2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示
  • パウエル・ナツラ

    パウエル・ナツラから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2005年6月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、マウントパンチでTKO負け。パウエル・ナツラ フレッシュアイペディアより)

  • エフレイン・エスクデロ

    エフレイン・エスクデロから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2008年、UFCのリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン8に参加。シーズン最初のエリミネイションバウトではイド・パリエンテに勝利しホーム(収録場所)行きを決めると、ドラフトではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのチームに選ばれた。1回戦ではシェイン・ネルソンに勝利した後、ネルソンの友人であるジュニー・ブラウニングに乱入され、掴みかかられるという禍根を残した。準決勝ではブラウニングにダースチョークで一本勝ちし、12月13日の決勝進出を決めた。同じチーム・ノゲイラに所属していたフィリップ・ノヴァーとの決勝では、テイクダウンからのグラウンドの攻防で優位に立ち判定勝利、TUF 8の優勝を決めた。エフレイン・エスクデロ フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ブラジリアン・アナコンダ(アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2000年代に入ると、今度は柔術・レスリングなどの寝技(グラウンド)・組み技を研究しつつ、あくまで打撃にこだわるスタイルの選手が活躍するようになる。シュートボクセ・アカデミー(ムエタイ系打撃)のヴァンダレイ・シウバや、K-1グランプリで準優勝したこともあるミルコ・クロコップなどがそれである。第2代PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルもベースにあるのは、豪快な投げと強力な関節技が特徴のサンボだが、得意とするのは(特長的なのは)パンチであり、立った状態はもちろん、グラウンド状態でも強烈なパンチ(これをパウンドと呼ぶ)を放つ技術を持っている。多彩な柔術技を駆使する初代王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとは好対照をなしている。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ヘンダーソン

    ダン・ヘンダーソンから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    翌2000年2月26日、リングスKOKトーナメント決勝ラウンドで、ギルバート・アイブル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、レナート・ババルとすべて判定勝ちし、優勝を果たした。ダン・ヘンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • UFC 119

    UFC 119から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    当初は「Mir vs. Nogueira 2」の大会サブタイトルで、フランク・ミアとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦がメインイベントとして予定されていたが、ノゲイラの負傷欠場により、代役としてミルコ・クロコップの出場が決定し、大会サブタイトルも「Mir vs. Cro Cop」へ変更された。UFC 119 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    寝技に対する拘りは強く、「今の総合格闘技界は打撃偏重だからこそ、俺は寝技に拘る」と語っており、寝技について(暴力性を感じさせる)打撃によるKOが本人の意思とは関係なく起こるのと比べて、関節技や絞め技による一本勝ちは相手に自らの意思でタップさせることにより怪我のリスクを少なく、屈服させることが出来るので芸術的と語っている。しかし、「相手も僕を殺す気で殴りに来るので僕も躊躇なく骨を折りにいく」とも語っており、実際に相手選手を骨折に追い込んだこともある。自身の(総合格闘技における)寝技の技術は世界一でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラよりも自分のほうが上である、という発言もしている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE

    PRIDEから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2001年11月3日、PRIDE.17でヘビー級(93kg以上)とミドル級(93kg以下)の王座の新設に伴い王者決定戦が行われ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとヴァンダレイ・シウバがそれぞれ初代王者となった。PRIDE フレッシュアイペディアより)

  • ZZ (バンド)

    ZZ (バンド)から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    「NO WAY OUT 〜Nogueira Version〜」は、ブラジルの総合格闘家であるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの入場曲。ZZ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ケイン・ヴェラスケス

    ケイン・ヴェラスケスから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2010年2月20日、オーストラリア・シドニーで開催されたUFC 110のメインイベントでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦。1R2分20秒、右ストレートからのパウンドで失神TKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞するとともに、UFC6連勝となった。ケイン・ヴェラスケス フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード