1029件中 71 - 80件表示
  • 2016年の政治

    2016年の政治から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    2日 - 日本を元気にする会の松田公太代表が「政党助成法上の政党要件を失った責任を取る」とし、同日付で代表を辞任したことを明らかにした。なお後任の代表には、最高顧問のアントニオ猪木参院議員が就任。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代の日本

    1960年代の日本から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    9月30日 - プロレスラーのジャイアント馬場とアントニオ猪木が台東区立体育館でデビュー1960年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジャック・マリガン

    ブラックジャック・マリガンから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    この間、カナダのトロント地区(NWA主流派のミッドアトランティック地区と提携しつつ、WWWFとも交流するなど独自の活動を行っていたフランク・タニー主宰のメープル・リーフ・レスリング)に出場した縁から、1977年8月に新日本プロレスに初参戦。スタン・ハンセンと大型カウボーイコンビを結成し、アントニオ猪木とのシングルマッチも9月16日の久留米と10月5日の松戸とで2回組まれたが、猪木のNWFヘビー級王座に挑戦することはなかった。また、坂口征二とストロング小林が保持していた北米タッグ王座にもザ・ハングマンと組んで挑戦する予定であったが、ハンセンに挑戦権を譲っている。ブラックジャック・マリガン フレッシュアイペディアより)

  • 平成日本のよふけ

    平成日本のよふけから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    (元)プロレスラーアントニオ猪木平成日本のよふけ フレッシュアイペディアより)

  • 辻 よしなり

    辻よしなりから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1993年5月に行われた新日本プロレス福岡ドーム(現・福岡Yahoo! JAPANドーム)大会のメインイベント、アントニオ猪木、藤波辰爾組 vs 長州力、天龍源一郎組のタッグマッチの実況において、特別解説に座った週刊プロレス編集長(当時)のターザン山本が「今日はうちのカメラマン全員に、あらゆるシャッターチャンスを逃すなと言ってあります」と発言したところ、辻は「編集長は命令を出すだけで、いいですねぇ」と言い放ち、山本を困惑させた。辻よしなり フレッシュアイペディアより)

  • 海賊男

    海賊男から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、新日本プロレスの事務所に海賊ビリー・ガスパー(Billy Gaspar)と称する人物から日本を襲撃するとの内容の文書が届く。以降、海賊男の矛先は武藤からアントニオ猪木へと替わった(フロリダで武藤を襲った人物の正体は猪木本人とされる)。海賊男 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスラー

    プロレスラーから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    日本でのプロレス団体(興行会社)運営には、多数(大抵年間100試合以上)の興行開催が必要であり、団体数も多く競合が激しいため、観客を魅了できる試合を常時提供できることが最重要となる。そのため、膠着が多いシュート(真剣勝負)は興行団体にとっては必要以上にレスラーを消耗させるものであるため極力避けるべきものであり、プロレスファンからもガチンコで発生する様な単に凄惨なだけの試合展開は好まれない。また、レスラーの多くは、試合の勝敗よりもいかに観客を満足させる面白い試合を行うこと、プロレスの業界用語で「しょっぱい」と表現される様なつまらない試合を行わないことを重要視する。かつてアントニオ猪木はリング上で「どうですかお客さぁーん?」と問いかけたことや、吉村道明がプロレスラーを「職業戦士」と呼んだことにもその一端は垣間見られる。特にファンから「しょっぱい」という評判が付く事は、選手としての長期的な格や活動にもマイナスに響いてくる為、レスラーたちは試合の敗北以上に恐れ嫌がる。この為、レスラーは肉体の鍛練、技の開発以外にも、相手の技を引き立たせられる受け身の取り方、その他のリング上での様々なパフォーマンス、客を盛り上げ、あるいは笑わせる芸、果てには相手に技を掛けられた時の苦痛の表情の見せ方に至るまで、様々な研究を積み重ねている。また、ベテランの域に達し、体力・持久力の衰えなどから魅力ある試合を観客に提供できなくなった自覚を得てプロレスラー廃業を決意する者も見られる。かのルー・テーズは「試合の出来に納得が出来なくなった」としてプロレスラーとしてのリタイヤを決意したが、この様に「試合の敗戦」ではなく「試合の出来」に自身で納得できなくなり、プロレスラーからの廃業を決意したという旨のコメントは過去にも数多い。また、人並み外れた強靭さを見せることも商売であるため、病気や負傷による療養・闘病の姿が公になることを極端に嫌うレスラーは多く、後述するがプロレスラー廃業後にはプロレスの表舞台やマスコミの前に全く姿を見せなくなる人物も多い。プロレスラー フレッシュアイペディアより)

  • ユークス

    ユークスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    なお、子会社化した新日本プロレスに対して役員を送り込む他、3月だった決算期も当社と統一し1月とした。当初より不明朗な流れのあった資金・財務面および、ドーム興行やアントニオ猪木提唱のバングラデシュ興行等の採算性に問題があった興行面を中心に見直しを進めたものの、2007年1月期は同社を含むグループ連結で601百万円の赤字(単体では518百万円)となった。ユークス フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1983年には参議院選挙では全国区制が廃止・比例代表制厳正拘束名簿式が導入された。この制度では個人名での投票が認められないためタレント政治家には不利であったが(1989年の参院選ではアントニオ猪木が「猪木」「猪木党」という票をすべて無効票とされ最下位当選となったことがある)、2001年から個人名でも投票できる比例代表制非拘束名簿式に改定されたため、知名度による集票力を見込んで政党がタレント候補を擁立するケースが注目されるようになった。非拘束名簿式になって初めての選挙となった2001年参議院選挙では、多くの政党がタレント候補の擁立に走り、舛添要一(自民党)、大仁田厚(自民党)、田嶋陽子(社民党)、大橋巨泉(民主党)らが比例区で当選を果たした。また、自由連合が政治経験が全くないタレント候補を大量に擁立したが、当選者を出すことができなかった。当選を果たした大橋・田嶋が短期間で辞職したこともあり、安易なタレント擁立に対する批判が強まった(ただし、田嶋の議員辞職は神奈川県知事選挙立候補という理由がある)。この選挙時の自由連合の代表であり、タレント擁立の当事者であった徳田虎雄は、「二世議員より苦労して一流になったタレントのほうがまし」という反論をしている(ただし、徳田が引退した際には子息の徳田毅が後継者になっている)。またスポーツ紙ではスポーツ選手を含めたタレント候補は選挙活動中の動向について、他の候補よりも記事として掲載されやすい傾向がある。選手以外では1964年東京五輪で女子バレーが金メダルを獲得したときの監督である大松博文、「日本レスリングの父」八田一朗も議員経験がある。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 明坂聡美の超ラジ!Girls

    明坂聡美の超ラジ!Girlsから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    開始時期不明。不定期。毎回出される様々なテーマに対し、リスナーからのこだわりメールを紹介した上で、明坂がそれらと照らし合わせながら、テーマに関する自らのこだわりを一定時間内で延々と論じていくコーナー。同コーナーのテーマ曲は、アントニオ猪木のテーマ曲である「炎のファイター〜INOKI BOM-BA-YE〜」(同曲は基本的にインストルメンタル楽曲であるが、同曲の前奏と間奏などで、「イノキ!ボンバイエ!」と叫ぶ箇所があり、その箇所のみ、松本が「アケコ!ボンバイエ!」と被せて叫んでいる)。明坂聡美の超ラジ!Girls フレッシュアイペディアより)

1029件中 71 - 80件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード