月28日にアンドレエフは左膝軟骨損傷修復のための手術を受け、半年間の戦線離脱を余儀なくされた。その間に世界ランキングも降下し、2007年全仏オープンを迎えた時は「125位」まで落ちていた。この大会で、アンドレエフは4大大会男子シングルスで初めての好成績を出した。1回戦で第3シードのアンディ・ロディックを 3-6, 6-4, 6-3, 6-4 で破って波に乗り、4回戦でキプロスのマルコス・バグダティスを破った。初めての準々決勝では、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 3-6, 3-6 のストレートで敗れた。(この大会では、アメリカの男子選手9名がすべて1回戦敗退に終わったが、これはテニス4大大会史上40年ぶりの珍事と言われた。)イーゴリ・アンドレエフ フレッシュアイペディアより)

  • ライナー・シュットラー

    ライナー・シュットラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    それから4年後、2003年の全豪オープンにおいて、第31シードだったシュットラーは準決勝でアメリカのアンディ・ロディックを破り、ダークホースの選手として4大大会決勝に初進出を果たす。その決勝戦ではアンドレ・アガシからわずか5ゲームしか奪えず、 2-6, 2-6, 1-6 の完敗で準優勝に終わった。この時、シュットラーはすでに26歳を迎えていた。(この2003年全豪オープンが、アガシの最後の4大大会優勝になった。)ライナー・シュットラー フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ガスケ

    リシャール・ガスケから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2007年、ガスケはウィンブルドンで初めての準決勝に進出した。準々決勝では第3シードのアンディ・ロディックを 4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 8-6 の逆転で倒したが(先に相手に2セットを取られる=2セット・ダウンの後、第3・第4セットのタイブレークを連取 → 最終第5セットはタイブレークなし)、準決勝でロジャー・フェデラーに 5-7, 3-6, 4-6 で敗れた。ガスケとフェデラーは、前年のウィンブルドン1回戦で顔を合わせたこともあった。ウィンブルドン終了後、ガスケは世界ランキングを「7位」に上げ、初めての世界トップ10入りを果たした。リシャール・ガスケ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・マユ

    ニコラ・マユから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    マユはこれまでシングルスでの好成績が少なかったが、2007年6月中旬にウィンブルドン前哨戦の1つであるロンドンの「クイーンズ・クラブ」大会で準優勝した。3回戦でイワン・リュビチッチを破り、準々決勝で全仏オープン3連覇を達成したばかりのラファエル・ナダルを破って注目を集める。準決勝では同国の親友アルノー・クレマンを破り、初めてのATPツアー大会決勝戦に進出したが、決勝ではアンディ・ロディックに第2・第3セットのタイブレークを奪われ、6-4, 6-7, 6-7 で敗れた。続くウィンブルドンでは、2回戦で同じフランスのリシャール・ガスケに敗退している。7月のニューポート大会で2度目の決勝に進出したが、ファブリス・サントロに 4?6, 4?6 で敗れている。ニコラ・マユ フレッシュアイペディアより)

  • マンディ・ムーア

    マンディ・ムーアから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    これまで俳優のWilmer Valderramaやテニス選手のアンディ・ロディック、ザック・ブラフなどと交際。マンディ・ムーア フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード