49件中 31 - 40件表示
  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2003年全仏オープン

    2003年全米オープン男子シングルスで4大大会初優勝。決勝では当年度の全仏オープン優勝者、フアン・カルロス・フェレーロを6-3, 7-6, 6-3のストレートで倒した。ロディックはこの優勝により、それまで長年アメリカの男子テニス界を支えてきたピート・サンプラスとアンドレ・アガシの“後継者”として注目を集めた。その後ロディックは11月3日付けの世界ランキングで1位に上り詰めた。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2012年全米オープン男子シングルス

    2012年、第20シードとして出場した全米オープンの開催中で、自身の30回目の誕生日である8月30日に、現役引退を表明した。「ずっとこの大会で引退したいと思っていた。来季を戦う体力の不安があり、1回戦を戦って決めた」と記者会見で語ったアンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2004年全米オープン男子シングルス

    2004年アテネ五輪にアメリカ代表選手として、シングルス3回戦でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスに4-6, 4-6で敗退する。オリンピック終了後の全米オープンでは、準々決勝でヨアキム・ヨハンソンに4-6, 4-6, 6-3, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、早い段階で大会連覇のチャンスを逃した。2005年全米オープンでは、1回戦でジル・ミュラーに不覚を取り、6-7, 6-7, 6-7のストレートで敗退した。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たネブラスカ州

    アンディ・ロディック(Andy Stephen Roddick, 1982年8月30日 - )は、アメリカ・ネブラスカ州オマハ出身の元男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス32勝、ダブルス4勝を挙げた。身長188cm、体重88kg。自己最高ランキングシングルス1位。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2006年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2006年全豪オープンで、ロディックは4回戦でマルコス・バグダティスに4-6, 6-1, 3-6, 4-6で敗退する。その後、ウィンブルドンでは3回戦でイギリスの新星アンディ・マリーとの“アンディ対決”に敗れてしまった。このとき世界ランキングは12位まで落ちている。ウィンブルドン選手権の終了後、ロディックは7月26日から新コーチとして往年のスーパースターだったジミー・コナーズを招聘した。コナーズに師事し始めた後、全米オープンで3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、またもやフェデラーに2-6, 6-4, 5-7, 1-6で敗れて準優勝に終わった。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2005年全米オープン男子シングルス

    2004年アテネ五輪にアメリカ代表選手として、シングルス3回戦でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスに4-6, 4-6で敗退する。オリンピック終了後の全米オープンでは、準々決勝でヨアキム・ヨハンソンに4-6, 4-6, 6-3, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、早い段階で大会連覇のチャンスを逃した。2005年全米オープンでは、1回戦でジル・ミュラーに不覚を取り、6-7, 6-7, 6-7のストレートで敗退した。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2004年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    ロディックはウィンブルドン選手権では2004年と2005年の2年連続、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため、3年連続の苦杯となる)。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2003年ウィンブルドン選手権

    ロディックはウィンブルドン選手権では2004年と2005年の2年連続、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため、3年連続の苦杯となる)。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2009年ウィンブルドン選手権

    しかし、このロディックのプレースタイル変更の取り組みは、名コーチであるラリー・ステファンキを迎えた晩年の2009年ウィンブルドンにて、成果を見せる。「ビックサーブを軸としたフォアハンド、ネットプレーを使った速攻」「ボディへの鋭いスピンを効かせたセカンドサーブ」「冷静な粘り強さ」を特徴として勝ち進む。フルセットの熱戦となった準々決勝ヒューイット戦、トータル獲得ポイントでは劣っていたにもかかわらず勝負強さを発揮/競り勝った準決勝のマレー戦、そして最後は力尽きたが7-5、6-7、6-7、6-3、14-16と最後にブレイクされるまで37ゲームもサーブキープを続けた決勝フェデラー戦とと、名勝負を繰り広げている。ただ2010年以降、年齢的問題、肩の怪我により急激に衰えを見せており、この輝きが続くことはなかった。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たリストバンド

    プライベートにおいては2009年4月17日に、2007年秋以降交際を続けていた水着モデルのブルックリン・デッカーと結婚した。その人気を生かし、児童虐待などの防止を呼びかけるチャリティーリストバンドをプロデュースするなど、社会的な活動も行っている。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード