864件中 91 - 100件表示
  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    大賞 - 蝶野正洋(「俺達のプロレスオールスター戦」のVTRでの橋本真也やアントニオ猪木の行動や言動に対し、悪役キャラを忘れて思わず出た、笑いを必死に噛み殺した表情)雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    なお野球以外でのイベントでは、1998年(平成10年)4月4日の新日本プロレス他主催の燃える闘魂アントニオ猪木引退試合が70,000人と発表されている。また、1998年8月30日の日本テレビ主催の今世紀最後!! 史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズでは、1階席と2階席のみでバルコニー席を使用しなかったが、50,453人と水増し発表されている。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • マサ斎藤

    マサ斎藤から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    大学卒業後の1965年4月に日本プロレスに入門した。同年6月3日に、高崎山猿吉戦でデビュー。翌1966年6月、日本プロレスを離脱し、豊登が興した東京プロレスに参加する。アントニオ猪木、豊登に次ぐ三番手のポジションで戦い、一時は社長も務めた。しかし東京プロレスは翌年あえなく崩壊、猪木らを除く大半の所属レスラーは国際プロレスに移籍するが、マサは渡米を選択した。マサ斎藤 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口征二

    坂口征二から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    武者修行からの凱旋帰国後はジャイアント馬場、アントニオ猪木に次ぐスターとなった。1971年には、猪木とのコンビで第2回NWAタッグ・リーグ戦に優勝。その後、1971年12月の猪木追放に伴い、猪木の代役としてNWA世界ヘビー級王者ドリー・ファンク・ジュニアに挑戦、好勝負を残す。さらに、猪木が保持していたUNヘビー級王座を1972年2月に奪取し、猪木に代わる馬場のパートナーとしてタッグチーム『東京タワーズ』を結成しインターナショナル・タッグ王座も獲得するが、ほどなくして馬場も離脱し、それ以降日本プロレスのエースとなった。インタータッグは一旦返上するが、1972年12月に大木金太郎とのコンビでジン・キニスキー&ボボ・ブラジルを破り再奪取。坂口征二 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のテレビ (日本)

    1998年のテレビ (日本)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    4月6日 - 緊急特番!さらば闘魂…アントニオ猪木引退試合(テレビ朝日)1998年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 闘翔ボーイ

    闘翔ボーイから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    K-1出現以前に立ち技最強トーナメントを描いたり、アントニオ猪木が実現する以前に円形リングでのファイトを描いたりと、後の格闘技界の出来事を予知したかのような内容もある。闘翔ボーイ フレッシュアイペディアより)

  • 真島理一郎

    真島理一郎から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    これは競技の誕生からオリンピッグに到るまでのスキージャンプ・ペアの歴史を描いた、架空のドキュメンタリー映画(モキュメンタリー)で、競技シーン以外は実写で描かれ、アントニオ猪木やジャンパーの船木和喜、荻原次晴などが実名で登場する。真島理一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巌流島の戦い (プロレス)

    巌流島の戦い (プロレス)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    巌流島の戦い(がんりゅうじまのたたかい)は1987年10月4日に行われた、新日本プロレスの企画したアントニオ猪木とマサ斎藤によるプロレスの試合。試合は巌流島で行われた。巌流島の戦い (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ猪木も現役時代、延髄斬りを開発する前は卍固めと共にフィニッシュに用いていた。ウィレム・ルスカとの異種格闘技戦において放ったバックドロップ3連発のシーンは、長くワールドプロレスリング中継のオープニングを飾る1シーンとして使用されていた。一方、そのライバルであったジャイアント馬場は、己の長身でこの技を繰り出すことが非常に危険であることを自ら察知し、自らの肩越しに相手をスライドさせるようなドリー・ファンク・ジュニア式の抱え式バックドロップを使っていた。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 吉村道明

    吉村道明から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本プロレスへ移籍後は、力道山の脇役であったが、軽快な身のこなしからの回転エビ固めなどの得意技で人気者となる。また、若手レスラーの壁として立ちはだかり、デビュー間もないアントニオ猪木(当時は猪木寛至)との対戦成績は19連勝を記録している。1961年にヘビー級へ転向し、力道山のパートナーとしてタッグチームを組む機会も多くなり、大柄の外国人レスラーに血だるまで立ち向かう姿から「火の玉小僧」と呼ばれ活躍した。一人で相手の攻撃を受けまくる姿は、結果的に力道山をはじめとするタッグ・パートナーを引き立たせる効果もあげていた。また日本プロレス屈指の技巧派としても有名で、カール・ゴッチ、キラー・カール・コックスの初来日に際して第一戦の相手として起用されたのも吉村である。必然的にそれぞれの必殺技であるジャーマン・スープレックスとブレーンバスターを日本で最初に食ったのも吉村となった。なお、ゴッチは吉村を力道山より上だと評価しており、初来日の1961年に13回、2度目の1966年に1回対戦した。戦績は吉村の1勝3敗9引分1ノーゲームで、ゴッチから2フォール勝ちを奪った唯一の日本人レスラーである。吉村道明 フレッシュアイペディアより)

864件中 91 - 100件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード