864件中 31 - 40件表示
  • (株)〜かっこかぶ〜

    (株)〜かっこかぶ〜から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    狂暴な暴力 OL。事ある毎に暴力を振るう。その実力はかなりのものであり、ボクシングの世界チャンピオンをボコボコに叩きのめした事もある(これに関しては紆余曲折がある)。最近では後輩女子社員に対する闘魂ビンタ(実際はただ殴っているだけ)が好評を博している。(株)〜かっこかぶ〜 フレッシュアイペディアより)

  • BI砲

    BI砲から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本のプロレスラーであるジャイアント馬場とアントニオ猪木のタッグチームである。チーム名は、馬場(Baba)と猪木の(Inoki)の頭文字、そして当時のプロ野球界で王貞治(Oh)と長嶋茂雄(Nagashima)のコンビをON砲と呼ばれていたことから「砲」を取り、BI砲と名付けられた。元々BI砲とは、タッグ戦において両者が同時にドロップキックを繰り出す技を指し、タッグ名はBIタッグとも呼ばれていたが、後にタッグ名もBI砲と呼ばれるようになった。両者が日本プロレスに所属していた1967年頃から、団体の看板として大きく取り上げられるようになる。BI砲 フレッシュアイペディアより)

  • アントキの猪木

    アントキの猪木から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    パンツ姿で肩にタオルを掛けて現れ、芸名通りアントニオ猪木の物真似を行う。「元気ですか!!元気ですよ!!」「元気があれば、○○にもなれる」のフレーズから始める。○○の中身は「コンビニの店員」「タクシードライバー」など職業であることが多い。そして『アントニオ猪木が○○だったら』という内容のネタを始める。アントキの猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 明坂聡美の超ラジ!Girls

    明坂聡美の超ラジ!Girlsから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    開始時期不明。不定期。毎回出される様々なテーマに対し、リスナーからのこだわりメールを紹介した上で、明坂がそれらと照らし合わせながら、テーマに関する自らのこだわりを一定時間内で延々と論じていくコーナー。同コーナーのテーマ曲は、アントニオ猪木のテーマ曲である「炎のファイター〜INOKI BOM-BA-YE〜」(同曲は基本的にインストルメンタル楽曲であるが、同曲の前奏と間奏などで、「イノキ!ボンバイエ!」と叫ぶ箇所があり、その箇所のみ、松本が「アケコ!ボンバイエ!」と被せて叫んでいる)。明坂聡美の超ラジ!Girls フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンプロレス

    ジャパンプロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1983年、当時の新日本プロレスは、アントニオ猪木を筆頭に、藤波辰巳(現:辰爾)、長州、初代タイガーマスクなど多くのタレントを揃え「新日本ブーム」とも言える好調な観客動員を続けていた。その反面、新日本の経営状況は、猪木が1980年にブラジルで起こした事業への資金流用などもあり非常に逼迫した状況にあった。その様な中、新日本の経営体制に不満を持った山本小鉄、藤波、当時の営業部長であった大塚直樹らは、放漫経営の原因となっていた社長の猪木、営業本部長の新間寿らを排除した形での団体を目指しクーデターを画策。一時的に勢力を掌握したものの、それぞれの思惑の違いから最終的に失敗に終わり、猪木が再び社長に復帰する形となった。ジャパンプロレス フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ロッカ

    アントニオ・ロッカから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    現役時代は日本に縁が無く日本のプロレス団体に参戦することはなかったが(全盛期の頃はアメリカ国内で大人気だったため、スケジュールの都合がつかず、招聘したくてもできない状況だった)、アントニオ猪木対ルー・テーズのNWFヘビー級選手権のレフェリーとして1975年10月に初来日。アントニオ・ロッカ フレッシュアイペディアより)

  • モンゴリアン・ストンパー

    モンゴリアン・ストンパーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    そのリングネーム通り、強烈なストンピング(踏みつけ・踏み蹴り)を攻撃の主体とするブルファイターとして活躍した。日本では「踏み潰し野郎」の異名を持つ。アントニオ猪木のアメリカ修行時代のタッグ・パートナーとしても知られる。モンゴリアン・ストンパー フレッシュアイペディアより)

  • 田中ケロ

    田中ケロから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    現在のリングアナウンサーの主流となる紹介方法や言葉の抑揚は、先代のリングアナであった倍賞鉄夫(現・猪木事務所社長、倍賞千恵子・美津子姉妹の末弟で猪木の元義弟)のスタイルに自己流を加えたものであるが、リングアナが目立つという新しいスタイルを作り上げたのは田中だと言える。田中ケロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・トロス

    ジョン・トロスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本では、1971年にアントニオ猪木がユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座を奪取した相手として知られる。ジョン・トロス フレッシュアイペディアより)

  • 舟橋慶一

    舟橋慶一から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1976年6月26日、格闘技世界一決定戦:アントニオ猪木 vs.モハメド・アリの試合を実況中継したのも舟橋である。舟橋慶一 フレッシュアイペディアより)

864件中 31 - 40件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード