前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
864件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    第5回優勝者。現役時代のアントニオ猪木の試合の形態模写を行っている。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント馬場

    ジャイアント馬場から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本プロレス界史上最大の巨体を持ち、力道山、アントニオ猪木と並ぶビッグネームでもあり、コマーシャルやテレビ番組などでも人気を博し、現役時代はNWA世界ヘビー級王座に3度就いた。ジャイアント馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1972年1月、日本プロレス選手会を除名されたアントニオ猪木が設立。同年9月に設立されたジャイアント馬場率いる全日本プロレスと、男子プロレス界の二大老舗団体として君臨。「ストロングスタイル」と呼ばれるファイトスタイルを掲げている。また、1970年代よりリングドクター(現在は富家孝、林督元)制を取り入れており、健康管理の面においては他団体と格段の差別化となっている。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1953年12月28日、大分県国東郡に生まれる。中学時代にアントニオ猪木に憧れ、プロレスラーを目指す。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    本書において高橋は、プロレスの興業においては「絶対的な権限を持っている」マッチメイカーがカード編成と勝敗を決め、レフェリーがその内容を実現するための仲立ちを務めると述べた上で、新日本プロレスで過去に行われた複数の試合について、その内幕を明かしている。たとえば高橋によると、アントニオ猪木が戦った異種格闘技戦のうち真剣勝負であったのはモハメド・アリ戦とアクラム・ペールワン戦の2試合のみである。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ小猪木

    アントニオ小猪木から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ小猪木のマネージャーを務めていたファニー猪木はアントニオ猪木の実の姪である(現在ファニー猪木は西口エンタテインメントを退社している)。アントニオ小猪木 フレッシュアイペディアより)

  • ルー・テーズ

    ルー・テーズから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1973年10月14日 - 新日本プロレスに初登場、カール・ゴッチと組んでアントニオ猪木・坂口征二と「世界最強タッグ戦」を行う。なお、この年テーズ57歳、ゴッチ49歳であり、この年齢で「世界最強タッグ」の看板に説得力を持たせることが出来たあたり、当時のテーズの名声をうかがい知ることが出来る。ルー・テーズ フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ハンセン

    スタン・ハンセンから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    サンマルチノ戦後の1977年新春より新日本プロレスと契約し、同年秋の2度目(来日は3度目)の参加からはシリーズエースとしてメイン級の働きをするようになった。1979年のMSGシリーズでは、アンドレ・ザ・ジャイアントを抑えてアントニオ猪木と優勝戦を闘い、1980年2月にはウィリー・ウィリアムスが観戦する面前で猪木からNWFヘビー級王座を奪取した。以後も猪木のライバルとして成長し、NWF王座をめぐる名勝負を展開した。「0.X秒差の逆ラリアート」などのドラマを生み、それまでのメイン・イベンターであったタイガー・ジェット・シンを抜いて新日のトップ外国人レスラーとなった。1981年9月には田園コロシアムにおいて、アンドレと伝説として語り継がれる名勝負を産んだ。またハルク・ホーガンとの強力タッグも話題を集めた。その圧倒的な強さは当時の実況アナウンサー古舘伊知郎により、「不沈艦」「ブレーキの壊れたダンプカー」などと形容された。当時のアメリカではジョージア州を主戦場に活躍する一方、1981年には再びニューヨークのWWFに参戦。MSG定期戦において旧友ボブ・バックランドのWWFヘビー級王座に3か月連続で挑戦している(3度目の挑戦となる同年4月6日の定期戦では、スチール・ケージ・マッチによる決着戦が行われた)。スタン・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    リング下ではアントニオ猪木、ストロング小林、ウィレム・ルスカらが観戦し、セコンドでは山本小鉄が鼓舞激励するというプロレスの威信をかけた試合だった。なお、この試合に負けたから打撃を取り入れた格闘技に傾倒していったのではなく、元々リアル指向で、会社に内緒で打撃の練習をしていた(そんなところからこの試合に抜擢された)。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・パワーズ

    ジョニー・パワーズから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    鍛え上げられた肉体から鋼鉄男と称され、また徹底的に相手を痛めつける冷徹な試合振りから死神の異名をとった。日本ではアントニオ猪木にNWF世界ヘビー級王座を奪われたレスラーとして知られる。ジョニー・パワーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
864件中 1 - 10件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード