112件中 71 - 80件表示
  • パウエル・ナツラ

    パウエル・ナツラから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2005年6月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、マウントパンチでTKO負け。パウエル・ナツラ フレッシュアイペディアより)

  • 肩固め

    肩固めから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    MMAでは、カーウソン門下のムリーロ・ブスタマンチ、マリオ・スペーヒー、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ビトー・シャオリン・ヒベイロなどが極め技として披露してきた。肩固め フレッシュアイペディアより)

  • UFC 92

    UFC 92から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    セミファイナルではThe Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mirでコーチを務めたヘビー級暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとフランク・ミアによる暫定タイトルマッチが行われ、ミアが2ラウンドTKOで暫定王座を獲得した。UFC 92 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 108

    UFC 108から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アンデウソン・シウバ対ビクトー・ベウフォートの世界ミドル級タイトルマッチ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ対ケイン・ヴェラスケス戦等がメイン候補に挙がったが、負傷欠場者の続出で、結局ラシャド・エヴァンス対チアゴ・シウバがメインイベントとなった。UFC 108 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.34

    PRIDE.34から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    同時期にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのUFCとの正式契約がアメリカにて発表された。これまでPRIDEヘビー級トップ3を担ってきた3人(エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ)の最後の男のPRIDE離脱が、10周年記念イヤー最初の、そしてDSE主催ラスト興行のこの日に明らかとなった。PRIDE.34 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 69

    UFC 69から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    試合間のインターバル中に元PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがオクタゴンに登場し、UFC参戦を正式に表明した。UFC 69 フレッシュアイペディアより)

  • UFC 119

    UFC 119から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    当初は「Mir vs. Nogueira 2」の大会サブタイトルで、フランク・ミアとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦がメインイベントとして予定されていたが、ノゲイラの負傷欠場により、代役としてミルコ・クロコップの出場が決定し、大会サブタイトルも「Mir vs. Cro Cop」へ変更された。UFC 119 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.16

    PRIDE.16から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    本来は前大会「PRIDE.15」で行われるはずだったマーク・コールマンvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが今大会で実現。試合はノゲイラがコールマンをその技術力で完全に支配し、1R後半に腕を決めて一本勝ち。「柔術マジシャン」の強さを世に知らしめることになった。PRIDE.16 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ

    アントニオから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ - ブラジル出身のプロ総合格闘技選手アントニオ フレッシュアイペディアより)

  • ヒカルド・デラヒーバ

    ヒカルド・デラヒーバから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    PRIDE初代ヘビー級王者ミノタウロことアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、弟のミノトウロことアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、元UFC世界ライトヘビー級王者リョート・マチダ、新日本プロレスの中邑真輔の柔術の師匠にあたる。ヒカルド・デラヒーバ フレッシュアイペディアより)

112件中 71 - 80件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード