108件中 81 - 90件表示
  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC 92

    2008年12月27日、初の暫定王座防衛戦となるUFC 92でフランク・ミアと対戦。左フックで倒されたところにパウンドを連打されTKO負け。UFC世界ヘビー級暫定王座から陥落した。ダナ・ホワイトによると、一週間前まで熱で入院していたと言う。また、この試合を終えてすぐに膝の手術を行った。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たLILY OF DA VALLEY

    リングス時代はブラジルのサッカークラブであるCRヴァスコ・ダ・ガマのテーマ「COME WITH ME」を入場曲にしていたが、曲の入ったCDを無くしてしまったらしい。PRIDEでは、ZZの「NO WAY OUT」を入場曲にしていた。これは、PRIDE王者時代に彼を称えるために作られた曲である。また、2002年8月28日、Dynamite!でのボブ・サップ戦ではDragon Ashの「Revolater」を入場曲として使用した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC Fight Night 9

    2007年4月5日のUFC Fight Night 9をUFCのダナ・ホワイト社長とともに観戦し、続く4月8日のUFC 69でオクタゴンに登場。ダナ・ホワイト社長からUFCに参戦することが正式に発表された。また、これに前後して長年在籍したブラジリアン・トップチームを脱退。アメリカン・トップチームやブラック・ハウスでトレーニングを積みながら、アメリカに自身の新しいチーム「チーム・ノゲイラ」を発足。7月7日、UFCデビューとなるUFC 73のヒース・ヒーリングとの3度目の対戦では、1R終盤にヒーリングのハイキックでダウンを奪われるも、それ以外では終始試合を支配して判定勝ちを収めた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たブラジリアン・トップチーム

    2000年1月15日、ジョージア州のロームフォーラム・シビックセンターで行われた「WEF 8」のWEFスーパーヘビー級王者決定戦(8分3R)で、ジェレミー・ホーンを判定で破り、WEFスーパーヘビー級王者となった。試合自体は、両者の猪木アリ状態が見られるなど膠着状態が続き、格闘技雑誌では「見所なき凡戦」と書かれてしまっている。同年3月には第3回アブダビコンバット99kg以上級に出場。1回戦でショーン・アルバレスにポイント勝ちするものの、2回戦でリコ・ロドリゲスに膝十字固めで敗退した。『RINGS KING OF KINGS 2000トーナメント』ではラバザノフ・アフメッド、田村潔司、ヴォルク・ハン、金原弘光、ヴァレンタイン・オーフレイムを立て続けに破り優勝を果たした。同年、カーウソン・グレイシー柔術アカデミーの分裂に際してマリオ・スペーヒー、ムリーロ・ブスタマンチらと共にブラジリアン・トップチームとして独立する。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見た総合格闘家

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(Antônio Rodrigo Nogueira、男性、1976年6月2日 - )は、ブラジルの総合格闘家、ブラジリアン柔術家。バイーア州ヴィトリア・ダ・コンキスタ出身。チーム・ノゲイラ主宰。また、母国ブラジルにてチーム・ミノタウロを主宰。元PRIDEヘビー級王者、元UFC世界ヘビー級暫定王者。ブラジリアン柔術黒帯。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たアメリカン・トップチーム

    2007年4月5日のUFC Fight Night 9をUFCのダナ・ホワイト社長とともに観戦し、続く4月8日のUFC 69でオクタゴンに登場。ダナ・ホワイト社長からUFCに参戦することが正式に発表された。また、これに前後して長年在籍したブラジリアン・トップチームを脱退。アメリカン・トップチームやブラック・ハウスでトレーニングを積みながら、アメリカに自身の新しいチーム「チーム・ノゲイラ」を発足。7月7日、UFCデビューとなるUFC 73のヒース・ヒーリングとの3度目の対戦では、1R終盤にヒーリングのハイキックでダウンを奪われるも、それ以外では終始試合を支配して判定勝ちを収めた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見た腕挫三角固

    2001年より総合格闘技イベントPRIDEに参戦。緒戦の相手ゲーリー・グッドリッジを三角絞めで破ると、2戦目には前年のPRIDEグランプリの覇者、マーク・コールマンと対戦。三角絞めでコールマンが立ち上がったのに合わせ腕ひしぎ三角固めに移行し、タップアウト勝利を収めた。PRIDE.17では新設されたヘビー級王座を賭けヒース・ヒーリングと対戦、立ち技・寝技の両方で主導権を握り判定で勝利し、初代PRIDEヘビー級王者となった。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たUFC 69

    2007年4月5日のUFC Fight Night 9をUFCのダナ・ホワイト社長とともに観戦し、続く4月8日のUFC 69でオクタゴンに登場。ダナ・ホワイト社長からUFCに参戦することが正式に発表された。また、これに前後して長年在籍したブラジリアン・トップチームを脱退。アメリカン・トップチームやブラック・ハウスでトレーニングを積みながら、アメリカに自身の新しいチーム「チーム・ノゲイラ」を発足。7月7日、UFCデビューとなるUFC 73のヒース・ヒーリングとの3度目の対戦では、1R終盤にヒーリングのハイキックでダウンを奪われるも、それ以外では終始試合を支配して判定勝ちを収めた。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たスピニングチョーク

    2004年に開催されたPRIDEヘビー級GP(グランプリ)では、1回戦で横井宏考、2回戦でヒース・ヒーリングにいずれも新技スピニングチョークで一本勝ちを収め、ベスト4に進出する。なお、この技を最初に考案したのはホアン・"ジュカオン"・カルネイロであり、ジュカオンがホジェリオに教えた後にホジェリオからホドリゴへ伝わったとされる。8月15日、グランプリ準決勝でセルゲイ・ハリトーノフを判定で下し、決勝では因縁のヒョードルと再戦するも、偶然のバッティングによりヒョードルが出血したため、無効試合に終わる。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たPRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

    2004年に開催されたPRIDEヘビー級GP(グランプリ)では、1回戦で横井宏考、2回戦でヒース・ヒーリングにいずれも新技スピニングチョークで一本勝ちを収め、ベスト4に進出する。なお、この技を最初に考案したのはホアン・"ジュカオン"・カルネイロであり、ジュカオンがホジェリオに教えた後にホジェリオからホドリゴへ伝わったとされる。8月15日、グランプリ準決勝でセルゲイ・ハリトーノフを判定で下し、決勝では因縁のヒョードルと再戦するも、偶然のバッティングによりヒョードルが出血したため、無効試合に終わる。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

108件中 81 - 90件表示

「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」のニューストピックワード