1029件中 41 - 50件表示
  • 猪木快守

    猪木快守から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    兄弟には相良寿一(松涛流空手道師範、伯オリンピック委員)、アントニオ猪木(元プロレスラー、新日本プロレス創始者、本名:猪木寛至)らがいる。猪木快守 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ平和党

    スポーツ平和党から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1989年、プロレスラーのアントニオ猪木を中心に結成。1989年参院選において、猪木が比例区で参議院議員に当選。ちなみに、当時の比例区は厳正拘束名簿式で、政党名票しか認められておらず、猪木の個人名を書いた無効票が大量に出た。参議院では民社党と統一会派を組む(「民社党・スポーツ・国民連合」)。スポーツ平和党 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・トロス

    ジョン・トロスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本では、1971年にアントニオ猪木がユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座を奪取した相手として知られる。ジョン・トロス フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ロッカ

    アントニオ・ロッカから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    現役時代は日本に縁が無く日本のプロレス団体に参戦することはなかったが(全盛期の頃はアメリカ国内で大人気だったため、スケジュールの都合がつかず、招聘したくてもできない状況だった)、アントニオ猪木対ルー・テーズのNWFヘビー級選手権のレフェリーとして1975年10月に初来日。アントニオ・ロッカ フレッシュアイペディアより)

  • 北米タッグ王座

    北米タッグ王座から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    同王座が日本に初めて紹介されたのは1973年8月、ロサンゼルスのオリンピック・オーディトリアムにおいて新日本プロレスのアントニオ猪木と坂口征二が王者のジョニー・パワーズ&パット・パターソンに挑戦した際である。挑戦者組が勝利するが、3本目が反則勝ちのためにルールにより王者組の防衛となった。これ以前にパワーズとパターソンがアメリカでこの王座を獲得・防衛した記録は見当たらず、このタイトルはこの試合のために創作されたものと見られている。北米タッグ王座 フレッシュアイペディアより)

  • 舟橋慶一

    舟橋慶一から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1976年6月26日、格闘技世界一決定戦:アントニオ猪木 vs.モハメド・アリの試合を実況中継したのも舟橋である。舟橋慶一 フレッシュアイペディアより)

  • パット・パターソン

    パット・パターソンから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1968年4月、日本プロレスに初来日。師匠格のキラー・コワルスキー、ジェス・オルテガ、フレッド・ブラッシー、ターザン・タイラー、ドン・デヌーチ、アンジェロ・ポッフォらと共に『第10回ワールド・リーグ戦』に出場。対日本陣営ではジャイアント馬場、アントニオ猪木、大木金太郎、吉村道明には敗退したものの、山本小鉄、星野勘太郎、ミツ・ヒライ、デューク・ケオムカからは勝利を収めた。パット・パターソン フレッシュアイペディアより)

  • 寛水流

    寛水流から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    寛水流空手(かんすいりゅうからて)は、1982年2月27日に空手家・水谷征夫とプロレスラー・アントニオ猪木が創設したフルコンタクト空手の団体。名称はアントニオ猪木の本名である猪木寛至の「寛」と水谷の「水」を取って命名された。寛水流 フレッシュアイペディアより)

  • 大木金太郎

    大木金太郎から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1958年に、同郷の英雄力道山に憧れて漁船で日本に密入国し、プロレス入りのチャンスをうかがっていたが、1959年に入管法違反で逮捕される。力道山が身元引受人となり、日本プロレスコミッショナーの大野伴睦代議士を動かしたことで釈放され、「日本プロレス」に入門し同年11月にプロレスデビュー。翌年にはジャイアント馬場とアントニオ猪木が入門・デビューし、「若手三羽烏」と称された。大木金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 金正日の死

    金正日の死から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    なお、特別放送の内容を確認するまで、日本政府も韓国政府も金正日死亡の情報はつかんでいなかったとされる。12月18日には日本の野田佳彦内閣総理大臣と韓国の李明博大統領が京都で会談を行ったが、後に野田はその時点で死亡にまつわる動きを両国とも把握していなかったことを参議院予算委員会において認めている。12月20日には国家情報院院長の元世勲、国防部長官の金寛鎮が共に韓国国会において特別放送を見て金正日の死を知ったと証言しており、国内メディアから国家情報院の存在意義を問う声があがるなど、批判の対象となった。元プロレスラー、元参議院議員で師匠・力道山ゆかりの地でもある北朝鮮にたびたび渡っていたアントニオ猪木は、特別放送が流れる10分ほど前に金正日死亡の報に接したと証言している。また脱北者の知識人で作るNK知識連帯は、特別放送の予告に独自の分析を加え、19日午前11時40分に金正日死亡を予見するとした記事をウェブサイトに掲載している。金正日の死 フレッシュアイペディアより)

1029件中 41 - 50件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード