106件中 61 - 70件表示
  • PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    また、ヘビー級スペシャルマッチと称された第4試合では元PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと元UFC世界ヘビー級王者リコ・ロドリゲスが対戦。ノゲイラが判定により勝利を収めたが、PRIDEとUFCの判定基準の相違により物議を醸す結果となった。後に英語版公式サイトにて判定に関する説明が行われた。PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    エメリヤーエンコ・ヒョードルとミルコ・クロコップによるPRIDEヘビー級タイトルマッチがヒョードルの怪我により流れ、本大会のセミファイナルでミルコとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのヘビー級暫定王者決定戦が組まれた。当時総合格闘技無敗のミルコがノゲイラを1Rから圧倒するも、耐えたノゲイラが2Rで逆転勝ちし、暫定王座を獲得した。PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    大会ではヘビー級グランプリ1回戦の全8試合が行われ、ヒース・ヒーリング、セルゲイ・ハリトーノフ、ジャイアント・シルバ、セーム・シュルト、小川直也、ケビン・ランデルマン、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードルの8名が2回戦へ進出した。PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND

    PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    桜庭和志はヒカルド・アローナにTKO負けを喫し、中村和裕もヴァンダレイ・シウバにTKO負け。勢いに乗るマウリシオ・ショーグンがアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラにPRIDEで初めて土をつけ、アリスター・オーフレイムがイゴール・ボブチャンチンにフロントチョークで一本勝ちする。本大会がPRIDE初参戦及び総合格闘技デビュー戦となるアトランタオリンピック柔道金メダリストのパウエル・ナツラは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにTKO負け。PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ヘビー級グランプリ準決勝第1試合ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがセルゲイ・ハリトーノフに判定で勝利。準決勝第2試合では小川直也とエメリヤーエンコ・ヒョードルが対戦するが、小川はヒョードルに手も足も出ず一本負け。決勝のヒョードル対ノゲイラは偶発的なバッティングにより無効試合となり、決着はPRIDE 男祭り 2004に持ち越しとなった。PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    無差別級グランプリではファブリシオ・ヴェウドゥム、マーク・ハント、ジョシュ・バーネット、藤田和之、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、吉田秀彦の7名が2回戦進出を決めた。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • ビトー・ヒベイロ

    ビトー・ヒベイロから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ブラジリアン柔術の強豪でもあり、その実績から「柔術皇帝」の異名を持つ。レオナルド・サントス、マーシオ・フェイトーザ、レオナルド・ヴィエイラと並び、黄金のレーヴィ級四天王の1人と呼ばれていた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをはじめ、多くの柔術家がベストの柔術家として名前をあげるほどの技術を持っている。2000年のムンジアル黒帯レーヴィ級(-73kg)では四天王らによる激戦を制した。ビトー・ヒベイロ フレッシュアイペディアより)

  • Dynamite!

    Dynamite!から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    開催前は格闘技史上初の国立競技場での興行ということや、日本テレビが放送する格闘技イベント「UFO LEGEND」がDynamite!と競合するにもかかわらず猪木がプロデュースしたこと、柔道金メダリストの吉田秀彦の格闘技転向などで、様々な話題を呼んだ。イベント後にはそれまで単なる大男と思われたボブ・サップがPRIDE王者だったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに善戦したことで格闘技ファンから認知されることになった。Dynamite! フレッシュアイペディアより)

  • ジュニオール・ドス・サントス

    ジュニオール・ドス・サントスから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    総合格闘家としてはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの直弟子にあたる。ジュニオール・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    総合格闘技ではPRIDEでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがKO勝ちを上げているほか、ボブ・サップがアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに仕掛けている。パワーボム フレッシュアイペディアより)

106件中 61 - 70件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード