116件中 101 - 110件表示
  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たアブダビコンバット

    2000年1月15日、ジョージア州のロームフォーラム・シビックセンターで行われた「World Extreme Fighting 8」のヘビー級スーパーファイト王座決定戦で、ジェレミー・ホーンと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。試合自体は、両者の猪木アリ状態が見られるなど膠着状態が続き、格闘技雑誌では「見所なき凡戦」と書かれてしまっている。同年3月には第3回アブダビコンバット99kg以上級に出場。1回戦でショーン・アルバレスにポイント勝ちするものの、2回戦でリコ・ロドリゲスに膝十字固めで敗退した。『RINGS KING OF KINGS 2000トーナメント』ではラバザノフ・アフメッド、田村潔司、ヴォルク・ハン、金原弘光、ヴァレンタイン・オーフレイムを立て続けに破り優勝を果たした。同年、カーウソン・グレイシー柔術アカデミーの分裂に際してマリオ・スペーヒー、ムリーロ・ブスタマンチらと共にブラジリアン・トップチームとして独立する。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たフロントチョーク

    2008年2月2日、UFC 81のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でティム・シルビアと対戦。1Rにはダウンを奪われるなど劣勢であったが、3Rにスイープからのギロチンチョークで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。また、この試合は同大会のファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見た眼科学

    2006年5月頃より右眼の黒い部分に白濁が発見され、眼疾が懸念されていた。治療は完了し、現在はまったく問題はないとノゲイラ自身は雑誌のインタビューで語っている。ただし2006年以降の試合で不用意なダウンを喫する場面が増えているのは事実で、真偽の程は不明。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC 92

    2008年12月27日、初の暫定王座防衛戦となったUFC 92でフランク・ミアと対戦。左フックで倒されたところにパウンドを連打されTKO負けを喫し王座陥落した。ダナ・ホワイトによると、一週間前まで熱で入院していたと言う。また、この試合を終えてすぐに膝の手術を行った。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC 190

    2015年8月1日、UFC 190でヘビー級ランキング15位のステファン・ストルーフェと対戦し、判定負け。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たPRIDE 男祭り 2004

    2004年大晦日のPRIDE 男祭り 2004のメインイベントでPRIDEヘビー級王座と同ヘビー級GP王座の両タイトルを賭けて再々戦。パウンド対策は実を結んだものの、打撃、寝技の両面において完封され判定負けを喫し王座獲得に失敗した。なお、この日は会場入りが大幅に遅れてしまい、オープニングセレモニーに間に合わなかった。そのため、双子の弟のホジェリオに代打でセレモニーに参加してもらっていた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC on Fuel TV 10

    2013年、The Ultimate Fighter: Brazil 2でファブリシオ・ヴェウドゥムとコーチ役を務める。6月8日のUFC on Fuel TV 10でヘビー級ランキング3位のヴェウドゥムと約7年振りに再戦。2Rに腕ひしぎ十字固めを極められて一本負け。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC 153

    2012年10月13日、母国ブラジルで開催されたUFC 153でデイブ・ハーマンと対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たLILY OF DA VALLEY

    リングス時代はブラジルのサッカークラブであるCRヴァスコ・ダ・ガマのテーマ「COME WITH ME」を入場曲にしていたが、曲の入ったCDを無くしてしまったらしい。PRIDEでは、ZZの「NO WAY OUT」を入場曲にしていた。これは、PRIDE王者時代に彼を称えるために作られた曲である。また、2002年8月28日、Dynamite!でのボブ・サップ戦ではDragon Ashの「Revolater」を入場曲として使用した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たPRIDE.25

    2003年3月16日、PRIDE\.25でエメリヤーエンコ・ヒョードルとの初防衛戦に挑んだが、ノゲイラの寝技を研究し尽くしたヒョードルの戦略と強烈なパウンドの前に圧倒され、判定で敗れ王座陥落。8月10日、PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦のワンマッチで元UFC世界ヘビー級王者リコ・ロドリゲスと対戦。判定により勝利を収めたが、PRIDEとUFCの判定基準の相違により物議を醸す結果となった。後に英語版公式サイトにて判定に関する説明が行われた。11月9日、ヒョードルの怪我によるミルコ・クロコップとのヘビー級暫定王座をかけた一戦では、テイクダウンを奪えずスタンドで劣勢に立ち、1R終了間際には左ハイキックでダウン、かろうじてゴングに救われた。2Rは開始早々テイクダウンからマウントを奪い、ミルコのブリッジに合わせて腕ひしぎ十字固めで逆転一本勝ちを収め王座獲得に成功した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

116件中 101 - 110件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード