前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • セルゲイ・ハリトーノフ

    セルゲイ・ハリトーノフから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    バックボーンはコマンドサンボ、ボクシング。特にボクシングの技術は、ミルコ・クロコップをして「相当高い」と言わしめるほどで、ボディブローの威力は抜群。『PRIDE GP 2004』で対戦したアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラは試合後「あんな強烈なボディブローは受けたことがない」と絶賛した。また、プロ入り前にロシアのアマチュアボクシング・ナショナル大会で準優勝した経験を持ち、オリンピック代表チームに名前が入っていたことがある。セルゲイ・ハリトーノフ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ミア

    フランク・ミアから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    それまでKO負け、一本負けのなかったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに2度勝利し、最初にKO勝ちと一本勝ちを収めた選手である。フランク・ミア フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作った。またプロ格闘家として活動する傍らコンバットサンボの大会にも出場し、世界選手権で4度の優勝を果たしている。2009年、政府認定のファン投票によりテニスのスベトラーナ・クズネツォワと共にロシアのベスト・アスリートに選ばれた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・クロコップ

    ミルコ・クロコップから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2003年6月8日、PRIDE.26からPRIDEシリーズに本格参戦。当時のPRIDEヘビー級3強の1人と言われたヒース・ヒーリングと通常PRIDEルール(1R10分、2・3R各5分)で対戦する。母国クロアチアでも当日ディレイ放送され70%超の視聴率を叩き出したこの試合を左ミドルキックからのパウンドで制する。8月10日、「PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦」でイゴール・ボブチャンチンに左ハイキックで1R1分29秒KO勝利。ヘビー級タイトルマッチへの挑戦を決定的なものとした。10月5日には「PRIDE武士道」に参戦。自らこの試合をタイトルマッチのためのクールダウンと称し、ドス・カラス・ジュニアに左ハイキックで1R46秒でKO勝利。11月9日、「PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦」ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの対戦を迎えた。本来ならこの大会でヒョードルとのタイトルマッチが行われるはずだったもののヒョードルの怪我により暫定王座決定戦となっていた。1Rはミルコが打撃で圧倒し、終了間際には左ハイキックがヒットする場面もあったが、2R開始直後、初めてテイクダウンを奪われると、パウンドを浴び腕ひしぎ十字固めでタップアウト負け。これにより総合格闘技での無敗記録がストップした。なお大晦日には「INOKI BOM-BA-YE 2003」に出場し高山善廣と対戦予定だったが、直前になって出場をキャンセルした。ミルコ・クロコップ フレッシュアイペディアより)

  • UFC 81

    UFC 81から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    大会メインイベントでは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ対ティム・シルビアのUFC世界ヘビー級暫定王者決定戦が行われた。UFC 81 フレッシュアイペディアより)

  • リコ・ロドリゲス (格闘家)

    リコ・ロドリゲス (格闘家)から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    1999年2月、第2回アブダビコンバット99kg以上級2回戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに膝十字固めで一本勝ちするが、その後ショーン・アルバレスに敗れ、入賞を逃す。無差別級では準決勝で桜井"マッハ"速人と対戦し、ヒールホールドで一本負けを喫した。リコ・ロドリゲス (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • ヒース・ヒーリング

    ヒース・ヒーリングから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2001年11月3日、PRIDE.17ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと初代PRIDEヘビー級王座を賭けて対戦。スタンド・グラウンド共に試合のペースを掴まれ、判定負けで王座獲得には至らず。ヒース・ヒーリング フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルク・ハン

    ヴォルク・ハンから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    リングスにおける戦績として代表的なものは、1995年に決勝で前田日明を下したメガバトルトーナメント優勝がある。その後1997年にも決勝で田村潔司と対戦、勝利し優勝を果たした。なお、2001年に行われた第2回KOKトーナメントにおいて、同大会で優勝したアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが判定にもつれ込んだ対戦者はハンのみである。ヴォルク・ハン フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・サップ

    ボブ・サップから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2002年8月にPRIDE王者のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに善戦し、さらに10月と12月にK-1王者のアーネスト・ホーストに勝利したことで格闘技ファンにも実力を認められ、一方、私生活では知性派であることがメディアに紹介されるにつれ、そのギャップから親しみやすいキャラクターとして話題を呼び、日本の数多くの番組やテレビCMに多く出演することとなった。2004年には映画『IZO』、『デビルマン』に出演した。また、漫画「バビブベボブボブ!!さっぷくん」が月刊コロコロコミック(2003年7月号 - 2006年4月号)に連載された。ボブ・サップ フレッシュアイペディアより)

  • 田村潔司

    田村潔司から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    1999年4月23日、当時UFC世界ミドル級王者だったフランク・シャムロックと対戦し、引き分ける。KOKルール採用後はリングス・ネットワーク外の強豪選手と数多く対戦。2000年2月26日、キング・オブ・キングス決勝トーナメント1回戦でヘンゾ・グレイシーに判定勝ち。その後もレナート・ババル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、パット・ミレティッチなどと激闘を展開した。田村潔司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード