864件中 51 - 60件表示
  • 東京プロレス

    東京プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    東京プロレス(とうきょうぷろれす)とは、アントニオ猪木らがかつて所属した、1966年に豊登道春が興したプロレス団体。東京プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレスラー養成所

    プロレスラー養成所から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    東京都世田谷区野毛にある新日本プロレスの道場。アントニオ猪木が設立。山本小鉄、藤波辰爾、木戸修、馳浩、山崎一夫らが若手レスラーのコーチを代々務める。プロレスラー養成所 フレッシュアイペディアより)

  • パイルドライバー

    パイルドライバーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    ボディスラムの要領で相手を逆さまに抱え上げ、頭部を膝の間に挟みこむ。そのまま両膝を曲げた状態で落下し、膝をつくと同時に相手の脳天をマットにたたきつける。その形から別名墓石落とし(はかいしおとし)、墓石式脳天杭打ち(はかいししきのうてんくいうち)とも呼ばれる。ドリル・ア・ホール・パイルドライバーとは相手の体の向きが逆(互いの腹が向き合う)になる。現在は、抱え上げてから一度、持ち方を変えて相手の胴を抱く形にし、ジャンプして叩き付けるタイプがこの名称で呼ばれている。イギリスが発祥といわれ、ビル・ロビンソン、ダイナマイト・キッドなどの欧州系レスラーが得意とし、初代タイガーマスクやジ・アンダーテイカーなどが自身のフェイバリット・ホールドとしていた。アンドレ・ザ・ジャイアントもモンスター・ロシモフ時代に使用していたが、1972年にターザン・タイラーの首を折って以来みずから禁じ手とした。メキシコのルチャリブレではマルティネーテと呼んでおり、マットが硬いために頸椎を損傷する恐れがあるということで、全面的に禁止技に指定されている。アメリカでも最大のメジャー団体であるWWEをはじめ、禁止している団体が多い。WWEではジ・アンダーテイカーとケインが使うことがあるがこの場合は実際にはマットに叩きつけず腿に挟んだままで落としているものと思われる。また、持ち方を変えない形の方は、カール・ゴッチが得意とし、1964年3月オハイオ州でのディック・ザ・ブルーザー戦や、新日本プロレス旗揚げ当初のアントニオ猪木戦でも使用している。なお、その後は初代ブラック・タイガーの正体であるローラーボール・マーク・ロコが得意技として、日本では暗闇脳天落とし(くらやみのうてんおとし)、略して暗闇脳天とも呼ばれた。掛け手と受け手の体勢が上下対称になるため、掛けられている側が足をばたつかせて掛けている側の後方へ重心をかけて相手の胴を抱えたまま足から着地し、逆にツームストーンを見舞う返し方が存在し、時には互いにツームストーンの体勢のまま回転を繰り返す攻防が見られる。パイルドライバー フレッシュアイペディアより)

  • 辻 よしなり

    辻よしなりから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1993年5月に行われた新日本プロレス福岡ドーム(現・福岡Yahoo! JAPANドーム)大会のメインイベント、アントニオ猪木、藤波辰爾組 vs 長州力、天龍源一郎組のタッグマッチの実況において、特別解説に座った週刊プロレス編集長(当時)のターザン山本が「今日はうちのカメラマン全員に、あらゆるシャッターチャンスを逃すなと言ってあります」と発言したところ、は「編集長は命令を出すだけで、いいですねぇ」と言い放ち、山本を困惑させた。辻よしなり フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1983年には参議院選挙では全国区制が廃止・比例代表制厳正拘束名簿式が導入された。この制度では個人名での投票が認められないためタレント政治家には不利であったが(1989年の参院選ではアントニオ猪木が「猪木」「猪木党」という票をすべて無効票とされ最下位当選となったことがある)、2001年から個人名でも投票できる比例代表制非拘束名簿式に改定されたため、知名度による集票力を見込んで政党がタレント候補を擁立するケースが注目されるようになった。非拘束名簿式になって初めての選挙となった2001年参議院選挙では、多くの政党がタレント候補の擁立に走り、舛添要一(自民党)、大仁田厚(自民党)、田嶋陽子(社民党)、大橋巨泉(民主党)らが比例区で当選を果たした。また、自由連合が政治経験が全くないタレント候補を大量に擁立したが、当選者を出すことができなかった。当選を果たした大橋・田嶋が短期間で辞職したこともあり、安易なタレント擁立に対する批判が強まった(ただし、田嶋の議員辞職は神奈川県知事選挙立候補という理由がある)。この選挙時の自由連合の代表であり、タレント擁立の当事者であった徳田虎雄は、「二世議員より苦労して一流になったタレントのほうがまし」という反論をしている(ただし、徳田が引退した際には子息の徳田毅が後継者になっている)。またスポーツ紙ではスポーツ選手を含めたタレント候補は選挙活動中の動向について、他の候補よりも記事として掲載されやすい傾向がある。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリー・レイス

    ハーリー・レイスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、ドリー・ファンク・シニアに師事しテキサス州アマリロで修行し、ドリー&テリーのザ・ファンクスとともにトレーニングを積んでいる。デビュー戦の対戦相手はアメリカ武者修行中のアントニオ猪木であった。なお、デビュー当初は体重300kgの超巨漢レスラーであるハッピー・ハンフリーの弟を名乗っていたこともあるが、もちろん血縁関係はない。また長い間、レスリングキャリアのスタートを「サーカス団に所属するカーニバルレスラーからの転身」と言われ続けていた。ハーリー・レイス フレッシュアイペディアより)

  • 海賊男

    海賊男から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、新日本プロレスの事務所に「海賊・ビリー・ガスパー」と称する人物から日本を襲撃するとの内容の文書が届く。以降、海賊男の矛先は武藤からアントニオ猪木へと替わった(フロリダで武藤を襲った人物の正体は猪木本人とされる)。海賊男 フレッシュアイペディアより)

  • みんなあつまれキーパッパ

    みんなあつまれキーパッパから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    当時月曜から土曜までの帯で放送されていた『ママとあそぼう!ピンポンパン』の人気に便乗し、まだ子供番組の無かった日曜朝でスタートした番組。毎回60人ほどの一般の子供たちをスタジオに招き、のど自慢・カントリーソング・遊び・体操などを行っていた。メインに人気コメディアンのなべおさみを、体操のお兄さん役にプロレスラーのアントニオ猪木を迎えるなど、この時期では異色の子供番組だった。みんなあつまれキーパッパ フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    2012年2月17日、GENOME18でのIGF王座防衛戦でピーター・アーツと対戦し、腕ひしぎ十字固めでアーツをタップアウトさせて勝利し、3度目の防衛に成功した。試合前には、2月14日に死去した盟友マイク・ベルナルドへの追悼10カウントゴングがバンナの提案によって行われ、試合後のリング上でもバンナは「マイク、見守ってくれてありがとう。天国の君にこの試合を捧げる。君のことは絶対忘れない。君のために戦った。安らかに眠ってくれ」とベルナルドに追悼メッセージを送った。また、自ら希望してアントニオ猪木の闘魂ビンタをくらった。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ平和党

    スポーツ平和党から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1989年、プロ格闘家アントニオ猪木を中心に結成。1989年参院選において、猪木が比例区で参議院議員に当選。ちなみに、当時の比例区は厳正拘束名簿式で、政党名票しか認められておらず、猪木の個人名を書いた無効票が大量に出た。参議院では民社党と統一会派を組む(「民社党・スポーツ・国民連合」)。スポーツ平和党 フレッシュアイペディアより)

864件中 51 - 60件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード