アントニオ猪木

アントニオ猪木 ニュース&Wiki etc.

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、, 1943年2月20日 - )は、日本のプロレスラー・実業家・政治家。本名・旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型はAB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズ… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アントニオ猪木」のつながり調べ

  • 清水一郎 (アナウンサー)

    清水一郎 (アナウンサー)から見たアントニオ猪木

    プロレス中継では、力道山最後のテレビ中継となったインターナショナル選手権試合、ザ・デストロイヤー戦の実況1、全盛期のジャイアント馬場の試合2(対フリッツ・フォン・エリック戦)や、馬場とアントニオ猪木とのBI砲の試合など、数々の激闘を実況した。解説者の芳の里や山田隆とは長くコンビを組み、映像が多く現存されている。東京プロレスより復帰したアントニオ猪木がメインエベンターで出始めた頃、実況で清水はアントニオ猪木と呼ばず、「猪木寛至」と本名で呼んだこともあった。(清水一郎 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • レジャーニューズ

    レジャーニューズから見たアントニオ猪木

    2008年10月30日に発行した、通算第4611号(2008年11月4日号)を「最終号」として休刊。最終号の1面はアントニオ猪木が当紙休刊に対し『歴史は終わらない。魂あるものは復活する』とコメントし、中面では全国の読者からの休刊を惜しむメッセージ特集や、数名のプロレス関係者からのコメント、昭和時代のプロレスをテーマとした記者座談会も掲載された。母体の「名古屋タイムズ」も同じく2008年10月をもって休刊した。(レジャーニューズ フレッシュアイペディアより)

「アントニオ猪木」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「アントニオ猪木」のニューストピックワード