864件中 71 - 80件表示
  • スポーツ漫画

    スポーツ漫画から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    四角いジャングル(空手、大山倍達等。プロレス、アントニオ猪木等他多数)スポーツ漫画 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・サンマルチノ

    ブルーノ・サンマルチノから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1968年8月9日 - レイ・スティーブンスと組んでBI砲(馬場&アントニオ猪木)のインターナショナル・タッグ王座に挑戦するが敗退。これがサンマルチノにとってはシングルとタッグを含めて唯一の猪木とのタイトル戦。ブルーノ・サンマルチノ フレッシュアイペディアより)

  • ACACIA (映画)

    ACACIA (映画)から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    『目下の恋人』より6年ぶりとなる辻仁成監督作品であり、アントニオ猪木初主演映画。監督自身の原作小説『アカシアの花の咲き出す頃 -ACACIA-』を映画化。かつて息子を失った元プロレスラーと親の愛情を知らずに育った少年との愛情と絆が描かれるヒューマンドラマ。ACACIA (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 上田 晋也

    上田晋也から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    芸能界きっての「うんちく王」として知られる。テレビ朝日系列『虎の門』のコーナー「うんちく王決定戦」で三代目うんちく王となった。以来、執筆、教育番組にも出演。『天才ビットくん』(NHK)に出演し、単独でも活躍中。例えツッコミ(例:ロケ中に子供がたくさんついてきたときに「ごめんね、映画『ロッキー』の撮影じゃないんで」や、「アントニオ猪木とキングコング・バンディのボディスラム・マッチみたいになってっけどよぉ!」や、「阿藤快と加藤あいくらい違うよ!」や、『しゃべくり007』で我が家の谷田部が全くしゃべらなかったときは「雪国の軽自動車か!」など、より遠いものに例えるのが特徴である)を得意とする。またうんちくブームが去る前に、うんちくを披露する機会を減らしネタを従来の「ボケ・ツッコミ」に戻すなど、戦略的な面も持っている。うんちくなどに詳しい反面最近の雑学をテーマとするクイズ番組などには一貫して参加していない。一方で、超タイムショックではパーフェクトを達成している。上田晋也 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、日本国内においては力道山の率いる日本プロレスの独占市場であったが、力道山の死去後、東京プロレス・国際プロレス(いずれも現在は消滅)が相次いで旗揚げし、さらに力道山死去後の日本のプロレスを支えていた、アントニオ猪木が新日本プロレスを、そして、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げし、両エースを失った日本プロレスは崩壊する。それ以降しばらくの間、上記の2団体と当時は健在だった国際プロレス、そして女子プロレス団体である全日本女子プロレスの4団体時代が続くことになる。1970年代以降、猪木はプロレス最強を掲げてウィレム・ルスカ、モハメド・アリらと異種格闘技戦を行い、馬場もNWAとのコネクションから多くの大物外国人レスラーを招聘しそれぞれ人気を獲得した。国際プロレスもヨーロッパ路線・デスマッチ路線を展開し独自のファン層を開拓した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむしちゅー

    くりぃむしちゅーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    転機となったのは2003年。上田がテレビ番組『虎の門』の1コーナー「うんちく王決定戦」で優勝、一躍脚光を浴びる。以降上田は「うんちく王」の称号と共に、薀蓄芸と呼ばれる芸風で数々のメディア出演や執筆活動を行う。「たとえツッコミ」も知られるようになった。有田も上田の人気を僻みつつも、同年から『内村プロデュース』にピンで度々出演し、存在感を発揮。また、『ロンドンハーツ』で女性にナンパされる企画で素の面白さが茶の間に伝わり、好評につきスペシャル番組で取り上げられるなどした為、認知度が高まった。その一方で、趣味の格闘技好きを活かしてCSチャンネル「サムライTV」でレギュラー番組を担当し、アントニオ猪木、高田延彦、佐々木健介、長州力らプロレスラー・格闘家のものまねでマニアを喜ばせる。くりぃむしちゅー フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代

    1960年代から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    9月30日 - プロレスラーのジャイアント馬場とアントニオ猪木が台東区立体育館でデビュー1960年代 フレッシュアイペディアより)

  • ロディ・パイパー

    ロディ・パイパーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1977年8月に新日本プロレスに初来日。エース格のスタン・ハンセンやブラックジャック・マリガンのパートナーに起用されてメインイベントにも出場し、アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦している。また、バグパイプを吹きながらの入場シーンも話題を呼んだ。1978年3月には覆面を被りマスクド・カナディアン(The Masked Canadian)として再来日。藤波辰巳の凱旋帰国試合の相手を務めた。ロディ・パイパー フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本プロレスに所属していたジャイアント馬場中心に結成。常にアントニオ猪木率いる新日本プロレスの異種格闘技路線と比較されつつも、一貫して「王道の純プロレス」を実践してきた。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 有田 哲平

    有田哲平から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    敬愛するアントニオ猪木の引退試合を観戦した際、入場時には声援を送っていたものの、肝心の試合時に居眠りしていたのを『ダウンタウンDX』のコーナー「視聴者は見た!」で暴露される。この回には猪木本人も出演しており、すぐにビンタ制裁を受けた。有田哲平 フレッシュアイペディアより)

864件中 71 - 80件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード