1029件中 11 - 20件表示
  • 若松市政

    若松市政から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本に帰国後、1984年8月よりストロング・マシーンの悪役マネージャーとして新日本プロレスに参戦し悪党人気を博し、マシーン軍団解散後はアンドレ・ザ・ジャイアント、ケンドー・ナガサキ、ミスター・ポーゴの悪役マネージャーを務めた。1986年5月1日には両国国技館のメインイベントにてアンドレと組み、アントニオ猪木&上田馬之助とタッグマッチで対戦している(実況をしていた古舘伊知郎には「シンデレラ中年」と呼ばれた)。若松市政 フレッシュアイペディアより)

  • 国際プロレス

    国際プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1967年1月5日、大阪府立体育館にてアントニオ猪木の東京プロレスとの合同興行で旗揚げ。TBSと東京12チャンネル(現:テレビ東京)で定期放送されていた。テレビの定期放送終了の半年後、1981年8月9日の北海道羅臼町大会で活動を停止し、同年9月30日に解散した。団体名の名付け親はプロレス評論家の菊池孝という説があったが、本人は小佐野景浩が2010年に行なったインタビューでこれを明確に否定しており、「吉原さんが考えたんじゃないかな」と語っている。国際プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1971年12月、日本プロレスに対しクーデターを画策したとして、アントニオ猪木が日本プロレス選手会を除名され、日本プロレスから永久追放された(詳しくは「密告事件」を参照)。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 朴松男

    朴松男から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本では「韓国の巨人」の異名を持ち、その長身と風貌から「韓国の馬場」とも呼ばれた。また、1976年10月9日、韓国の大邱にてアントニオ猪木がリアルファイトを行った相手としても知られる。朴松男 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴリアン・ストンパー

    モンゴリアン・ストンパーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    そのリングネームの通り、強烈なストンピング(踏みつけ・踏み蹴り)を攻撃の主体とするブルファイターとして活躍した。日本では「踏み潰し野郎」の異名を持ち、アメリカ修行時代のアントニオ猪木ともタッグを組んでいた。モンゴリアン・ストンパー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ファンクス

    ザ・ファンクスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1980年前後には「全日本のエースは馬場・鶴田でなくファンクス。新日本と全日本の人気の差は猪木とファンクスの差」(スタン・ハンセンの自伝での回想より)といわれるほどの人気を博し、1981年に復活したインターナショナル・ヘビー級王座の新王者は馬場でも鶴田でもなくドリーであり、初防衛戦の相手は弟テリーであった。しかしこの頃からブルーザー・ブロディ、スタン・ハンセンの新世代に押されるようになり、1982年の世界最強タッグ決定リーグ戦では、最終戦でハンセン&ブロディのミラクルパワーコンビに叩きのめされて反則勝ち(ハンセン・ブロディが合体攻撃によりレフェリーのルー・テーズに反則を取られる、乱闘を止めに入ったセコンドに対してもウエスタン・ラリアットの洗礼を浴びせるなど大暴れして悠然と引き上げたミラクルパワーコンビに対し、ファンクスは2人ともグロッキー状態)を拾って優勝という屈辱的なシーンも見られた。この衰退の一因にテリーの膝の故障があり、それを理由にテリーは1983年の引退を宣言。1983年8月31日に行われたテリー引退試合はファンクス人気の集大成となった感動的な興行となった。1984年にハンセン、ブロディとの遺恨や膝の回復からテリーは現役復帰するが、テリー引退以前のような熱狂的なファンクス人気は戻ってこなかった。ザ・ファンクス フレッシュアイペディアより)

  • IWGP

    IWGPから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    IWGPはプロレス界における世界最強の男を決めるという考えの下にアントニオ猪木が提唱したものである。各地域や各々の団体にチャンピオンベルトがある事で真のチャンピオンを決めるべき姿を確立する為の目的で当初の計画では日本で開幕戦を行い、韓国→中近東→欧州→メキシコと転戦して決勝戦をニューヨークで行う予定だったが計画が壮大すぎたことに加え、「プロレス界における世界最強の男を決める」と言うプランから、それぞれの地区で王者を抱えていたプロモーターからの協力も得られず、紆余曲折の末1983年5月6日に蔵前国技館で第1回「IWGPリーグ戦」を開催。第1回「IWGPリーグ戦」決勝のハルク・ホーガン対アントニオ猪木戦におけるハルク・ホーガンのアックスボンバーによるアントニオ猪木の失神KOシーンが有名。第2回「IWGPリーグ戦」でも両者は決勝で戦ったが長州力の乱入によるリングアウトでアントニオ猪木が勝利。IWGP フレッシュアイペディアより)

  • ストロングスタイル

    ストロングスタイルから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    かつてアントニオ猪木の提唱以来、新日本プロレスを中心に継承されているスタイルとされている。アントニオ猪木は自著である「アントニオ猪木自伝」の中でカール・ゴッチ流のレスリング技術の攻防を見せるスタイルと力道山流のケンカに近いプロレスの凄みを見せるスタイルを融合させたものがアントニオ猪木流の「ストロングスタイル」であると述べている。ストロングスタイル フレッシュアイペディアより)

  • ディック・マードック

    ディック・マードックから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1968年2月に日本プロレスに初来日。同年10月にダスティ・ローデスとタッグチーム「テキサス・アウトローズ」を結成し、全米各地区を転戦し活躍した。また、1971年の来日の際には、12月4日には宮城県スポーツセンターにおいてアントニオ猪木の持つUNヘビー級王座に挑戦している。また、1972年の「第14回ワールド・リーグ戦」にも来日している。ディック・マードック フレッシュアイペディアより)

  • 延髄斬り

    延髄斬りから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    延髄斬り(えんずいぎり)は、プロレスで用いられるプロレス技でアントニオ猪木が考案した蹴り技の一種。延髄切り、延髄蹴りとも表記される。延髄斬り フレッシュアイペディアより)

1029件中 11 - 20件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード