89件中 51 - 60件表示
  • アルベルト・マルティン

    アルベルト・マルティンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2002年全豪オープンでは当時世界ランキング1位で第1シードのレイトン・ヒューイットを1回戦で 1?6, 6?1, 6?4, 7?6(4) で破る大波乱を起こした。4大大会では2006年全仏オープンの4回戦進出が最高成績である。1回戦で第5シードのアンディ・ロディックの途中棄権により勝ち上がり、3回戦では第28シードのオリビエ・ロクスに 7-5, 4-6, 6-7(5), 6-1, 6-4 のフルセットの末勝利した。ジュリアン・ベネトーとの4回戦は第1セットを 1?5 でリードされたところで途中棄権した。この大会ではポティート・スタラーチェと組んだダブルスでもベスト8に進出したが準々決勝を棄権している。アルベルト・マルティン フレッシュアイペディアより)

  • マンディ・ムーア

    マンディ・ムーアから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    これまで俳優のWilmer Valderramaやテニス選手のアンディ・ロディック、ザック・ブラフなどと交際。マンディ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • ベンヤミン・ベッカー

    ベンヤミン・ベッカーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年ウィンブルドン選手権で、ベッカーは初めて4大大会の予選会を通過した。初めての本戦では1回戦でフアン・イグナシオ・チェラを破った後、2回戦でフェルナンド・ベルダスコに破れた。同年の全米オープンでは、1回戦でフィリッポ・ボランドリを、2回戦でセバスチャン・グロジャンを破って勝ち進む。3回戦の対戦相手は、この大会が現役最後であると表明していたアンドレ・アガシに決まった。アガシは1986年から21年連続で全米オープンに連続出場を続け、1999年に男子テニス史上5人目のキャリア・グランドスラムを達成した名選手である。当時まだ無名選手だったベッカーは、アガシに7-5, 6-7, 6-4, 7-5で勝利を収めた。その後4回戦でアンディ・ロディックに敗退した。全米オープンの1ヶ月後、ベッカーはジャパン・オープン・テニス選手権で初来日し、ロジャー・フェデラーとの準決勝まで勝ち進んだ。これらの活躍により、ベッカーのランキングは2006年初頭の421位から、11月には62位まで上昇した。ベッカーはこの年に男子プロテニス協会の最優秀新人賞を受賞した。ベンヤミン・ベッカー フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・コナーズ

    ジミー・コナーズから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    現役引退後、35歳以上の選手を対象にした男子テニスのシニア・ツアーを提唱したのはコナーズである。1998年に国際テニス殿堂入りを果たした。2006年7月26日、コナーズはアンディ・ロディックのコーチに就任することを表明した。現在は、シニアツアー参戦の最低年齢は「30歳」に引き下げられている。ジミー・コナーズ フレッシュアイペディアより)

  • ティムラズ・ガバシュビリ

    ティムラズ・ガバシュビリから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年は予選を勝ち上がった全仏オープンで好成績を残し、3回戦で第6シード、当時世界ランク8位のアンディ・ロディックを6?4, 6?4, 6?2のストレートで下す番狂わせを起こし4回戦に進出。4回戦ではユルゲン・メルツァーに6?7(6), 6-4, 1-6, 4-6のスコアで敗れたものの、自身初のトップ10選手からの勝利とグランドスラム大会4回戦進出を果たした。8月にはパイロット・ペン・テニスで予選を勝ち上がり、2回戦で第11シードのグザビエ・マリスを第1セット4-2とした所でマリスの途中棄権で、3回戦で第5シードのアンドレイ・ゴルベフを6-3, 3-6, 7-6(7)のフルセットでそれぞれ下し、第15シードのデニス・イストミンとの準々決勝まで進出。準々決勝では1-6, 6-3, 6-7(8)のフルセットで惜敗したが、シーズン初のツアーベスト8進出を果たした。ティムラズ・ガバシュビリ フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ベルッシ

    トマス・ベルッシから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全豪オープンは2回戦アンディ・ロディックに敗れたが、2月のチリ・オープンで決勝に進出しフアン・モナコを6?2, 0?6, 6?4で破りツアー2勝目を挙げる。第24シードに選ばれた全仏オープンでは3回戦で第14シードのイワン・リュビチッチに7-6(4), 6-2, 6-4で勝利し初めて4大大会の4回戦に進出した。4回戦では優勝したラファエル・ナダルに2-6, 5-7, 4-6で敗れた。2010年7月26日付けのランキングで自己最高の21位を記録した。トマス・ベルッシ フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ガスケ

    リシャール・ガスケから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ガスケは2007年ウィンブルドンで初めての準決勝に進出した。準々決勝では第3シードのアンディ・ロディックを4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 8-6の逆転で破ったが、準決勝でロジャー・フェデラーに5-7, 3-6, 4-6で敗れた。ガスケとフェデラーは、前年のウィンブルドン1回戦で顔を合わせたこともあった。ウィンブルドン終了後、ガスケは世界ランキングを7位に上げ、初めての世界トップ10入りを果たした。ATPワールドツアー・ファイナルに初出場。リシャール・ガスケ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    8月30日 - アンディ・ロディック(アメリカ、テニス)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ライナー・シュットラー

    ライナー・シュットラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    それから4年後、2003年全豪オープン男子シングルスにおいて、第31シードだったシュットラーは準決勝でアメリカのアンディ・ロディックを破り、4大大会決勝に初進出を果たす。決勝ではアンドレ・アガシからわずか5ゲームしか奪えず、2-6, 2-6, 1-6の完敗で準優勝に終わった。この時、シュットラーはすでに26歳を迎えていた。ライナー・シュットラー フレッシュアイペディアより)

  • ゴラン・イワニセビッチ

    ゴラン・イワニセビッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後肩の故障から世界ランキングを大きく落とし、2001年ウィンブルドン選手権は主催者推薦での出場となった。この年は第2週から連日雨に悩まされ、試合日程の消化が大幅に遅れたが、その過酷さを勝ち抜いて3年ぶり4度目の決勝進出を果たす。この道のりは、決して平坦ではなく、2回戦以降、カルロス・モヤ、アンディ・ロディック、マラト・サフィンなどの強敵を次々と下し、準決勝では地元のティム・ヘンマンを7-5, 6-7, 0-6, 7-6, 6-3の死闘の末に退けた。決勝戦ではパトリック・ラフターと激闘を繰り広げ、6-3, 3-6, 6-3, 2-6, 9-7のフルセットの末に悲願のウィンブルドン初優勝を果たした。クロアチア人テニス選手の4大大会優勝は、1997年全仏オープン女子シングルス優勝者イバ・マヨリである。イワニセビッチは男子の初優勝者となった。ゴラン・イワニセビッチ フレッシュアイペディアより)

89件中 51 - 60件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード