112件中 61 - 70件表示
  • ウィウソン・ゴヴェイア

    ウィウソン・ゴヴェイアから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    その実力はライトヘビー級の体格でありながら元PRIDEヘビー級王者のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとスパーリングで互角以上に渡り合うほどと言われる。ウィウソン・ゴヴェイア フレッシュアイペディアより)

  • オモプラッタ

    オモプラッタから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ヒカルド・アルメイダなどが良く使う。オモプラッタ フレッシュアイペディアより)

  • 腕挫三角固

    腕挫三角固から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    相手が首を引き抜こうとして腕を伸ばした際に、そのまま腹部を張って体全体で反り返るようにしてその腕を腕ひしぎ十字固めと同様に極める(見た目は三角絞めに似ているが絞め技との複合技ではなく関節技である)。PRIDEのリングではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが三角絞めからの変形によりマーク・コールマンに、この技を極めている。腕挫三角固 フレッシュアイペディアより)

  • リングス

    リングスから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アメリカのチーム・クエストに所属するランディ・クートゥア、ダン・ヘンダーソン、ブラジルのブラジリアン・トップチームに所属するアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ヒカルド・アローナ、オランダのドージョー・チャクリキに在籍したピーター・アーツらの初来日はリングスである。またリングス・ロシアやリングス・オランダなどしっかりとした組織があり海外でも大会を開いている。海外ではすでに活躍していたが日本ではまだ無名であった彼らを招聘して日本での活躍の活路を開いた。「世界最強はRINGSが決める」のキャッチコピー通りエメリヤーエンコ・ヒョードルは誰もが認める世界最強の男になった。リングス フレッシュアイペディアより)

  • ティム・シルビア

    ティム・シルビアから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2008年2月2日、UFC 81のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1Rではパンチでダウンを奪うが、3Rにフロントチョークで一本負けを喫し王座獲得に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。ティム・シルビア フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 男祭り 2006

    PRIDE 男祭り 2006から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ジョシュ・バーネットとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦は、接戦の末ノゲイラが判定勝ちし、リベンジを果たした。PRIDE 男祭り 2006 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ホーン

    ジェレミー・ホーンから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2000年1月15日、WEF 8のヘビー級スーパーファイト王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。ジェレミー・ホーン フレッシュアイペディアより)

  • UFC 110

    UFC 110から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    UFC初のオーストラリア開催となった本大会では、メインイベントでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとケイン・ヴェラスケスによるヘビー級戦が行われた。UFC 110 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 153

    UFC 153から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    サブミッション・オブ・ザ・ナイト: アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラUFC 153 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 134

    UFC 134から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラUFC 134 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード