33件中 11 - 20件表示
  • アンドレイ

    アンドレイから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィン - ロシアのサッカー選手。アンドレイ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たアンドレイ・アルシャーヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    2009年1月12日に2年半の契約にサインし、プレミアリーグ所属のストーク・シティへ350万ポンドの移籍金で加入。1月27日のスパーズでストークでの初ゴールを記録すると、続くマンチェスター・シティ戦でもゴールを記録し、出場5試合で4得点を挙げる活躍を見せた。クラブは残留争いをしていたが、ビーティーの活躍もあり残留を決め、ビーティーはアンドレイ・アルシャーヴィン、マルアン・フェライニらを抑え、デイリー・メール紙が選ぶ、2008-09シーズン最高の補強選手に選ばれた。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    一方、過去にオランダ、韓国をワールドカップ4位、オーストラリアを同ベスト16に導いた名将フース・ヒディンクに率いられたロシアは、監督の知名度からダークホースに挙げられることはあったが、エースのアンドレイ・アルシャヴィンが予選最終戦の退場により開幕から2試合に出られないことから、やはり下馬評は低かった。実際、初戦のスペイン戦で何も出来ずに完敗した際は、誰もがヒディンクの神通力もここまでだと考えた。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・セムショフ

    イーゴリ・セムショフから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    2002 FIFAワールドカップ直前の2002年5月17日に行われたベラルーシ戦が代表デビュー戦で、同じ初招集組で本大会のメンバーから落選したアンドレイ・アルシャヴィン、デニス・ラクチオノフとは対照的にセムショフは、そのまま23人枠に滑り込んだ。当時キャップ数1ながらも、レギュラーとして背番号6を背負い、日本戦を含む3試合中2試合スタメンとして出場した。同年8月21日のスウェーデン戦を最後にしばらく招集がなかったが、2004年3月31日に行われたブルガリア戦で約1年半ぶりの代表復帰を果たし、土壇場でUEFA EURO 2004のエントリーメンバーにも選出されたが、出場機会はチームは既にグループリーグ敗退が決定し、消化試合となっていたギリシャ戦の1試合のみ(後半からの途中出場)と失意の日々を送る。イーゴリ・セムショフ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァシリ・ベレズツキー

    ヴァシリ・ベレズツキーから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    UEFA EURO 2012予選ではアンドレイ・アルシャヴィンとともに全10試合先発出場を果たした。2012年5月11日、UEFA EURO 2012に向けた代表候補の26人に選出されたものの、同月20日に太ももの負傷により、メンバーから離脱することになった。ヴァシリ・ベレズツキー フレッシュアイペディアより)

  • ドミートリー・トルビンスキー

    ドミートリー・トルビンスキーから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    A代表では、2007年3月24日のエストニア戦でデビュー。EURO2008で活躍し、一躍世界に名前を知らしめた。対オランダ戦では、アンドレイ・アルシャヴィンからのクロスをギリギリでポストを避けながら決勝ゴール押し込んだ。ドミートリー・トルビンスキー フレッシュアイペディアより)

  • デニウソン・ペレイラ・ネヴェス

    デニウソン・ペレイラ・ネヴェスから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    2013年6月5日、アンドレイ・アルシャヴィン、セバスティアン・スキラシと共にアーセナルを退団することが発表された。デニウソン・ペレイラ・ネヴェス フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・スメルティン

    アレクセイ・スメルティンから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    ロシア代表では55試合に出場し、2002 FIFAワールドカップやUEFA EURO 2004に出場をした。2004年から2005年までロシア代表のキャプテンを務めた。後任はアンドレイ・アルシャヴィンに引き継がれた。アレクセイ・スメルティン フレッシュアイペディアより)

  • フスティ・サボルチ

    フスティ・サボルチから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    2006年7月、ハノーファー96へ移籍。高精度の左足のキックを武器に、在籍3年半で81試合・17得点の結果を残した。特に2007-2008シーズンは、10得点・7アシストとチームの8位の立役者となった。2009年に入ってからは、中村俊輔の後釜としてセルティックFCから獲得オファーが届いていたが、最終的には同年2月にアーセナルFCへと移籍したアンドレイ・アルシャヴィンの後釜としてFCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍。フスティ・サボルチ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ケルジャコフ

    アレクサンドル・ケルジャコフから見たアンドレイ・アルシャヴィンアンドレイ・アルシャヴィン

    2001年、ロシアのアマチュアチーム、スヴェトゴレツ・スヴェトゴルスクからロシア・プレミアリーグのFCゼニト・サンクトペテルブルクに移籍。ここでレギュラーポジションを掴み取ると、2002年以降はアンドレイ・アルシャヴィンと2トップを組む機会が増えた、2003年にチェコ人指揮官、ウラスティミル・ペトルジェラに重宝され、2004年にはロシア・プレミアリーグの得点王を獲得、UEFAカップでの活躍もあり、国外の複数のクラブから注目を集めるようになる。アレクサンドル・ケルジャコフ フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「アンドレイ・アルシャビン」のニューストピックワード