1029件中 51 - 60件表示
  • アントキの猪木

    アントキの猪木から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    パンツ姿で肩にタオルを掛けて現れ、芸名通りアントニオ猪木の物真似を行う。「元気ですか!!元気ですよ!!」「元気があれば、○○にもなれる」のフレーズから始める。○○の中身は「コンビニの店員」「タクシードライバー」など職業であることが多い。そして『アントニオ猪木が○○だったら』という内容のネタを始める。アントキの猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 異種格闘技戦

    異種格闘技戦から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    異種格闘技戦(いしゅかくとうぎせん)は、狭義では元プロレスラーであったアントニオ猪木が現役時代である1976年から断続的に行ったプロレス対他の格闘技の競技者と闘った異種試合の通称である。これらの正式な名称は「格闘技世界一決定戦」という。異種格闘技戦 フレッシュアイペディアより)

  • リバース・インディアン・デスロック

    リバース・インディアン・デスロックから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ猪木の得意技。うつ伏せにした相手の交差させた足を極める技であり、自分の片足を相手の交差した両足に入れながら、そのまま後ろへ受身を取りダメージを与える。両手を叩きながら観客を煽り、派手に後ろへ倒れこむ様は猪木が逆襲に転じる際の大きな見せ場の一つとなっていた。リバース・インディアン・デスロック フレッシュアイペディアより)

  • UFO (プロレス)

    UFO (プロレス)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    U.F.O.(ユー・エフ・オー)は、アントニオ猪木が設立した総合格闘技の統一組織(当初は世界規模の格闘技統一組織を目指して創設されたが実質的にはプロレス団体として活動していた)。正式名称はユニバーサル・ファイティングアーツ・オーガニゼーション。日本名は世界格闘技連盟(せかいかくとうぎれんめい)。UFO (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ボボ・ブラジル

    ボボ・ブラジルから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    同年6月、WWA王者として11年ぶり2度目の来日が実現。力道山亡き後の日本プロレスのエースとして強豪相手に防衛記録を積み重ねていたジャイアント馬場を破りインターナショナル・ヘビー級王座を獲得した。直後に行われた再戦で、馬場の必殺技「32文ロケット砲」三連発に沈みタイトルを奪回されたが、その後も日本プロレスの常連となって度々来日した。馬場のインター王座の他、馬場とアントニオ猪木が保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦、1969年には第11回ワールド大リーグ戦に参加した。1972年12月に馬場の返上で空位となっていたインター王座を「頭突き世界一決定戦」と呼ばれた大木金太郎戦で勝利し、再び獲得した。しかし、また直後に行われた再戦で大木に敗れている。ボボ・ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • デスマッチ

    デスマッチから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本では1973年11月30日の新日本プロレスにおけるアントニオ猪木対タイガー・ジェット・シンが初めてこの形式で行われ、近年は主に新日本やDDTでしばし採用している。デスマッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・ゴルドー

    ジェラルド・ゴルドーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    プロレスのリングにおいては、空手を武器にUWF、新日本プロレス、UFO、ZERO-ONEを主戦場にしていた。アントニオ猪木の引退カウントダウン(1995年)の相手を務めたことでも有名。ファイトスタイルがこれらの団体に受けが良いからか、特に猪木、橋本真也からの評価は高かった。ジェラルド・ゴルドー フレッシュアイペディアより)

  • 池上本門寺

    池上本門寺から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    大堂正面に建つ二重門。旧国宝の山門は、1945年(昭和20年)空襲で焼失。仁王門として1977年(昭和52年)に再建された。門内には彫刻家圓鍔勝三が、アントニオ猪木をモデルに制作した仁王像が安置されたが、近年修理を機に本殿内に移設。新たに仏師原田佳美作の仁王像が2001年(平成13)10月に開眼供養が行われ奉られている。池上本門寺 フレッシュアイペディアより)

  • バガス

    バガスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    セルロースとヘミセルロースの分解能力をもつ反芻動物の飼料とすることが試みられている。バガスをそのまま与えるだけでは、リグニンを消化できず消化不良となってしまうため工夫を要する。1980年にアントニオ猪木が企業アントン・ハイセルを立ち上げて取り組んだが、事業としては失敗した例が著名。バガス フレッシュアイペディアより)

  • マジンガーZIP!

    マジンガーZIP!から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    レイザーラモンRGによる殺人演芸ショーが不評だったことを受けて、地下帝国が甲児を再び捕え、毒キノコであるワライタケを一万倍に濃縮した劇薬を甲児に飲ませた上で、なおかつ甲児に再度殺人演芸ショーを観賞させるためにあしゅら男爵(男性側)が呼んだお笑い芸人。しかし鬼奴は『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日放送)での上沼恵美子の薄いリアクションばかりを繰り返すため女性側から「上沼禁止!」と言われてしまう。その後、再び誘拐したさやかにも劇薬を飲ませた上で鬼奴の芸を見せるが、むしろさやかは自分も芸をものにしたいと思い始めアントニオ猪木のネタを二人でやり始め、あしゅら男爵(女性側)をもそそのかし芸をやらせてしまうことに。マジンガーZIP! フレッシュアイペディアより)

1029件中 51 - 60件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード