106件中 71 - 80件表示
  • ティム・シルビア

    ティム・シルビアから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2008年2月2日に開かれたUFC 81のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1Rではパンチでダウンを奪うが、3Rにフロントチョークで一本負け。敗れたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同年7月19日には、Affliction旗揚げ大会「Affliction: Banned」において、WAMMA世界ヘビー級王座決定戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パンチでダウンを奪われ、チョークスリーパーにより1ラウンド36秒で一本負けを喫した。ティム・シルビア フレッシュアイペディアより)

  • 高校鉄拳伝タフ

    高校鉄拳伝タフから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    西洋の古代の秘術、カバラと中国拳法を融合させたカバラ拳法の第一人者だが、鬼龍と闘い、敗北。その時に鬼龍に表情を奪われていた。熹一に催眠術をかけ、戦闘能力を奪ったが、覚醒した熹一の右アッパーの前に敗北。その後、静虎を斧で殺そうとするもあっさり避けられるが、その時に静虎の施術により表情を取り戻した。モデルはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラまたはアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ。高校鉄拳伝タフ フレッシュアイペディアより)

  • UFC 102

    UFC 102から見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    本大会はUFC初のオレゴン州興行であり、メインイベントでは元UFC世界ヘビー級王者ランディ・クートゥアと元同級暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラによるヘビー級戦が行われた。UFC 102 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    6月2日 - アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル、格闘家)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • パイルドライバー

    パイルドライバーから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    基本的にはプロレスでしかみられない技ではあるが、2002年8月28日開催のDynamite!にて行われたボブ・サップ対アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの一戦では、ノゲイラのタックルをサップがパイルドライバーのような形で返すという場面があった。パイルドライバー フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    ジョシュ・バーネットはマーク・ハントから秒殺の一本勝利を挙げ、一躍優勝候補の筆頭に。ファブリシオ・ヴェウドゥムは善戦するもアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定で敗れた。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • ブレンダン・ショーブ

    ブレンダン・ショーブから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2011年8月28日、UFC 134でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、KO負けを喫した。ブレンダン・ショーブ フレッシュアイペディアより)

  • セミー・シュルト

    セミー・シュルトから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    11月24日、PRIDE.23では当時のPRIDEヘビー級王者であったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1ラウンド一本負け。この試合に敗れ左肩を負傷したことを理由に12月7日のK-1 WORLD GP 2002 決勝戦を欠場した。セミー・シュルト フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・シウバ

    アントニオ・シウバから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    4歳から始めた空手とブラジリアン柔術がバックボーンで、アメリカン・トップチームでの練習に加え、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラとトレーニングしている。その巨体とパワーに加えて空手、柔道、柔術で黒帯を取得するなど優れた打撃と寝技を兼ね備えており、パウンドが最大の得意技。リーチは208cm。アントニオ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ベイダー

    ライアン・ベイダーから見たアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    2008年、7戦全勝のキャリアを持ってUFCのリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン8に参加する。カイル・キングスベリーとのサバイバルマッチを制してアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにチーム1位の指名を受けると、トム・ローラー、エリオット・マーシャルを破り決勝進出を果たした。12月13日に行われた決勝では出身のヴィニシウス・マガリャエスと対戦、開始2分過ぎに右フックでダウンを奪うとパウンドで追撃してレフェリーストップとなり、ライトヘビー級トーナメント優勝を果たした。ライアン・ベイダー フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード