106件中 51 - 60件表示
  • 岡野功

    岡野功から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    東京オリンピックで岡野が使った得意の絞め技に両者が横転する形で絞める十字絞がある。当時この技は知られていなかったため、主審は相手選手の抑え込みを宣誓するという珍事が起きている(相手選手が失神したため主審が気付き、岡野の勝利とした)。 これは奥田義郎が佐藤宣践を試合で絞め落とした「ネズミ捕り」という、相手を押さえ込みに誘い込み、自分が下になりながら絞める技を参考に工夫したと本人が語っている。なお、総合格闘技でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが使い有名になったスピニングチョークと同じ技との誤解があるが違う技である。岡野の技は相手の襟で絞めている。岡野功 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・コピィロフ

    アンドレイ・コピィロフから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2000年2月26日に行なわれた準々決勝では、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦。判定で敗れたが、壮絶なグラウンド戦を展開した。アンドレイ・コピィロフ フレッシュアイペディアより)

  • 横井宏考

    横井宏考から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2004年4月25日、10連勝で臨んだアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦であったが、スピニングチョークで一本負け。キャリア初黒星を喫した。横井宏考 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ホーン

    ジェレミー・ホーンから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2000年1月15日、WEF 8において後のPRIDE初代ヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、判定負け。ジェレミー・ホーン フレッシュアイペディアより)

  • 金原弘光

    金原弘光から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    リングス時代は12連勝という記録を樹立、KOKルールに移行してからはダン・ヘンダーソン、ヒカルド・アローナ、ジェレミー・ホーン、マット・ヒューズ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラらと激闘を展開。後にアブダビコンバットで優勝するアレッシャンドリ・カカレコには一本勝ちを収めるなどリングス最後のエースとして活躍。金原弘光 フレッシュアイペディアより)

  • エンセン井上

    エンセン井上から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2002年2月24日、PRIDE.19でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと引退マッチを行って、三角絞めで失神し負ける。エンセン井上 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 110

    UFC 110から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    UFC初のオーストラリア大会となる本大会では、サブタイトル「Nogueira vs. Velasquez」の通り、メインイベントでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとケイン・ヴェラスケスによるヘビー級戦が行われた。UFC 110 フレッシュアイペディアより)

  • アブダビコンバット

    アブダビコンバットから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    第1回大会から数多くの総合格闘家が参加している。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(2000年)、五味隆典(2001年)、ジョルジュ・サンピエール(2005年)など、この大会への出場経験がある著名な総合格闘家は多い。アブダビコンバット フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・ヴェウドゥム

    ファブリシオ・ヴェウドゥムから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2003年9月13日、Jungle Fight 1でガブリエル・ゴンザーガと対戦し、TKO勝ち。2005年にPRIDEデビュー。トム・エリクソンやローマン・ゼンツォフから関節技で勝利を挙げる。2005年10月23日、PRIDE.30でセルゲイ・ハリトーノフと対戦。ハリトーノフの打撃を嫌がりたびたび自分からリングに寝転がるなど、精彩を欠いた試合内容になってしまい、判定負け。2006年2月26日、PRIDE.31でユノラフ・エイネモを判定で破った。2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦でアリスター・オーフレイムと対戦。アリスターの打撃に苦戦を強いられるも、下になった状態からアリスターの腕を取り、チキンウィングアームロックで一本勝ち。2006年7月1日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDで、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、判定負け。この試合を最後にPRIDEを離脱した。2006年11月12日、オランダで開催された2H2Hでは、エメリヤーエンコ・アレキサンダーに肩固めで一本勝ち。ファブリシオ・ヴェウドゥム フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ高石

    ペドロ高石から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    カポエイラの経験によってポルトガル語ができることからアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの通訳を務めていた。ペドロ高石 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード