106件中 21 - 30件表示
  • PRIDE 男祭り 2006

    PRIDE 男祭り 2006から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ジョシュ・バーネットとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦は、接戦の末ノゲイラが判定勝ちし、リベンジを果たした形となった。PRIDE 男祭り 2006 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ノヴァー

    フィリップ・ノヴァーから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2008年、UFCのリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン8に参加する。TUF予選会32名が集まり、UFCのダナが演説をしている最中に貧血で倒れて、視聴者に多大なインパクトを与えた。予選会ではジョー・デュアルチに勝利し、ハウス(収録場所)行きを決めると、チーム選抜ではライト級1位でコーチのアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに指名される。準々決勝ではデイヴィッド・カプランに一本勝ちし、UFC社長のダナ・ホワイトをして「若き頃のジョルジュ・サンピエールを思わせる」と言わしめた。準決勝もジョージ・ループに一本勝ちし、12月の決勝への出場を決めた。12月6日には師匠ソッカよりブラジリアン柔術黒帯を授与された。迎えた12月13日のTUF決勝ではエフレイン・エスクデロにMMAレスリングで上回られ、ことごとくテイクダウンを取られる。3Rにオモプラッタでエフレインを極めかけたように、打撃、寝技の両面でエフレインを上回るも、終始グラウンド下になりエフレインの猪木アリ状態からのパウンド等、要所要所でエフレインの攻撃に対応しきれず劣勢となり、0-3の判定負けで準優勝となった。フィリップ・ノヴァー フレッシュアイペディアより)

  • UFC 92

    UFC 92から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    メインイベントではライトヘビー級タイトルマッチが行われ、ラシャド・エヴァンスがフォレスト・グリフィンを下し総合格闘技無敗で第9代ライトヘビー級王者に就いた。セミファイナルではThe Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mirでコーチを務めたヘビー級暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとフランク・ミアによる暫定王座選手権が行われ、ミアが2ラウンドTKOで暫定王座を手にした。またクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンとヴァンダレイ・シウバが2004年10月31日のPRIDE.28でのPRIDEミドル級タイトルマッチ以来4年振りに再戦、ジャクソンがKO勝利でリベンジを果たした。UFC 92 フレッシュアイペディアより)

  • ノゲイラ

    ノゲイラから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(1976- ) - ブラジル出身の総合格闘家(1)、元PRIDEヘビー級王者。ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    準決勝第1試合ではミルコ・クロコップがヴァンダレイ・シウバを左ハイキックで失神KO、因縁の再戦を完全勝利で収める。準決勝第2試合ではジョシュ・バーネットとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがPRIDE史上No.1ともいえるハイレベルなグラウンドの攻防を展開。僅差の判定をジョシュが制し、決勝はミルコとジョシュとの3度目の対決になった。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • オモプラッタ

    オモプラッタから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    総合格闘技でも柔術家が稀に虚を突き仕掛けるが、前転による脱出が容易であるため失敗することは多い。2005年8月28日のPRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦でマウリシオ・ショーグンがヒカルド・アローナからオモプラッタをとったことで、ブラジリアン柔術黒帯を取得するなど、一種のシンボル技でもある。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ヒカルド・アルメイダなどが良く使う。オモプラッタ フレッシュアイペディアより)

  • ウィウソン・ゴヴェイア

    ウィウソン・ゴヴェイアから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    その実力はライトヘビー級の体格でありながら元PRIDEヘビー級王者のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとスパーリングで互角以上に渡り合うほどと言われる。ウィウソン・ゴヴェイア フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ

    アントニオから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ - ブラジル出身のプロ総合格闘技選手アントニオ フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.24

    PRIDE.24から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. エメリヤーエンコ・ヒョードルのPRIDEヘビー級タイトルマッチが行われるはずだったが、ヒョードルの怪我で流れる。その代替カードとして、ノゲイラ vs. ダン・ヘンダーソンというリングスでのリベンジマッチが組まれ、ノゲイラが一本勝ちした。PRIDE.24 フレッシュアイペディアより)

  • コーチキン・ユーリ

    コーチキン・ユーリから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    日本では1999年10月28日に行われたリングス KOK 1999に出場。1回戦でアリスター・オーフレイムを打撃で優位に立ち判定勝ち。2回戦ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、開始40秒腕ひしぎ十字固めで一本負け。コーチキン・ユーリ フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード