1029件中 111 - 120件表示
  • 長州力

    長州力から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    テレビでの登場機会も多くタイトルマッチも多かった。チャンスを多くもらったのだが、長髪全盛の時代にパンチパーマで腹も出ており、技も華やかさに欠け無骨なファイトだった長州はさっぱり人気が出ず、精悍で女性受けする藤波辰巳、木村健悟の後塵を拝す。1979年にはストロング小林を抜いてヘビー級3番手に浮上し、坂口征二と共にNWA北米タッグ王座を保持していたが単なる脇役という印象は拭い去れずにいた。同タイトルもアントニオ猪木の提唱するIWGP構想により(IWGP発表当初はタッグに関する構想はなかったにもかかわらず)返上となった。長州力 フレッシュアイペディアより)

  • ハルク・ホーガン

    ハルク・ホーガンから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1980年から1983年にかけて、日本では当時WWFと提携していた新日本プロレスを主戦場とする。初来日は1980年5月の『第3回MSGシリーズ』。アメリカでのスケジュールの都合のためリーグ戦には参加せず、シリーズ後半戦への特別参加という扱いで、初来日ながらアントニオ猪木とのシングルマッチもテレビ中継で組まれた。当時は1955年生まれと称しており、金色のマントをまとい背中には黒い剛毛を生やしていた。ハルク・ホーガン フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    ゴッチが新日本プロレスに協力した関係でジャーマン・スープレックスは主に新日本出身レスラーに引き継がれていくことになる。アントニオ猪木をはじめとして藤波辰爾(後にドラゴン・スープレックスを考案)、初代タイガーマスク(後にタイガー・スープレックスを考案)、前田日明、ヒロ斎藤、高田延彦、山崎一夫が使い手となり、前座のドン荒川でさえ得意技にしていた。ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • ビッグバン・ベイダー

    ビッグバン・ベイダーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、マサ斎藤にスカウトされ、1987年12月にTPG(たけしプロレス軍団)の刺客、ビッグバン・ベイダーとして新日本プロレスに登場。アントニオ猪木対長州力のIWGPヘビー級王座選手権が予定されていたところに TPG が割り込んだため観衆の不満が爆発し、最終的に暴動にまでなるが、ベイダー自身はその騒ぎの中、猪木から3分弱でフォールを奪う(混乱の末に猪木があっけなく負けたことが観衆の怒りに拍車をかけ、新日本はこの件で会場の両国国技館を管理する日本相撲協会から国技館の使用停止処分を受けている)。ビッグバン・ベイダー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・バレンタイン

    ジョニー・バレンタインから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1966年10月、中西部地区のブッカーだったサニー・マイヤースのブッキングにより、東京プロレスの旗揚げシリーズに初来日。10月12日の蔵前国技館での旗揚げ戦において、エースに擁されたアントニオ猪木と伝説的な名勝負を残す(この試合は猪木の出世試合として有名であるが、東京プロレスにテレビ中継がつかなかったため映像は残されていない)。その後も、日本に持ち込んだUSヘビー級王座を賭けて猪木と連戦を行い、10月25日の宮城県スポーツセンターでの防衛戦では時間切れ引き分けとなったが、11月19日に大阪球場にて猪木に敗れ、王座を開け渡している(11月22日の大田区体育館でのリターン・マッチでも敗退し、猪木が初防衛に成功)。ジョニー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のテレビ (日本)

    1998年のテレビ (日本)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    4月6日 - 緊急特番!さらば闘魂…アントニオ猪木引退試合(テレビ朝日)1998年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 日本を元気にする会

    日本を元気にする会から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    2014年11月28日に解党したみんなの党に所属していた6名の無所属議員で、12月18日に参議院院内会派として結成され、参議院事務局に届け出された。その後、2015年1月1日に政党を組織し、1月8日に会派参加者の内4人と、次世代の党に離党届を提出していたアントニオ猪木の計5名で、東京都選挙管理委員会を通じて総務大臣に政党として設立を届け出た。いずれも代表者は松田公太。日本を元気にする会 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た猪木事務所アントニオ猪木

    アントニオ猪木(日本プロレス→東京プロレス→日本プロレス→1972年 - 1998年引退→U.F.O.→猪木事務所→IGF)(代表取締役社長)新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • コブラツイスト

    コブラツイストから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ猪木が使用しており、藤波辰爾と西村修が継承して使用している。一時期は猪木のフィニッシュ・ホールドであり「アントニオ猪木といえばコブラツイスト」ともされていたがコブラツイストを多くのレスラーが使い出したため(特にライバルのジャイアント馬場が使用したことが大きな理由であるといわれる)、その進化系である卍固めを使用したという。昭和期の使用者として猪木と馬場の他にグレート草津がいるが日本において、最初に使用したのは吉原功。コブラツイスト フレッシュアイペディアより)

  • キラー・コワルスキー

    キラー・コワルスキーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本へは1963年3月、日本プロレスに初来日。第5回ワールドリーグ戦に出場し、5月17日の東京都体育館での決勝で力道山と対戦したほか、開幕第2戦目となる3月24日の蔵前国技館大会にて、アメリカ武者修行から凱旋帰国したジャイアント馬場と時間切れ引き分けの死闘を演じた。再来日となる1968年4月の第10回大会では馬場と決勝を争い、アントニオ猪木とも対戦している。1971年9月には第2回NWAタッグ・リーグ戦に参戦し、キラー・バディ・オースチンとの「キラー・コンビ」で準優勝を果たした(優勝は猪木&坂口征二)。1972年6月の日本プロレスへの最後の来日では、7月5日に札幌中島スポーツセンターにてムース・ショーラックをパートナーに、馬場&坂口が保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。キラー・コワルスキー フレッシュアイペディアより)

1029件中 111 - 120件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード