70件中 51 - 60件表示
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全豪オープンでは3年ぶりにベスト8に進出。準々決勝でロジャー・フェデラーに 4-6, 3-6, 2-6 で敗れた。2月にマルセイユで開催された大会ではミカエル・ロドラを下し、キャリア10勝目を飾った。5月のエストリル・オープンではリシャール・ガスケを下しシーズン2勝目を挙げた。全仏オープンでは準々決勝でフェデラーに6-3, 7-6, 2-6, 0-6, 3-6と2セットアップとするも敗れた。ウィンブルドンでは4回戦でダビド・フェレールにストレートで敗退し、2年連続4回戦敗退となった。8月のロンドンオリンピックでは準決勝でフェデラーに6-3, 6-7, 17-19の大接戦で敗れるも、3位決定戦でノバク・ジョコビッチを破り銅メダルを獲得した。全米オープンでは4回戦でアンディ・ロディックに勝利しロディックの現役引退試合を受け持った。準々決勝ではジョコビッチにストレートで敗れベスト8敗退となった。10月開催のバンク・オーストリア・テニス杯ではグレガ・ゼムラを破りシーズン3勝目を挙げ、翌週のスイス・インドアでは決勝で、7連敗を喫していたフェデラーを6-4, 6-7, 7-6の接戦の末破り、2週連続トーナメント優勝を果たした。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    8月30日 - アンディ・ロディック(アメリカ、テニス)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ヨハンソン

    トーマス・ヨハンソンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後、ヨハンソンは膝の手術で2003年のシーズンを棒に振ってしまう。2005年のウィンブルドンにおいて、ヨハンソンはダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を準々決勝で破り、30歳にして初めてベスト4進出を果たす。その準決勝では、第2シードのアンディ・ロディックに 7-6, 2-6, 6-7, 6-7 で敗れた。スウェーデン人選手のウィンブルドン男子シングルス4強入りも、1993年のステファン・エドベリ以来12年ぶりの快挙であった。トーマス・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・コナーズ

    ジミー・コナーズから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    現役引退後、35歳以上の選手を対象にした男子テニスのシニア・ツアーを提唱したのはコナーズである。1998年に国際テニス殿堂入りを果たした。2006年7月26日、コナーズはアンディ・ロディックのコーチに就任することを表明した。現在は、シニアツアー参戦の最低年齢は「30歳」に引き下げられている。ジミー・コナーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後もナルバンディアンは順調に成績を伸ばし、世界トップ10選手の座を維持している。2003年は全米オープンでベスト4に入り、準決勝で地元アメリカのアンディ・ロディックに 7-6, 6-3, 6-7, 1-6, 3-6 で逆転負けした。2004年には全仏オープンでも準決勝進出を果たすが、同じアルゼンチンのガストン・ガウディオに 3-6, 6-7, 0-6 のストレートで完敗した。2006年の全豪オープンで、ナルバンディアンはすべての4大大会でベスト4進出の里程標に到達したが、準決勝でキプロスの20歳マルコス・バグダティスに 6-3, 7-5, 3-6, 4-6, 4-6 の逆転で敗れてしまう。同年に全仏オープンでも2年ぶり2度目の準決勝に進出したが、ロジャー・フェデラーとの対戦中に 6-3, 4-6, 2-5 (第3セットの途中)で棄権した。2003年の全米オープンと2006年の全豪オープンでは、2セット・アップ(先に自分が2セットを取った状態)から相手に3セットを奪い返されての逆転負けになっている。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2010年、チェンナイ・オープン決勝でスタニスラス・ワウリンカ(スイス)を破って大会2連覇を達成。この後、チリッチは全豪オープンで初のベスト4進出を決めた。4回戦では、前年の全米準々決勝で敗れたフアン・マルティン・デル・ポトロを 5-7, 6-4, 7-5, 5-7, 6-3 のスコアで倒し、準々決勝では第7シードのアンディ・ロディック(アメリカ)に 7-6(4), 6-3, 3-6, 2-6, 6-3 で勝って、上位シード選手を2人連破した。初進出の準決勝ではアンディ・マリーに 6-3, 4-6, 4-6, 2-6 で敗れ、決勝進出を逃した。全豪オープン終了後、チリッチは世界ランキング10位に入り、初の世界トップ10入りを果たした。マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    彼の叔父はサッカー元スペイン代表DF(ディフェンダー)のミゲル・アンヘル・ナダルであり、ラファエルも12歳まではサッカーで有望選手だったという。もう一人の叔父であるが子供のころから一貫してコーチを務めている。その後テニスを職業に選び、2001年に15歳でプロ入りした。2004年8月のソポト大会でシングルス初優勝を飾り、アテネ五輪にカルロス・モヤとのダブルスで出場している。全米オープンで、同じスペインのトミー・ロブレドと組んで男子ダブルス準決勝に進出したことがある。12月のアメリカとのデビスカップ決勝にも起用され、アンディ・ロディックを 6-7(6), 6-2, 7-6(6), 6-2 で破りスペインの優勝に貢献した。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • ミロシュ・ラオニッチ

    ミロシュ・ラオニッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2月のサンノゼ大会でツアー初の決勝に進出。フェルナンド・ベルダスコを 7-6(6), 7-6(5)で破り、ツアー初優勝を果たした。翌週のメンフィス大会でも決勝に進出し、アンディ・ロディックに 6-7(7), 7-6(11), 5-7 で敗れ準優勝となった。6月のハーレ大会ではロビン・ハッセと組んだダブルスで決勝に進出したが、ロハン・ボパンナ&アイサム=ウル=ハク・クレシ組に 6?7(8), 6?3, 1 で敗れた。ラオニッチは2011年度のATPワールドツアー最優秀新人賞(Newcomer of the Year)を受賞した。ミロシュ・ラオニッチ フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・ヒューイット

    レイトン・ヒューイットから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後は怪我などに苦しめられ、1998年から2007年まで毎年記録していたツアー優勝も2008年に途絶えた(その後、2009年・2010年にはツアー優勝している)。2009年ウィンブルドン選手権では3年ぶりに準々決勝に進出したが、アンディ・ロディックに 3-6, 7-6, 6-7, 6-4, 4-6 で敗れている。2010年のゲリー・ウェバー・オープン決勝では、ロジャー・フェデラーから7年ぶりの勝利を挙げて優勝した。レイトン・ヒューイット フレッシュアイペディアより)

  • 越前リョーマ

    越前リョーマから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    右手で打てば右に、左手で打てば左にボールが急角度でバウンドするサーブ。プロ選手では、ロジャー・フェデラー、アンディ・ロディックなどがよく使っている。越前リョーマ フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード