116件中 31 - 40件表示
  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たホイス・グレイシー

    1993年、アメリカで開催されたUFCでのホイス・グレイシーの活躍に憧れ、17歳の時ヒカルド・デラヒーバの弟子ギリェルメ・アサッドのもとでブラジリアン柔術を始め、その後はデラヒーバに直接師事した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たパウエル・ナツラ

    2005年は6月26日のPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDでパウエル・ナツラにマウントパンチでTKO勝利を収めた。この年は1試合の出場にとどまった。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たジヴァニウド・サンターナ

    1999年1月、パンアメリカン柔術選手権に出場し、茶帯ペサディシモ(+97kg)級で優勝、またアブソルート(無差別)級では決勝でジヴァニウド・サンターナを下し2冠を達成し、22歳でデラヒーバからブラジリアン柔術黒帯を授与された。その後アメリカに移住し、パンナムの活躍によりWEF(ワールド・エクストリーム・ファイティング)のプロモーターにスカウトされる。6月12日にデビッド・ドッド戦でプロ総合格闘技デビュー。また7月にはムンジアルに出場し、黒帯無差別級でベスト4に進出するも、準決勝でホベルト・"ホレッタ"・マガリャエスに敗れている。また、この年に柔道の黒帯も取得している。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たランディ・クートゥア

    2009年8月29日、復帰戦となったUFC 102では、二度のダウンを奪ってランディ・クートゥアに判定勝ちを収め、レスナーへの王座挑戦、ミアとの再戦をアピールした。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たマーク・コールマン

    2001年より総合格闘技イベントPRIDEに参戦。緒戦の相手ゲーリー・グッドリッジを三角絞めで破ると、2戦目には前年のPRIDEグランプリの覇者、マーク・コールマンと対戦。三角絞めでコールマンが立ち上がったのに合わせ腕ひしぎ三角固めに移行し、タップアウト勝利を収めた。PRIDE.17では新設されたヘビー級王座を賭けヒース・ヒーリングと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たヴォルク・ハン

    2000年1月15日、ジョージア州のロームフォーラム・シビックセンターで行われた「World Extreme Fighting 8」のヘビー級スーパーファイト王座決定戦で、ジェレミー・ホーンと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。試合自体は、両者の猪木アリ状態が見られるなど膠着状態が続き、格闘技雑誌では「見所なき凡戦」と書かれてしまっている。同年3月には第3回アブダビコンバット99kg以上級に出場。1回戦でショーン・アルバレスにポイント勝ちするものの、2回戦でリコ・ロドリゲスに膝十字固めで敗退した。『RINGS KING OF KINGS 2000トーナメント』ではラバザノフ・アフメッド、田村潔司、ヴォルク・ハン、金原弘光、ヴァレンタイン・オーフレイムを立て続けに破り優勝を果たした。同年、カーウソン・グレイシー柔術アカデミーの分裂に際してマリオ・スペーヒー、ムリーロ・ブスタマンチらと共にブラジリアン・トップチームとして独立する。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たアンデウソン・シウバ

    アンデウソン・シウバとの親交が深く、アンデウソンにブラジリアン柔術を教授し、ブラジリアン柔術黒帯を授与している。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たステファン・ストルーフェ

    2015年8月1日、UFC 190でヘビー級ランキング15位のステファン・ストルーフェと対戦し、判定負け。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たカーウソン・グレイシー

    2000年1月15日、ジョージア州のロームフォーラム・シビックセンターで行われた「World Extreme Fighting 8」のヘビー級スーパーファイト王座決定戦で、ジェレミー・ホーンと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。試合自体は、両者の猪木アリ状態が見られるなど膠着状態が続き、格闘技雑誌では「見所なき凡戦」と書かれてしまっている。同年3月には第3回アブダビコンバット99kg以上級に出場。1回戦でショーン・アルバレスにポイント勝ちするものの、2回戦でリコ・ロドリゲスに膝十字固めで敗退した。『RINGS KING OF KINGS 2000トーナメント』ではラバザノフ・アフメッド、田村潔司、ヴォルク・ハン、金原弘光、ヴァレンタイン・オーフレイムを立て続けに破り優勝を果たした。同年、カーウソン・グレイシー柔術アカデミーの分裂に際してマリオ・スペーヒー、ムリーロ・ブスタマンチらと共にブラジリアン・トップチームとして独立する。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見た横井宏考

    2004年に開催されたPRIDEヘビー級グランプリでは、1回戦で横井宏考、2回戦でヒース・ヒーリングにいずれも新技スピニングチョークで一本勝ちを収め、ベスト4に進出する。8月15日、グランプリ準決勝でセルゲイ・ハリトーノフを判定で下し、決勝では因縁のヒョードルと再戦するも、偶然のバッティングによりヒョードルが出血したため、無効試合に終わる。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

116件中 31 - 40件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード