112件中 101 - 110件表示
  • 諫山創

    諫山創から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2002年のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsボブ・サップを見て以来、格闘技を観戦するのが趣味で、自身のブログで総合格闘技の話題を取り上げる事がある。作品の中で格闘技の技や実在する格闘家をモデルとしたキャラクターを描写する事があるとも語っている。諫山創 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンタイン・オーフレイム

    ヴァレンタイン・オーフレイムから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    日本やオランダのリングスに数多く出場。リングス KING OF KINGS 1999初戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、V1アームロックで一本負けを喫した。ヴァレンタイン・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アンデウソン・シウバ

    アンデウソン・シウバから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    この頃から親交の深いアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラらと共に練習をするようになり、総合格闘技で高いグラップリング技術を持つノゲイラの手ほどきで、グラップリングのスキルを磨くことで現在の活躍への基盤を作った(もともと柔術は茶帯で寝技のスキルは低くなかったが、2005年に2人から黒帯を授与されている)。アンデウソン・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ

    アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    一卵性双生児の兄アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラも総合格闘家である。アマチュアボクシングにおいてブラジル選手権・南米選手権優勝の実績を持つ。アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • セミー・シュルト

    セミー・シュルトから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    11月24日、PRIDE.23では当時のPRIDEヘビー級王者であったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1ラウンド一本負け。この試合に敗れ左肩を負傷したことを理由に12月7日のK-1 WORLD GP 2002 決勝戦を欠場した。セミー・シュルト フレッシュアイペディアより)

  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    自身が主戦場としているK-1を愛し、誇りを持っているが故に過激な発言をすることも多い。2008年9月23日、総合格闘技イベントDREAMの大会、DREAM.6を観戦に訪れた際にリングに上がり「今日は抱き合ったりキスしたりするのしか見ていない(寝技で膠着状態になる場面が多かったことを揶揄してのコメント)」「誰でも、どこでも、いつでも挑戦を受ける!」と総合格闘技そのものを否定するような挑発的発言をし、更には観客に「本物の闘いが見たければK-1に来い」とコメントした。25日に行われたK-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16の記者会見でも「DREAMの試合はくだらない。何の競争心も感じなかった。」と発言した。後に雑誌のインタビューで「別に俺は総合格闘技そのものを否定してるわけじゃない。あのDREAM.6という大会だけがつまらなかっただけだ。だが、K-1の方が総合格闘技よりも面白くて本物の戦いだという意見は変わらない。それに現実としてMMAでも人気の高いファイターといったら、ミルコ・クロコップ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバといったストライカータイプの選手ばかりだ。グラップラータイプで人気がある選手なんてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラくらいしかいないじゃないか。MMAファイターの打撃よりも、打撃専門のK-1ファイターの方が優れてるんだから、MMAよりもK-1の方が皆が求める本物の戦いなのは当たり前だろう?」と語っている。また、「あの大会で唯一面白いと感じたのは所英男の試合だけだ。彼とは一緒に練習したことがあるし、俺は彼を友達だと思っている。あの大会でトコロは負けはしたが、負けを恐れずに積極的に動き続けていたことが素晴らしかった。一部のK-1ファイターや他の総合格闘家はトコロの姿勢を見習うべきだ」とコメントしている。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • 岡野功

    岡野功から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    1964年東京オリンピックで岡野が使った得意の絞め技に両者が横転する形で絞める十字絞がある。当時この技は知られていなかったため、主審は相手選手の抑え込みを宣誓するという珍事が起きている(相手選手が失神したため主審が気付き、岡野の勝利とした)。これは奥田義郎が佐藤宣践を試合で絞め落とした「ネズミ捕り」という、相手を押さえ込みに誘い込み、自分が下になりながら絞める技を参考に工夫したと本人が語っている。なお、総合格闘技でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが使い有名になったスピニングチョークと同じ技との誤解があるが違う技である。岡野の技は相手の襟で絞めている。岡野功 フレッシュアイペディアより)

  • UFC

    UFCから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2007年10月4日、旧DSEの日本人運営スタッフを解雇し、PRIDE FC WORLDWIDE日本事務所を解散、これにより、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、マウリシオ・ショーグン、ヴァンダレイ・シウバ、ダン・ヘンダーソン、ファブリシオ・ヴェウドゥムらPRIDEの主力選手を獲得した。UFC フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    総合格闘技ではクイントン"ランペイジ"ジャクソンがパワーボムからKO勝ち、ボブ・サップが対アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦でノゲイラの関節技から逃れるためにパワーボムを使用していた。また、マーク・コールマンは練習中のスパーリングのさなかで弟子に当たるケビン・ランデルマンからパワーボムを受けてしまい、重傷を負ったとされている。パワーボム フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ - 「リオの絞め殺し屋」「皆殺しのサンバ」「リオの関節カーニバル」古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

112件中 101 - 110件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード