89件中 61 - 70件表示
  • トミー・ハース

    トミー・ハースから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2007年全豪オープンで、ハースは5年ぶり3度目のベスト4に進出したが、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスに1-6, 3-6, 1-6のストレートで完敗した。2月の全米国際インドアテニス選手権決勝でアンディ・ロディックを下し、シングルス優勝を通算「11勝」とする。この年はウィンブルドンで初の4回戦進出があったが、3回戦の試合中に腹痛が悪化し、ロジャー・フェデラーとの試合を棄権した。トミー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年全豪オープンでバグダティスは世界に旋風を起こした。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを6-4, 1-6, 6-3, 6-4で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチに勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアンを3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セット先行されてからの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを7-5で奪ったが、続く3セットを5-7, 0-6, 2-6で落として準優勝に終わった。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • イボ・カロビッチ

    イボ・カロビッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2015年1月カタール・エクソンモービル・オープン1回戦にて通算サービスエース数9000本を達成。ゴラン・イワニセビッチ、アンディ・ロディックに次ぐ史上3人目の記録。また準々決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを6-7(2), 7-6(6), 6-4で勝利した。2月のデルレイビーチ・オープンでドナルド・ヤングを6-3, 6-3で勝利し優勝。35歳11ヵ月での優勝は大会最年長で1989年のジミー・コナーズ(37歳1ヶ月)以来のATPツアー年長記録。イボ・カロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・モヤ

    カルロス・モヤから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    大会前年優勝者として臨んだ1999年全仏オープンでは、4回戦で第13シードのアンドレ・アガシに敗れた。その後モヤの4大大会での活躍は少ないが、2004年度にはATPツアーのシングルスで3勝を挙げ、世界トップ10選手の座を維持した。またこの年はオリンピックスペイン選手団の一員として2004年アテネ五輪に単複両部門で出場。後輩選手のラファエル・ナダルと組んで出場したダブルスは1回戦でアンドレ・サ/フラビオ・サレッタ組に敗れたが、第3シードで出場したシングルスでは同大会優勝者となるニコラス・マスーとの準々決勝まで進出した。デビスカップ決勝でも、アメリカ代表のマーディ・フィッシュとアンディ・ロディックを破りデビスカップスペイン代表の優勝に貢献した。カルロス・モヤ フレッシュアイペディアより)

  • 8月30日

    8月30日から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    1982年 - アンディ・ロディック、テニス選手8月30日 フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・ヒューイット

    レイトン・ヒューイットから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    その後は怪我などに苦しめられ、1998年から2007年まで毎年記録していたツアー優勝も2008年に途絶えた(その後、2009年・2010年にはツアー優勝している)。2009年ウィンブルドン選手権では3年ぶりに準々決勝に進出したが、アンディ・ロディックに3-6, 7-6, 6-7, 6-4, 4-6で敗れている。2010年のゲリー・ウェバー・オープン決勝では、フェデラーから7年ぶりの勝利を挙げて優勝した。レイトン・ヒューイット フレッシュアイペディアより)

  • 2012年全米オープン男子シングルス

    2012年全米オープン男子シングルスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ジョコビッチの3人以外が4大大会で優勝したのは2009年全米以来12大会ぶり。フェデラー・ナダル2人ともベスト4に進出できなかったのは2004年全仏以来。また2003年優勝のアンディ・ロディックの引退大会でもある。 2012年全米オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・アガシ

    アンドレ・アガシから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    相性から、1990年代?2000年代前半のビッグサーバー達(シュティヒ、ロディック等)をカモにしていたが、クーリエ、チャン等グランドストローカー同士には苦戦することもあった。アンドレ・アガシ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のスポーツ

    2003年のスポーツから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全米オープン 男子単優勝:アンディ・ロディック(アメリカ)、女子単優勝:ジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)2003年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 越前リョーマ

    越前リョーマから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    右手で打てば右に、左手で打てば左にボールが急角度でバウンドするサーブ。プロ選手では、ロジャー・フェデラー、アンディ・ロディックなどがよく使っている。越前リョーマ フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード