1029件中 61 - 70件表示
  • 佐々木夫妻の仁義なき戦い

    佐々木夫妻の仁義なき戦いから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    脚本の森下佳子が大のプロレスファンのため、役名のほとんどが実在のプロレスラーに由来し(主人公の「佐々木夫妻」は佐々木健介・北斗晶夫妻から取られている。その為小雪演じる律子の旧姓は、北斗の旧姓・宇野となっている)、またアントニオ猪木他プロレスラーが毎回ゲスト出演をする。佐々木夫妻の仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 野田数

    野田数から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    2012年11月、東京都議会議員を辞職。同年12月、第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認で東京20区から立候補したが、自民党元職の木原誠二、民主党前職の加藤公一に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでの復活もならず、落選した。2013年の東京都議会議員選挙にも日本維新の会公認で立候補したが落選し、その後はアントニオ猪木参議院議員の政策担当秘書を務めた。また、都議在職中の2010年から「政治評論家」「教育評論家」等の肩書きを自称して執筆活動を始め、『正論』『WiLL』『SAPIO』『プレジデント』『週刊文春』『週刊新潮』等の雑誌に寄稿していた。野田数 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン太

    チャンピオン太から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    フジテレビ系列で1962年11月から翌年5月まで実写ドラマも放映され、日本プロレスの全面協力で力道山が本人役、若き日のアントニオ猪木が第1話ほかの敵役レスラー、その他、当時の所属レスラーが多数登場する。ドラマ版は修行の山篭りから引き揚げる所で打ち切りとなっている。チャンピオン太 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPリーグ戦

    IWGPリーグ戦から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1980年代初頭の新日本プロレスは、アントニオ猪木、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセンらに加えて、新人だった頃のハルク・ホーガンとの激闘でかつて無いほど絶好調の波に乗っていた。更には1981年4月23日にデビューした初代タイガーマスクの大活躍によってピークに達し「ワールドプロレスリング」の視聴率も絶好調で、テレビ朝日系列局以外の地方局も取り込み放送ネットワークを全国に拡大。地方興行も連日大入り満員で、1981年夏に開催した『ブラディ・ファイト・シリーズ』は全29戦すべてが超満員という空前の記録を作った。当時新日本プロレス専務取締役営業本部長だった新間寿は「今起こっているのはプロレスブームではない。新日本プロレスブームだ」と揚言した。IWGPリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンプロレス

    ジャパンプロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1983年、新日本プロレスはアントニオ猪木を筆頭にタイガーマスク(初代)、藤波辰巳、長州力など多くの選手を揃えて「新日本ブーム」とも言える好調な観客動員を続けていた。その反面、新日本の経営状況は猪木が1980年にブラジルで起こした事業への資金流用などもあり非常に逼迫した状況にあった。その様な中、新日本の経営体制に不満を持った山本小鉄、藤波、当時の営業部長であった大塚直樹らは放漫経営の原因となっていた社長の猪木、営業本部長の新間寿らを排除した形での団体を目指しクーデターを画策。一時的に勢力を掌握したものの、それぞれの思惑の違いから最終的に失敗に終わり猪木が再び社長に復帰する形になった。ジャパンプロレス フレッシュアイペディアより)

  • きょうふのキョーちゃん

    きょうふのキョーちゃんから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    30年のキャリアを持つプロレスラーだが、よぼよぼで繰り出す技は自分に当たってしまう。オチでは、キョーちゃんに「君のおかげで勇気が出たよ。これからも頑張れそうだ」と感謝の念を示すが、シンイチに「もう辞めた方がいいよ」と言われてしまう。ジャイアント馬場、アントニオ猪木がモデル。きょうふのキョーちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ブレインサバイバー

    ブレインサバイバーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    2枚目のモニターは、言葉当て。モニターに映るアントニオ猪木の唇の動きだけで、どんな言葉を言ったかを読みとる。ブレインサバイバー フレッシュアイペディアより)

  • 田中ケロ

    田中ケロから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    現在のリングアナウンサーの主流となる紹介方法や言葉の抑揚は、先代のリングアナであった倍賞鉄夫(現・猪木事務所社長、倍賞千恵子・美津子姉妹の末弟で猪木の元義弟)のスタイルに自己流を加えたものであるが、リングアナが目立つという新しいスタイルを作り上げたのは田中だと言える。田中ケロ フレッシュアイペディアより)

  • 平手打ち

    平手打ちから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    相撲出身レスラーに限らず、多くのレスラーが使用している。代表的な使い手としては、アントニオ猪木、蝶野正洋、鈴木みのる、力皇猛など。特に猪木はファンに対するサービスとして行う「闘魂ビンタ」も有名である。平手打ち フレッシュアイペディアより)

  • 新間寿

    新間寿から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    中央大学に入学後、柔道部に所属する傍ら、強い男に憧れ、当時日本橋人形町にあった日本プロレスの道場にボディビル練習生として通う。胸と腕の筋肉を大きくしたかった新間は力道山から「3ヵ月間、オマエはベンチプレスだけをやれ」と命じられ、当初40kgも上がらなかったウエイトが55kgまで上がるようになった(当時はベンチプレスが一般に浸透していなかった)。この時後に新間の人生を左右する事となる豊登と知り合う。日本プロレスの練習生ではあったが昭和の巌流島では自身が柔道を経験していたということもあって木村政彦の方を応援していた。大学卒業後、大手化粧品メーカーのマックスファクターでのサラリーマン生活を経て、1966年、豊登の誘いをうけて、当時、寺の住職を務めていた実父の信雄と共に東京プロレスの立ち上げに携わる。そこからアントニオ猪木との関係が生まれ、東京プロレス倒産を理由に父から勘当を言い渡され、小来川鉱山鉱夫として4年間に渡って極寒の僻地で労働に従事。その後東京へ戻り、ダイナパワーという自動車の燃費を向上させる器具を売るセールスマンを行い、豊登とともに全国行脚を行っていたが、豊登は新間が稼いだ金でギャンブルを行っていた。そして寿屋パン店経営者を行い、またもや働きながら豊登の面倒を見た。これらの仕事を経て1972年に新日本プロレス入社。専務取締役営業本部長の肩書きで、猪木の右腕として数々の名勝負を実現へと導いた。その中で最大の功績は「アントニオ猪木対モハメド・アリ」戦を実現させたことである。また、タイガーマスクを現実の世界に登場させ、IWGPの構想を提唱するなど、新日本プロレスに残した足跡は計り知れない。福田赳夫からは「常在戦場。常に戦いの場に挑む猪木君の良き参謀として、猪木君の最高の戦いの場を模索し、多くのファンを楽しませ、数々のドラマを作り上げた」と評されている。1980年代前半の全盛期には「プロレスブームではなく、新日本プロレスブーム」との発言も残している(新間の言う通り、1980年代にはライバルの全日本プロレスの中継は新日本よりも早くゴールデンタイムから撤退しており、第三団体の国際プロレスに至っては1981年夏に崩壊している。)。アリ戦の巨額の赤字が問題となり形式上降格された時期があったが、その時期も変わらず辣腕を振るっていた。新間寿 フレッシュアイペディアより)

1029件中 61 - 70件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード