1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • ゴラン・イワニセビッチ

    ゴラン・イワニセビッチから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    しかし、イワニセビッチのキャリアは苦難の連続だった。1992年にウィンブルドンで初めての決勝進出を果たしたが、アンドレ・アガシに 7-6, 4-6, 4-6, 6-1, 4-6 のフルセットで敗れて準優勝になる。同年にはバルセロナオリンピックにおいて単複銅メダルを獲得している。1994年と1998年にも同選手権の決勝まで進出するが、ともにピート・サンプラスに敗れ、3度の準優勝で“無冠の帝王”と呼ばれた。その後肩の故障から世界ランキングを大きく落とし、2001年のウィンブルドンはワイルドカード(主催者推薦)からの出場となった。この年は後半(第2週)から連日雨に悩まされ、試合日程の消化が大幅に遅れたが、その過酷さを勝ち抜いて3年ぶり4度目の決勝進出を果たす。この道のりは、決して平坦ではなく、2回戦以降、カルロス・モヤ、アンディ・ロディック、マラト・サフィンなどの強敵を次々と下し、準決勝では地元期待のティム・ヘンマンを7-5, 6-7, 0-6, 7-6, 6-3の死闘の末に退けた。決勝戦ではオーストラリアのパトリック・ラフターと激闘を繰り広げ、6-3, 3-6, 6-3, 2-6, 9-7 のフルセットの末に悲願のウィンブルドン初優勝を果たした。(クロアチア人テニス選手の4大大会初優勝は、1997年の全仏オープン女子シングルス優勝者イバ・マヨリである。イワニセビッチは男子の初優勝者となった。)2004年のウィンブルドン3回戦でレイトン・ヒューイットに 2-6, 3-6, 4-6 で敗れ、現役を引退した。ゴラン・イワニセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・モヤ

    カルロス・モヤから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    1995年にプロ転向。1997年の全豪オープン1回戦で大会前年優勝者のボリス・ベッカーを破る大波乱を演じ、勢いに乗って決勝まで勝ち進んだが、ピート・サンプラス(アメリカ)に完敗して準優勝になる。当時20歳だったモヤは“ロック歌手を思わせる長髪”とダイナミックなプレーで一躍大会の人気者になり、“ヨーロッパのアガシ”とまで呼ばれたという。1998年の全仏オープン決勝で、アレックス・コレチャとの「スペイン対決」を制して4大大会初優勝を達成。この年は全米オープンでもベスト4進出を果たしたが、準決勝でマーク・フィリプーシス(オーストラリア)に敗れる。大会前年優勝者として臨んだ1999年の全仏オープンでは、4回戦で第13シードのアンドレ・アガシ(アメリカ)に敗れた。(アガシはこの大会の優勝により、宿願の4大大会完全制覇を達成した。)その後モヤの4大大会での活躍は少ないが、2004年度にはATPツアーのシングルスで3勝を挙げ、世界トップ10選手の座を維持した。またこの年はスペイン代表選手の一人としてアテネオリンピック (2004年)に単複両部門で出場。後輩選手のラファエル・ナダルと組んで出場したダブルスは1回戦でアンドレ・サ&フラビオ・サレッタ(ブラジル)組に敗れたが、第3シードで出場したシングルスでは同大会優勝者となるニコラス・マスー(チリ)との準々決勝まで進出した。 デビスカップ決勝でも、アメリカ代表のマーディ・フィッシュとアンディ・ロディックを破りスペインの優勝に貢献した。カルロス・モヤ フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ハース

    トミー・ハースから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2007年の全豪オープンで、ハースは5年ぶり3度目のベスト4に進出したが、準決勝でチリのフェルナンド・ゴンサレスに 1-6, 3-6, 1-6 のストレートで完敗した。2月のアメリカ・メンフィス大会の決勝でアンディ・ロディックを下し、シングルス優勝を通算「11勝」とする。この年はウィンブルドンで初の4回戦進出があったが、3回戦の試合中に腹痛が悪化し、ロジャー・フェデラーとの試合に出場できなくなった(不戦敗)。トミー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス・フェレーロ

    フアン・カルロス・フェレーロから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2003年の全仏オープンで、フェレーロは2年連続2度目の決勝進出で悲願の初優勝を達成した。この時は準々決勝でジュニア時代からのライバルだったフェルナンド・ゴンサレス(チリ)を6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4とフルセットの末に破り、その後準決勝でアルベルト・コスタを6-3, 7-6, 6-4で破り、1年前のリベンジを果たし、決勝でオランダのビッグ・サーバー、マルティン・フェルカークを 6-1, 6-3, 6-2 で圧倒している。この後全米オープンでもレイトン・ヒューイット(オーストラリア)、アンドレ・アガシら過去の全米優勝者を撃破して決勝に進出したが、地元アメリカの新星アンディ・ロディックに 3-6, 6-7, 3-6 で敗れて準優勝に終わった。全米オープン終了後、フェレーロは初めて世界ランキング1位になった。フアン・カルロス・フェレーロ フレッシュアイペディアより)

  • マラト・サフィン

    マラト・サフィンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2004年の全豪オープンではノーシードからトッド・マーティン、ジェームズ・ブレークといった実力者を下し、準々決勝では当時世界ランク1位のアンディ・ロディックを 2-6, 6-3, 7-5, 6-7, 6-4 で、準決勝ではアンドレ・アガシを 7-6, 7-6, 5-7, 1-6, 6-3 で破り、2年ぶり2度目の全豪決勝に勝ち進んだ。決勝ではフェデラーの前に敗れるが、前年のブランクからの完全復活を強く印象づけた。またATPマスターズシリーズの1つであるパリ・マスターズでラデク・ステパネク(チェコ)を破り、大会最多タイとなる3度目の優勝を飾っている。マラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • ピート・サンプラス

    ピート・サンプラスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    彼には貧血症の持病があり、それに伴って30歳頃からは体力が急激に低下していった。2000年全米オープン決勝戦でマラト・サフィンに 4-6, 3-6, 3-6 で完敗して“サンプラスの決勝不敗神話”が崩れた試合や、2001年ウィンブルドン4回戦でロジャー・フェデラーに 6-7, 7-5, 4-6, 7-6, 5-7 (試合時間:3時間41分)で敗れた試合が、サンプラス時代の終焉を印象づけることになる(1993年から2000年までの8年間で、サンプラスがウィンブルドン優勝を逃したのは、リカルド・クライチェクに準々決勝で敗退した1996年だけであった)。さらに2001年全米オープン決勝戦でもレイトン・ヒューイットに 6?7, 1?6, 1?6で完敗し、この年は1992年以来の4大大会無冠に終わる。アメリカの後輩としてアンディ・ロディックも台頭していたが、対するサンプラスは2年以上にわたり男子ツアーのタイトルから遠ざかっていた。しかし2002年全米オープンで、長年のライバルであり続けたアンドレ・アガシを決勝で破り、31歳にして6年ぶり5度目の全米優勝を果たす。こうしてサンプラスは2000年ウィンブルドン以来の優勝を飾り、彼の4大大会優勝回数は「14勝」となった。4大大会決勝戦進出はキャリア通算で男子歴代3位の「18度」となり、「14勝4敗」で終わった。その後は試合に全く出場せず、2003年全米オープン開催中に正式に引退を表明した。大会開幕日の8月25日、コート上でサンプラスの引退式典が行われた。ピート・サンプラス フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    8月30日 - アンディ・ロディック、テニス選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 8月30日

    8月30日から見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    1982年 - アンディ・ロディック、テニス選手8月30日 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    5日(現地時間) - 【テニス】ウインブルドン男子シングルス決勝でロジャー・フェデラー(スイス)がアンディ・ロディック(アメリカ合衆国)を下し、4大大会の通算勝利数を15とし史上1位となった。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のスポーツ

    2003年のスポーツから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全米オープン 男子単優勝:アンディ・ロディック(アメリカ)、女子単優勝:ジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)2003年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード