1029件中 31 - 40件表示
  • ザ・デストロイヤー

    ザ・デストロイヤーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    NWA圏では1964年上期、オレゴンおよびワシントン州のパシフィック・ノースウエスト地区にてマッドドッグ・バションやニック・ボックウィンクルと抗争。サンフランシスコのアメリカン・レスリング・アライアンスでは義兄弟ビリー・レッド・ライオンとのコンビで活動し、1965年にレイ・スティーブンス&パット・パターソンと世界タッグ王座を争った。テキサスでは1966年2月8日、ダラスにてゴールデン・テラー(ミスター・アトミック)と組み、当時アメリカ修行中だったカンジ・イノキ&デューク・ケオムカから東テキサス版のNWA世界タッグ王座を奪取している。ザ・デストロイヤー フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ザ・ジャイアント

    アンドレ・ザ・ジャイアントから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、ブッキング権がガニアからWWFのビンス・マクマホン・シニアに移行したことに伴い、1974年2月より日本でのリングをWWFと提携していた新日本プロレスへ移し、アントニオ猪木との抗争を開始 。1974年3月15日に岡山武道館で行われた猪木との初のシングルマッチでは、当時のマネージャーだったフランク・バロアがロープに飛んだ猪木の足を取ってダウンさせ、ジャイアント・プレスでフォール勝ちを収めた。以降の対戦では、猪木が掛けたキーロックをアンドレが軽々と持ち上げる、アンドレが掛けたカナディアン・バックブリーカーを猪木がロープを蹴って返しリバース・スープレックスで投げる、というムーブが見せ場として定着した。アンドレ・ザ・ジャイアント フレッシュアイペディアより)

  • カール・ゴッチ

    カール・ゴッチから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1968年1月に日本へ移り住み、日本プロレスのコーチに就任。「ゴッチ教室」を開き、アントニオ猪木に卍固め、ジャーマン・スープレックスを伝授。さらに山本小鉄、星野勘太郎といった当時の若手・中堅選手を厳しく鍛えた。ヨーロッパ仕込みのテクニックの高さから「プロレスの神様」とも称されるという。カール・ゴッチ フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    第一試合 アントニオ猪木(アントキの猪木)VSジャイアント馬場(関根勤)ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 一本木企画

    一本木企画から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    第20弾 アントニオ猪木 2010年11月21日一本木企画 フレッシュアイペディアより)

  • ACACIA (映画)

    ACACIA (映画)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    『目下の恋人』より6年ぶりとなる辻仁成監督作品であり、自作の小説『アカシアの花の咲き出す頃 -ACACIA-』の映画化作品である。アントニオ猪木初主演映画でもある。辻のかつて息子を失った元プロレスラーと親の愛情を知らずに育った少年との愛情と絆が描かれるヒューマンドラマ。ACACIA (映画) フレッシュアイペディアより)

  • プレ日本選手権

    プレ日本選手権から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    新日本プロレスを創設したアントニオ猪木は、プロレスラーの実力日本一を決定する日本選手権大会の構想を長年計画しており、その準備段階として、新日本所属選手とフリーの日本人選手を中心としたリーグ戦『プレ日本選手権』の開催を発表した。しかし、新日本プロレスと冷戦状態にあった全日本プロレスのジャイアント馬場は猪木の呼びかけに応じず、当時提携していた国際プロレスに協力する形で、国際プロレスが同時期に開催した『日本リーグ争覇戦』に選手を派遣、対抗意識を強めた。プレ日本選手権 フレッシュアイペディアより)

  • イケノダイ Hi4

    イケノダイ Hi4から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    毎回、海パンに水泳帽・ゴーグルという姿で出演。2007年4月以降はAP鈴木として出演したが、エンディングでは「AP(AD)」と表示されていたので実際に昇格したのかは不明。リニューアル以降、番組スタッフから外れたため出演は無くなったが、最終回に素顔で登場し、アントニオ猪木のモノマネをした嶋川最終回に闘魂注入された。イケノダイ Hi4 フレッシュアイペディアより)

  • INOKI BOM-BA-YE 2001

    INOKI BOM-BA-YE 2001から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    猪木軍の大将には同年8月19日の対抗戦でミルコ・クロコップに敗れていた藤田和之がアキレス腱を断裂し不出場となり、ミルコの対戦相手にはこれが総合格闘技デビューとなる新日本プロレス所属の永田裕志が抜擢された。前年のプロレスルールのMillennium Fighting Arts INOKI BOM-BA-YEには出場した小川直也(UFO)は出場のオファーを受けたもののこれを断り、猪木軍の選手確保は難航。一時はアントニオ猪木とも新日本プロレスとも関わりの薄いアメリカ人選手のガイ・メッツァーに覆面をかぶせて、タイガーマスクとして試合をさせるプランも浮上したという。INOKI BOM-BA-YE 2001 フレッシュアイペディアより)

  • 闘翔ボーイ

    闘翔ボーイから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    K-1出現以前に立ち技最強トーナメントを描いたり、アントニオ猪木が実現する以前に円形リングでのファイトを描いたりと、後の格闘技界の出来事を予知したかのような内容もある。闘翔ボーイ フレッシュアイペディアより)

1029件中 31 - 40件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード

  • 西武のほうがプレッシャーはある

  • U−17イングランド代表MFジェームズ・バラギジ

  • ブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ