1029件中 21 - 30件表示
  • BI砲

    BI砲から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    BI砲(BIほう)とは、1960年代後半から1970年代初頭にかけて日本プロレスで活動した、ジャイアント馬場とアントニオ猪木によるプロレスのタッグチームである。BI砲 フレッシュアイペディアより)

  • フォール技

    フォール技から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    ジャイアント馬場&アントニオ猪木 vs. アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン(1979年8月26日のプロレス夢のオールスター戦)フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • ラッシャー木村

    ラッシャー木村から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    後期のエースを務めた国際プロレスでは「金網デスマッチの鬼」の異名を持つブルファイターとして活躍し、新日本プロレス参戦時は国際軍団の総帥としてアントニオ猪木と抗争を繰り広げ、全日本プロレスおよびプロレスリング・ノア在籍時はユーモアあふれるマイク・パフォーマンスで親しまれた。2003年よりプロレスリング・ノア終身名誉選手会長。ラッシャー木村 フレッシュアイペディアより)

  • デューク・ケオムカ

    デューク・ケオムカから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    テキサスやフロリダなどのアメリカ南部を主戦場に、同時代の日系レスラーと同じく戦後の反日感情を利用したヒールとして悪名を馳せたが、キャリア後半はベビーフェイスのポジションでも活躍した。アントニオ猪木やグレート草津など海外修行時代の日本人選手のタッグパートナー兼メンターも担い、日本陣営の助っ人として日本プロレスにも度々参戦。現役引退後はNWAフロリダ地区のブッカーおよびプロモーターを務めた。デューク・ケオムカ フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・パワーズ

    ジョニー・パワーズから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    鍛え上げられた肉体から鋼鉄男と称され、また執拗かつ無表情に相手を痛めつける冷徹な試合ぶりから死神の異名をとった。日本ではアントニオ猪木がNWF世界ヘビー級王座を奪取したレスラーとして知られる。ジョニー・パワーズ フレッシュアイペディアより)

  • 卍固め

    卍固めから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    卍固め(まんじがため)は、プロレス技の一種である。本来はヨーロッパでグレイプヴァイン・ストレッチ(Grapevine Stretch)と呼ばれていた技である。日本では使い手のアントニオ猪木にちなんでアントニオ・スペシャル(Antonio Special)とも呼ばれる。卍固め フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    このインター・タッグ戦からライバル団体である新日本プロレスの総帥アントニオ猪木に遠慮して全日マットでは誰も使っていなかった延髄斬りや卍固めを使い始め、全日本で異彩を放つようになっていく。それまでは紫のタイツを使用していたが、1982年秋頃からタイツを紫から黒へ、そして黒と黄のリングシューズという、引退まで続いた天龍スタイルへと変更。鶴田と組み次期ダブルエースの座を確立する。1983年の世界最強タッグ決定リーグ戦では鶴田と共に「鶴龍コンビ」を結成してリーグ戦に挑み、11月30日の馬場&ドリー・ファンク・ジュニア組戦では馬場の生涯最後の32文人間ロケット砲を受けている。鶴龍コンビはリーグ最終戦まで得点単独1位だったが、最終戦でスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディの「ミラクルパワーコンビ」に敗れ優勝を逃した。しかし師匠の馬場・ドリー組と同点2位という成績は、全日エースの世代交代を印象づけるものとなり、この年のプロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を受賞した。シングル戦でも頭角を見せ、1984年2月にはリッキー・スティムボートとの王座決定戦に勝利しUNヘビー級王座のタイトルを獲得。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高田延彦

    高田延彦から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    少年時代は長嶋茂雄に憧れる野球少年で、少年野球ではオール?浜に選出されるが、長嶋の引退と共に野球熱が冷める。その後アントニオ猪木に憧れて、中学生になった頃にはプロレス入りを決意。中学校卒業後、アルバイトをしながら独自の方法で体を鍛え、1980年に新日本プロレスへ入団した。道場では藤原喜明と前田日明が兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられた。太りにくい体質で、新弟子時代は毎月のように体重のノルマを課せられて、それをクリアできなければ解雇される状態だった。高田延彦 フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ猪木も延髄斬りを開発する前はコブラツイスト、卍固めと共にフィニッシュ・ホールドとして使用していた。ウィレム・ルスカとの異種格闘技戦において、仕掛けたバックドロップ3連発のシーンは長くワールドプロレスリングの中継でオープニングを飾る1シーンとして放送されていた。一方、ライバルであったジャイアント馬場は自身の長身でバックドロップを仕掛けることが非常に危険であることを察知して自身の肩越しに相手をスライドさせるようなドリー・ファンク・ジュニアの抱え式バックドロップを使用していた。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    バラエティ以外で影響を受けた者としては矢沢永吉、アントニオ猪木、「傷だらけの天使」の萩原健一らが挙げられる。とんねるず フレッシュアイペディアより)

1029件中 21 - 30件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード