1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たイギリス

    2006年全豪オープンで、ロディックは4回戦でマルコス・バグダティスに4-6, 6-1, 3-6, 4-6で敗退する。その後、ウィンブルドンでは3回戦でイギリスの新星アンディ・マリーとの“アンディ対決”に敗れてしまった。このとき世界ランキングは12位まで落ちている。ウィンブルドン選手権の終了後、ロディックは7月26日から新コーチとして往年のスーパースターだったジミー・コナーズを招聘した。コナーズに師事し始めた後、全米オープンで3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、またもやフェデラーに2-6, 6-4, 5-7, 1-6で敗れて準優勝に終わった。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たグランドスラム (テニス)

    2003年全米オープン男子シングルスで4大大会初優勝。決勝では当年度の全仏オープン優勝者、フアン・カルロス・フェレーロを6-3, 7-6, 6-3のストレートで倒した。ロディックはこの優勝により、それまで長年アメリカの男子テニス界を支えてきたピート・サンプラスとアンドレ・アガシの“後継者”として注目を集めた。その後ロディックは11月3日付けの世界ランキングで1位に上り詰めた。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2000年全米オープン (テニス)

    4歳からテニスを始める。2000年全豪オープンと全米オープンジュニアシングルスに優勝し、18歳でプロ転向。2001年春から男子テニス国別対抗戦・デビスカップアメリカ合衆国代表選手に選ばれた。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2009年全仏オープン男子シングルス

    ロディックは長い間クレーコート開催の全仏オープンと相性が悪く、初出場時の2001年に3回戦まで進出した後は1・2回戦敗退止まりの成績が続いていたが、ようやく2009年に初の4回戦進出を決めたが、第11シードのガエル・モンフィスに4-6, 2-6, 3-6のストレートで完敗した。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たアテネオリンピック (2004年) におけるテニス競技

    2004年アテネ五輪にアメリカ代表選手として、シングルス3回戦でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスに4-6, 4-6で敗退する。オリンピック終了後の全米オープンでは、準々決勝でヨアキム・ヨハンソンに4-6, 4-6, 6-3, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、早い段階で大会連覇のチャンスを逃した。2005年全米オープンでは、1回戦でジル・ミュラーに不覚を取り、6-7, 6-7, 6-7のストレートで敗退した。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た国際テニス殿堂

    ロディックは2017年に国際テニス殿堂入りを果たした。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2006年全豪オープン男子シングルス

    2006年全豪オープンで、ロディックは4回戦でマルコス・バグダティスに4-6, 6-1, 3-6, 4-6で敗退する。その後、ウィンブルドンでは3回戦でイギリスの新星アンディ・マリーとの“アンディ対決”に敗れてしまった。このとき世界ランキングは12位まで落ちている。ウィンブルドン選手権の終了後、ロディックは7月26日から新コーチとして往年のスーパースターだったジミー・コナーズを招聘した。コナーズに師事し始めた後、全米オープンで3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、またもやフェデラーに2-6, 6-4, 5-7, 1-6で敗れて準優勝に終わった。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2005年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    ロディックはウィンブルドン選手権では2004年と2005年の2年連続、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため、3年連続の苦杯となる)。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見た2003年全米オープン男子シングルス

    2003年全米オープン男子シングルスで4大大会初優勝。決勝では当年度の全仏オープン優勝者、フアン・カルロス・フェレーロを6-3, 7-6, 6-3のストレートで倒した。ロディックはこの優勝により、それまで長年アメリカの男子テニス界を支えてきたピート・サンプラスとアンドレ・アガシの“後継者”として注目を集めた。その後ロディックは11月3日付けの世界ランキングで1位に上り詰めた。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード