112件中 21 - 30件表示
  • The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir

    The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mirから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    本シーズンではライトヘビー級(93.0kg)とライト級(70.3kg)の選手が各16名、計32名集められ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとフランク・ミアがコーチに就任し、UFCとの契約を賭けたサバイバルが行われた。The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    準決勝第1試合ではミルコ・クロコップがヴァンダレイ・シウバを左ハイキックで失神KO、因縁の再戦を完全勝利で収める。準決勝第2試合ではジョシュ・バーネットとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがPRIDE史上No.1ともいえるハイレベルなグラウンドの攻防を展開。僅差の判定をジョシュが制し、決勝はミルコとジョシュとの3度目の対決になった。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ジョシュ・バーネットはマーク・ハントから秒殺の一本勝利を挙げ、一躍優勝候補の筆頭に。ファブリシオ・ヴェウドゥムは善戦するもアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定で敗れた。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 男祭り 2004

    PRIDE 男祭り 2004から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    PRIDE GRANDPRIX 2004決勝戦の再試合を兼ねたメインイベントのPRIDEヘビー級統一王座決定戦では正規王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをスタンドの打撃で攻め続け、判定勝ち。PRIDEヘビー級王座を統一すると同時に、同王座の初防衛に成功。また、PRIDE GRANDPRIX 2004優勝を果たした。PRIDE 男祭り 2004 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    大会ではヘビー級グランプリ1回戦の全8試合が行われ、ヒース・ヒーリング、セルゲイ・ハリトーノフ、ジャイアント・シルバ、セーム・シュルト、小川直也、ケビン・ランデルマン、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードルの8名が2回戦へ進出した。PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ヘビー級グランプリ準決勝第1試合ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがセルゲイ・ハリトーノフに判定で勝利。準決勝第2試合では小川直也とエメリヤーエンコ・ヒョードルが対戦するが、小川はヒョードルに手も足も出ず一本負け。決勝戦のヒョードル対ノゲイラは偶発的なバッティングによるカットで無効試合となり、決着はPRIDE 男祭り 2004に持ち越しとなった。PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.15

    PRIDE.15から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがPRIDE初参戦。桜庭和志に敗れるもそのパワーを見せつける。また今大会でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがPRIDEに初参戦し、「PRIDEの番人」ゲーリー・グッドリッジに何もさせずに勝利し、PRIDE白星デビューを飾った。他にヒース・ヒーリングが「霊長類ヒト科最強」マーク・ケアーをTKOで破ったPRIDE.15 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND

    PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    総合格闘技デビュー戦となったアトランタオリンピック柔道金メダリストのパウエル・ナツラは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにTKO負け。PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.20

    PRIDE.20から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの双子の弟アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラがPRIDEに初参戦し、開始35秒フロントチョークで一本勝ち。PRIDE.20 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 102

    UFC 102から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    本大会はUFC初のオレゴン州大会であり、メインイベントでは元UFC世界ヘビー級王者ランディ・クートゥアと元同級暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラによるヘビー級戦が行われた。UFC 102 フレッシュアイペディアより)

112件中 21 - 30件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード