545件中 71 - 80件表示
  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見たアニマル浜口

    1982年(昭和57年)11月4日、国際軍団(ラッシャー木村、アニマル浜口、寺西勇)と1対3変則マッチで対戦、寺西、浜口からフォールを奪うも木村にリングアウト負け。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た棚橋弘至

    2013年2月20日、古希を祝うパーティーが東京都港区のホテルオークラ東京で催され、坂口征二、小川直也、藤波辰爾、藤原喜明、木村健悟、佐山聡、ジョージ高野、前田日明、北沢幹之、蝶野正洋、棚橋弘至、橋本大地、スタン・ハンセンらかつての愛弟子・ライバルや、各界から千葉真一・谷隼人、デヴィ・スカルノ、船越英一郎、九重親方、南部虎弾、野村克也&野村沙知代夫妻など、660人が祝福に駆けつけた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た和田竜二

    力道山も馬場も、その支持者は「ファン」であるが猪木のファンは「猪木信者」である。猪木信者の代表的な人物は春一番、桑田佳祐、桜井和寿、和田竜二、石橋貴明、岡野雅行など多数に上る。信者は猪木のことを「会長」または「先生」と呼ぶのが特徴。森岡隆三は、サッカーアジア杯で優勝した際に「1! 2! 3! ダァ〜!」を行っていたが、その姿を見た彼の妻に「今度猪木のマネをしたら、離婚する」とまで言われたという。和田はテイエムオペラオーで宝塚記念を勝った時には「ダァ〜!」(1! 2! 3!は無し)を、同年の有馬記念では「1! 2! 3! ダァ〜!」を行った。桑田佳祐は、サザンオールスターズのライブの際、ライブ終了後に「1! 2! 3!ダァ〜!」をやるのがかつてのお約束であった。また、ダァ〜!ばかりか桑田はライブが佳境を迎え盛り上がると、何度となくアゴを突き出しファイティングポーズを取っていた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た二宮清純

    1996年(平成8年)11月3日には以前自身が平壌での対戦を熱望したフォアマンが来日し、東京ベイNKホールで行われたWBU世界ヘビー級王座戦で判定勝ち。猪木は二宮清純と共にTBSテレビの解説を務めた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た松田公太

    2016年6月2日、日本を元気にする会代表の松田公太の辞任と共に、猪木の代表就任が報じられた。2016年7月27日に会派「日本を元気にする会・無所属会」は解散し、猪木は会派「無所属クラブ」に異動した。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た野村克也

    2013年2月20日、古希を祝うパーティーが東京都港区のホテルオークラ東京で催され、坂口征二、小川直也、藤波辰爾、藤原喜明、木村健悟、佐山聡、ジョージ高野、前田日明、北沢幹之、蝶野正洋、棚橋弘至、橋本大地、スタン・ハンセンらかつての愛弟子・ライバルや、各界から千葉真一・谷隼人、デヴィ・スカルノ、船越英一郎、九重親方、南部虎弾、野村克也&野村沙知代夫妻など、660人が祝福に駆けつけた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た谷津嘉章

    11月3日、維新軍との4対4綱引きマッチで谷津嘉章と対戦、フォール勝ち。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た中邑真輔

    ちなみに「ボンバイエ」とは、「Boma ye(ボマ・イェ)」(リンガラ語:“彼を殺せ!”。“やっちまえ”程度の意味。中邑真輔の必殺技名でもある)が訛ったもの。アリがコンゴの首都キンシャサでジョージ・フォアマンと戦った際の声援が由来とされる。また高校野球の応援などでも使用されることが多い。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た安田忠夫

    2007年(平成19年)12月20日、有明コロシアムで行われた小川直也対安田忠夫戦の試合終了後、レフェリーの制止を無視して暴れまわる小川を止めるため乱入し、裸絞めで小川を失神させた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た和田アキ子

    マルハン 企業イメージCM (和田アキ子との共演バージョンも存在した)アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

545件中 71 - 80件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード

  • 西武のほうがプレッシャーはある

  • U−17イングランド代表MFジェームズ・バラギジ

  • ブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ